自動運転車普及をにらみ、技術開発を促進させるオムロン<6645>に注目

近い将来、自動運転車は今からは想像出来ない位に普及しているかもしれません。

企業は自動運転車普及をにらみ、今から関連技術の開発を促進させています。

2017年現在、完全な自動運転車は実現されておらず、車の運転における重要な操作は人間が手動で行っており、事故が起きた際の法的責任も運転手である人間にあります。

もちろん自動運転システム(追突防止の自動ブレーキなど)を適切に活用することで事故は減らせるはずですが、それでも自動運転中は自らが運転手である自覚を持たなければなりません。

自動運転に関する法整備は進んでいますが、まだ途上中の技術であり、今後も新技術の導入、それに伴う法改正などが考えられるので、自動運転に関するニュースは豊富に出てくると考えられます。

今回は自動運転普及に向け、人工知能を用いてドライバーの運転への集中度を判定する車載センサーの開発を行っているオムロン<6645>に着目していこうと思います。

スポンサード リンク

いま注目すべき※※関連銘柄

次に"循環物色"が入る、急騰必至の有望セクターは※※関連銘柄!

オムロン<6645>の基本情報


チャート画像

市場 東証1部
取引区分 貸借
業種 電気機器
本社所在地 〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
上場年月日 1962年4月
予想PER (連)24.95倍
実績PBR (連)2.47倍
ROE 10.07%

オムロン<6645>は制御機器大手で、感知・制御技術に定評がある企業です。

オムロンといえば体温計が真っ先に思い浮かびますが、車載電装部品の製造も行っており、バッテリの漏電センサや、パワーステアリングユニットなどを製造しています。

自動運転に関連した話題として、上述したように人工知能などを用いて運転手の集中度を判定する車載センサーの開発について9月27日、進捗状況を発表。

この技術は同社の画像認識技術と人工知能を組み合わせ、ドライバーが手動運転に適した状態かを判断する技術で、車に搭載したセンサーでまぶたの開閉やどこを向いているのか、姿勢の変化などから居眠りやよそ見、体調の急変といった様々な状態を検知するものです。

プロジェクトを担う技術・知財本部の川出雅人・画像センシング研究室長は「ドライバーの状態を総合的に読み取り、自動運転の質を向上できる」としています。

自動運転技術が完全ではない今、自動運転と手動運転を安全に切り替える為、運転手側の状態を確認する必要があるので、同社のこうした技術は今後の自動運転車に実装されていく期待が高いのではないでしょうか。

自動運転を過信した危険な運転が減らせる期待があることから、今後自動運転関連銘柄として注目を集めそうです。

スポンサード リンク

最新の注目3銘柄を無料公開中!!

直近実績、【3825】→5倍、【3667】→1.8倍!次に来る銘柄も公開中!

オムロン<6645>のチャート分析

オムロン<6645>の日足チャート

 

オムロン<6645>の日足チャートを見てみると、

  • 2017年5月18日の安値 4,385円
  • 2017年9月6日の安値 5,340円

を結んだラインが下値支持線として機能していると考えられます

一方の上値抵抗線は、

  • 2017年4月27日の高値 5,060円
  • 2017年7月28日の高値 5,680円

を結んだラインが上値抵抗線として意識されています。

ここ最近の動きを見ると、9月20日高値5,970円から押し目を入れ、25日移動平均線まで下げたところで反発、本日27日は5,660円で大引けを迎えています。

ちょうど25日移動平均線で下げ止まったことから、明日以降で押し目からの反発が期待出来るのではないでしょうか。

また、信用倍率が0.48倍と低いことからも、今後の買い戻し期待から株価上昇へつながる期待は高そうです。

裁量取引で中々結果が出ない人は、圧倒的な情報収集不足が原因!?

一昔前に比べ、今はどんな情報でも瞬時に検索して調べることが出来る情報化社会。質の良い情報をより早く、より多く手に入れることが成功への第一歩などと言われます。

賛否両論ありますが、様々なビジネスを手がける堀江貴文などは、日々大量の情報をシャワーのごとく浴びる重要性を、SNSや著書で繰り返し説いています。

こうした事は株式投資にも当てはまります

四季報などの定番ツールからWEB上で公開される情報まで様々な経路から情報を入手し、ご自身のトレードに活用していく事で成果を上げている個人投資家の方も数多くいらっしゃいます。もちろん、正確な情報は銘柄の売り買いの際の判断材料となるため、スキャルプングやデイトレードのような短期投資の場合でも、中長期投資の場合でも重要な事には変わりありません。

ただし、どんなに良質な情報を手に入れた所で、その情報を正確に分析し、適切に売買時の判断材料としなければ意味がありません。それが出来ないと、

  • 買ったは良いけど、中々上昇していかないし、一旦利食って他の銘柄に乗り換えるべきなのか?
  • いや、もう少しまてば値上がりしていくはず…

と、気持ちにブレが生じてしまい、結果として当初とは異なるトレードを行ってしまう事もしばしばあるのではないでしょうか?

株式取引で1番難しいのは”売り時”の判断

ただし、保有銘柄の事で投資戦略や気持ちがブレてしまい、結果として、

  • 早すぎる利食いで儲け損なった...
  • 利食いのタイミング逃してしまい、含み益が含み損になってしまった...

という個人投資家の方がいらっしゃったとしても、落ち込む必要はありません。

実は、株式投資で一番難しいのは、保有銘柄の売り時の判断なのです。

一度でも株式投資をされたご経験がある方であれば、ご理解頂けるでしょう。

こうした経験を持つ方であれば、ぜひ一度プロの投資顧問を活用してみるのをオススメです。

投資顧問の運営する株式投資情報サイトでは、日々の注目材料や相場動向などを分かりやすくまとめてホームページに掲載したり、無料のメールマガジンで定期的に送信してくれます。

日々膨大に発信される情報を自分で探し出し、自分で分かりやすくまとめるとなると、それだけでだいぶ時間が取られてしまいます…。日中は仕事をしている個人投資家の方などは、情報収集の時間を確保するだけで一苦労されるでしょう。

また、投資顧問では保有する銘柄に関する分析も無料で行っている場合が多いため、日々の情報の収集先として、または、保有する銘柄の分析を確認する上でのアドバイザーとして賢く利用することが出来るのです。

こうしたサービスを行っており、今、人気がある投資顧問というと、あの投資の女神・向後はるみ氏が所属する株エヴァンジェリストかもしれませんね。



向後はるみ氏は、夕刊フジが開催する株-1グランプリにて、

  • 2014年度グランドチャンピオン大会優勝
  • 2015年度グランドチャンピオン大会準優勝
  • 2016年度グランドチャンピオン大会優勝

と、最多優勝記録ホルダー

ラジオ日経や各種投資雑誌などで執筆される事もあるなど、幅広く活躍されていますね。

もちろん、こうした実績を持つ方が所属する投資顧問であれば、銘柄の分析や売買タイミングなど、安心してアドバイスを受けることが出来ます。

こうした優れた投資顧問を、”賢く活用”しない手は無いですよね?

株エヴァンジェリストの提供実績をみても、

[4316]ビーマップ 318.39%UP
提供時株価/買値 2017年06月29日/522円
利確日/売値 2017年07月11日/2,184円
[4278]トーセ 201.40%UP
提供時株価/買値 2017年06月05日/929円
利確日/売値 2017年07月04日/2,800円
[8704]トレイダーズHD 20.65%UP
提供時株価/買値 2017年06月27日/184円
利確日/売値 2017年06月27日/222円

と、非常に優秀な成績を叩き出しています。こうして名実共に高い実績を誇る投資顧問なだけに、人気がでるのもうなずけますね。

株エヴァンジェリストは、市場のテーマ性や人気度に加え、値動きの軽さなど個人投資家ウケしそうな銘柄をメールマガジンなどで配信しているようなので、今後も株エヴァンジェリストの動向に注目していきたいと思います。

無料メルマガの内容を詳しく見る

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

量子コンピューター関連が再急騰している今、NF回路<6864>に注目
期初予想が控え目、業績上振れを狙いたい6000番台の中小型株
経営資源としてクラウドワーカーを有効活用し成長シナリオを描く、うるる<3979>を深掘り特集
人工知能(AI)関連銘柄を深掘り特集
5Gに関する様々な実証実験を開始するNTTドコモ<9437>、5G関連銘柄が市場のテーマとなる際に必ず物色が入る銘柄とは?
東京オリンピックに向けて需要が高まりつつある、民泊関連銘柄を深掘り特集
来年勝ちたい投資家は必見!今後、必ずや焦点となるであろう防衛関連銘柄を深掘り特集
長期的スパンで投資していきたい、CYBERDYNE<7779>を深掘り特集
店舗数は700を突破、増収増益を続けるライドオン・エクスプレス<6082>を深掘り特集
を再評価" target="_self">
資金が流入する東証1部、かつ、中期的なテーマである"IoT関連銘柄"を持ち合わせる三菱電機<6503>を再評価
全世界が日本の"超・高齢化社会"への対応を注目。大きく飛躍するチャンスがある介護関連銘柄を深掘り特集
高進捗で業績の上方修正期待が高い錢高組<1811>に注目
日本最大規模のネットワークセキュリティーセンターを保有するラック<3857>に最注目
VR(バーチャルリアリティー)関連銘柄を深掘り特集
ポテトチップスの原料不足で株価急落中のカルビー<6082>を深掘り特集

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ