配信間近!スーパーマリオラン関連銘柄を深堀特集

スーパーマリオラン


12月15日に配信が迫ったスーパーマリオラン

今ここを読んでいる方の中にも、配信を楽しみに待っている方がいるでしょう。

ネットやテレビなどのメディアではスーパーマリオランのゲーム性や攻略などの特集などを組んでいますが、あくまでも私は投資家目線で、スーパーマリオラン関連銘柄を深堀特集したいと思います。

この記事の目次

 この記事の目次となります。



任天堂の新兵器となり得るゲーム

スーパーマリオラン


今年話題となったポケモンGO

任天堂と言えば今年話題になったポケモンGOで話題の企業ですね。

ポケモンGOについて詳しく知らない個人投資家の方に説明しますと、ポケモンGOは任天堂<7974>がアメリカのナイアンテック社と著作権利用許諾契約を結び、ナイアンテック社が開発、配信しているスマートフォン用のゲームアプリです。

そのポケモンGOの熱狂は国内だけに留まらず海外にも及び、リリースから最初の1ヶ月の売上高は2億650万ドル。ダウンロード数は1億3000万ダウンロードと、ギネス世界記録にも認定されました。

日本ばかりか、世界中で社会現象も巻き起こしたポケモンGOですが、当然、任天堂やその関連株は、連日買われる大相場となりました。

スーパーマリオランで任天堂相場再来となるか!?

ポケモンGOは2016年7月6日、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカで先行サービスが開始されました。

その日からポケモンGO関連銘柄は物色され始めましたが、なぜその前から買われていなかったのか?

通常の株式市場であれば、IPOならIPO前から関連銘柄が。新作の配信があるのであればその前から循環物色が始まってもおかしくありません。

なぜそうならなかったのか?

考えられる理由としては、それほど人気になると予想されていなかったからの一言に尽きます。

ポケモンGOの配信をきっかけに、任天堂<7974>を始めとした関連銘柄に循環相場が起きたのであれば、同様にビッグタイトルであるマリオでも循環相場になるのではないか?と考えるのは容易いです。

よって、スーパーマリオランは配信を12月15日に控えていても、その前から物色されはじめているため、任天堂<7974>自体がポケモンGOのように爆発的な相場に発展する可能性は、今のところ低いと考えられます。

ただし、爆発的な相場に発展する可能性は低くとも、任天堂の収益に関わることは事実。

マリオというビッグタイトルの期待感から、スーパーマリオランは任天堂の新兵器となり得るため、循環物色される動きになる事は間違いないと読んでいます。

そもそもスーパーマリオランとはどんなゲーム?

スーパーマリオラン


今年9月8日にAppleから新型のiPhone7・Apple Watch Series 2の発表がありました。

その発表の場に、ゲストとして任天堂代表取締役の宮本茂氏が登場。iOS向けの新作ゲーム・スーパーマリオランが12月に配信開始になると発表があり、映像の紹介もされました。

Android版の開発はこれまで公にされていませんでしたが、決済資料によれば「配信開始時期はお伝えできませんが、並行して開発を行っています」と開発中であることを明言しています。

配信は世界151カ国と全世界の7割を占め、ダウンロードは無料。

ワールドツアー、キノピオラリー、王国づくりという三つのプレイモードのうちの一部は、無料のままプレイ可能。

課金に関しては日本では1,200円を予定。(米国では9.99ドル,ユーロ圏では9.99ユーロ)支払うことで、三つのプレイモードの全てを好きなだけ遊べるようになるといいます。また、これ以降の追加課金はないとのことです。

つまりスーパーマリオランは1,200円以上の課金が無いため、小、中学生などの若年層の課金も見込めると考えられます。

全世界がその配信開始を注目するゲームアプリ

スーパーマリオラン


現在、App Storeにスーパーマリオランのページがあり、通常、入手となっているボタンが、入手ではなく通知となっています。

この通知をタップしておけば、スーパーマリオランが配信開始された際に通知が来るといったシステムです。

そしてなんと、通知を設定した人が10月時点で2000万人を突破。

スーパーマリオランは全世界で期待されているゲームアプリと言っても過言ではありませんので、関連銘柄は必ず抑えておきたいところです。

スーパーマリオラン関連銘柄

大本命の任天堂<7974>

チャート画像

言わずと知れたスーパーマリオラン関連銘柄の大本命。

海外シェアが高く、国内ではゲーム機ハード、ソフトで総合首位の企業です。

必ずチェックしておきたい、スーパーマリオラン関連銘柄

その他関連銘柄として注目したいのは、ポケモンGO相場の時に連れ高となった銘柄。

スーパーマリオランも循環相場になる可能性を考えれば、抑えておいて損はないでしょう。

ディー・エヌ・エー<2432>

チャート画像

ソーシャルゲーム「モバゲー」を運営する企業。

任天堂とスマホゲームで提携しており、スーパーマリオラン関連銘柄で任天堂の次に注目される銘柄。

AppBank<6177>

チャート画像

主に、スマホゲームの攻略情報の配信を行う企業。

世界的なヒットタイトルが出れば出るほど追い風に。スーパーマリオランの通知設定が世界で2000万人を突破しているのであれば、同社にも追い風となるでしょう。

エスケイジャパン<7608>

チャート画像

ゲームセンター景品の企画・販売を行う企業。

ポケモンGOが話題になった時も関連グッズが人気化するかもしれないと思惑が入り急騰。

タカラトミー<7867>

チャート画像

玩具老舗。トミカやリカちゃんなど人気キャラクターを多数保有。

マリオ関連のフィギュアも多く取り扱っているため、スーパーマリオラン関連銘柄としても注目。

京都銀行<8369>

チャート画像

京都府地盤の地銀。

任天堂の大株主であり、ポケモンGOが話題になった際も急騰。スーパーマリオラン関連銘柄としても期待できるでしょう。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

人手不足問題を背景に中長期的に恩恵を受ける、アウトソーシング<2427>を深掘り特集
相場の福の神・藤本誠之氏が取り上げたMR関連銘柄とは?
フィンテック関連銘柄を深掘り特集
知っておいて損はない!次世代の二次電池関連銘柄を深堀特集
終わり良ければ全て良し。4つの材料で振り返る2016年相場
利用ユーザーの興味連動型広告配信技術が光るGunosy<6047>を深掘り特集
次に狙うべき決算発表間近の銘柄候補は、TOKAIホールディングス<3167>
局地的な地政学リスクは上昇、防衛関連の一角・細谷火工<4274>に注目
全世界が日本の"超・高齢化社会"への対応を注目。大きく飛躍するチャンスがある介護関連銘柄を深掘り特集
ブログ移転しました
産業化に向けて政府の後押しが加わった人工知能関連銘柄を深堀特集
中小型株に物色が集まる相場で狙っておきたい日本ケミコン<6997>
イギリスのEU離脱問題に揺れる世界経済とその結末
連続最高益で高配当、テクニカル的にも上場来高値更新が現実味を増してきている20万円以下の優良株
日本最大規模のネットワークセキュリティーセンターを保有するラック<3857>に最注目

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ