トランプ相場に乗り遅れた個人投資家必見の出遅れ3銘柄

株式市場


米大統領選挙以降、外国為替市場では円安ドル高、NY株式市場ではNYダウは過去最高値を更新。東京株式市場でも、日経平均株価が連日堅調な上昇を見せています。

本日は、この『トランプ相場』の簡単な振り返り今週から来週にかけての相場シナリオ今からでも狙っていきたい出遅れ銘柄と、押し目待ち銘柄をピックアップして解説していこうと思います。

この記事の目次

 この記事の目次となります。



大相場への序章か?上昇を続ける東京株式市場

日経平均株価


10月20日の記事で日経平均の記事を取り上げた時は閑散相場でしたがその後は一転し、12月1日には約11ヶ月ぶりの1万8000円台を回復。現在は大相場へと変貌の兆しを見せています。

さて、本日の日経平均は前日より136円15銭高い、1万8496円高69銭と3日続伸。1万8500円に至らなかったものの、終値ベースでは今年2番目の高値をつけ、下げない強さが伺えます。

熱狂を見せる『トランプ相場』と『日銀のETF買い』の安心感

公共工事


様々な要因が考えられますが、ひとつにはアメリカ次期大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利した影響が主軸となっているでしょう。

事前予想ではドナルド・トランプ氏が大統領選挙で勝利した場合、大幅なリスク回避の動きが強まり株式市場は大きく下落するとの観測がなされていましたが、蓋を開けてみれば個人・企業に対する大型減税とインフラ整備を含む公共投資の拡大による経済政策構想を期待した、上昇相場となりました。

同氏が掲げる政策の不透明感などは依然として残るものの、金融緩和と同時に財政拡大を行い、長期停滞を打破するのではないかという期待感などからNYダウは連日高値更新。

これに伴い、為替相場でもドル買い円売りによる円安の拡大が進行しています。

こうした『トランプ効果』に加えて、下落に転じた場合には日銀によるETF買いの安心感もあって、日経平均も半月足らずで約12%も上昇しています。

今週末に控えるメジャーSQを挟んだ株式市場のシナリオとは?

悩む男性


堅調に上昇を続ける日経平均株価ですが、今週末にはメジャーSQを控えています。加えて、来週(12〜13日)には米連邦準備理事会(FRB)によるFOMCを控えています。

市場では、既にFRBによる利上げが織り込まれていると考えられますが、日柄から考えても今週から来週に掛けて一旦調整局面を迎えるのではないか?と考えています。

こうしたシナリオに基づき、本日は『トランプ相場』に乗り遅れた個人投資家の方に向けた、出遅れ3銘柄と、調整局面で押し目を拾いたい3銘柄をピックアップしてみました。

積極的に狙っていきたい出遅れ3銘柄

OPEC(石油輸出国機構)は11月30日の総会で、2008年12月以来の減産を決定。これにより日経平均は翌日には窓を開けて急騰し、石油関連株も大幅高となりました。

原油安からこれまであまり注目されてこなかった石油関連株ですが、ここにきて出遅れセクターとして俄然注目を集め、目先では短期資金も集まる旬なセクターといえるでしょう。

日本コークス<3315>

チャート画像

コークス事業が主柱。その他に石炭、化工機、資源リサイクル、石油コークスなどを展開。

12月7日時点でPER 18.93倍、PBR 0.80倍と割安水準。減産を決めた翌日の株価の反応はなく、2営業日後の12月5日に出遅れ銘柄として注目され動き出し、水準訂正の期待がある銘柄です。

東亜石油<5008>

チャート画像

昭和シェル石油の子会社で石油精製を受託する企業。

12月7日時点でPER 8.42倍、PBR 0.77倍と割安水準。減産を決めた翌日には157円まで買われたものの、その日は上ヒゲの長い陰線で大引け。現在は150円台前半を推移している出遅れ銘柄。

富士石油<5017>

チャート画像

富士石油とアラビア石油の共同持株会社が前身であり、石油開発事業から撤退して石油製品販売に特化する企業。

チャートを見れば出遅れ銘柄とは言い難いものの、12月7日時点でPER 3.07倍、PBR 0.63倍と割安水準であり、割安感から注目したい銘柄としてピックアップ。

じっくりと押し目を待ちたい、トランプ相場の金融3銘柄

ドナルド・トランプ氏が次期大統領に決まり、株式市場では市場が活況を呈しました。

そうした中でも一際目立った上昇を遂げたのが銀行株。

現在積極的に買い向かっていくには過熱感から躊躇してしまう水準ですが、押し目があれば積極的に狙っていきたい銘柄と言えます。その中でも、今回はメガバンクと言われる3銘柄に注目。

三菱UFJ<8306>

チャート画像

国内最大の金融グループであり、アメリカ、アジアなど海外展開にも注力しています。

三井住友FG<8316>

チャート画像

三井住友銀行やSMBC日興証券などの持株会社。大手銀行グループの中でも収益力は首位級の企業です。

みずほFG<8411>

チャート画像

旧富士、第一勧業、日本興業が前進のメガバンク。北米での投資銀行を強化中。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

NVIDIA関連銘柄の側面も持つJIG-SAW<3914>に注目
思惑の表面化で『祭り化』する可能性が非常に高いと考えている"あの企業"
誘致合戦が本格化してくる、2025年大阪万博関連銘柄を深掘り特集
長期的スパンで投資していきたい、CYBERDYNE<7779>を深掘り特集
ストップ高からまだまだ上がる?防衛関連の筆頭銘柄、細谷火工<4274>に注目
日米中で車載電池増産へ!リチウムイオン電池関連のパナソニック<6752>に注目
買い物難民を救う、流通コングロマリットの巨人・セブン&アイHD<3382>を深掘り特集
「マテリアルズ・インフォマティクス」を電池材料開発に活用する富士通<6702>に注目
変化するインバウンド需要!今後見直されるであろうインバウンド関連銘柄を深堀特集
東京オリンピック関連銘柄を深掘り特集
を再評価" target="_self">
資金が流入する東証1部、かつ、中期的なテーマである"IoT関連銘柄"を持ち合わせる三菱電機<6503>を再評価
半導体製造装置関連銘柄の中から株価上昇期待が高い平田機工<6258>に注目
為替は円高方向へ?円高メリット銘柄のニトリホールディングス<9843>に注目
ZMPが再び上場申請?関連銘柄のJIG-SAW<3914>に注目
健康志向を追い風に業績を伸ばしている、ピエトロ<2818>を深掘り特集

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ