年間需要は約5,000億円規模、今後数年間需要が見込まれるバラスト水関連銘柄を深掘り特集

※2018年、、元・投資顧問会社社長のチラシの裏というブログ名から、相場観察チラシの裏にブログ名を変更しました。心機一転、今後も何卒宜しくお願い致します。

猛毒を持つ南米原産の『ヒアリ』が神戸港のコンテナヤードや名古屋港から発見された問題で、本日、大阪港からも発見されたとのこと。しかも、今回は産卵する可能性のある女王アリとみられる死骸も見つかったということで、朝から各種メディアで報道がなされています。

海外からの輸入品を積んだコンテナが到着する空港や港湾では、こうした動植物の外来種が紛れ込んでしまう可能性があり、仮に気が付かないまま日本に土着してしまうと、在来の自然環境や野生生物に深刻な悪影響を及ぼすケースに発展する可能性があります。

本日は、こうした外来種問題のひとつである、バラスト水とバラスト水関連銘柄に関して深掘り解説していこうと思います。

この記事の目次

この記事の目次となります。



スポンサード リンク

市場の動きをいち早く察知!

提供後、わずか"1ヶ月間”!【6541】グレイステクノロジーで+70.79%の実績を叩き出した有望情報筋が狙う次の※※銘柄!

バラスト水とは?

タンカー


バラスト水とは、タンカーなど船底に安定のための重しとして積む底荷(ballast)として注水される海水のことを指します。

特に、貨物船に関しては、造船時の設計の段階で荷物を積んだ際に船が安定するような設計となっていますので、空荷状態で航行しようとすると船の重心が上がり船のバランスが不安定となってしまいます。最悪の状態を想定すると、横風や波の影響で転覆してしまう事もあるため、空荷の場合には船底に海水を注入してバランスを維持して航行させます。

スポンサード リンク

提供後200%以上の上昇銘柄多数!

相場の福の神・藤本誠之を擁する半歩先読み集団が狙う、次の”急騰””注目テーマ株”は?

バラスト水が生態系に与える影響

生態系


このバラスト水が生態系に与える影響に関して、今、世界中で問題視されています。

例えば、東京湾でバラスト水を積み込んだ船舶が、オーストラリアのシドニーに到着して荷物を積み込むと仮定します。その際には、東京湾で積み込まれたバラスト水はそのままシドニー港湾内で排水される事となりますが、その際に、バラスト水内に含まれるプランクトンや海洋生物がそのまま放流されてしまい、生態系が撹乱されてしまいます。

スポンサード リンク

目を見張る連日の上昇銘柄!

12/6提供 <3782>ディー・ディー・エス、「本日S高」提供から3営業日で24.51%上昇!次に急騰が期待出来る銘柄【※※※※】は!?

バラスト水規制への取り組み

ルール


世界中を移動するバラスト水は、年間120億トン

国際海事機関(IMO)の報告によると、年間で世界中を移動するバラスト水の量は年間120億トンと推定されます。

そのうち、日本に海外から持ちこまれるバラスト水の量は年間1,700万トン、日本から海外に持ち出されるバラスト水は年間3億トンと推定されています。

2016年よりバラスト水処理装置の搭載義務が開始

国際海事機関(IMO)では、1997年にバラスト水の規制・管理に関するガイドラインが採択され、2004年にはバラスト水を積載する船舶を規制するバラスト水管理条約が採択されました。

現状は、国際条約に基づき沿岸から200カイリ(370.4キロメートル)の地点で、バラスト水の積み替えを行うことで、バラスト水が生態系へ与える影響を緩和させようと取り決められています。

しかしながら、これはあくまでも当面の暫定措置として行われており、根本的な実効性に疑問符を投げかける意見も少数ながら存在します。

2009年には、新造船に対する、バラスト水処理装置の搭載義務が開始。バラスト水管理条約は、約30カ国以上が批准。2017年9月8日に条約が発効される見通しとなっています。

批准国の船舶は、2022年9月までの間に、バラスト水処理装置の設置が義務化される事となりました。

バラスト水処理装置の市場規模は、年間5,000億円市場

こうした事から、バラスト水処理装置をめぐる造船や船舶機器メーカーへ注目が集まっています。本日付(2017年7月4日)の日経新聞朝刊でも、パナソニック<6752>や中国メーカーが製造するバラスト水処理装置を、蝶理<8014>が中国や日本で販売開始するという報道が掲載されていました。

三井住友銀行が2016年に発表した調査によると、バラスト水処理装置の市場規模は、2016年から5年間、年間5,000億円を超えて推移する見通しで、中長期的にも新造船向けを主体に、年間2,000万円〜3,000万円規模の需要が続くと予想されています。

スポンサード リンク

今月の注目株情報が見逃せない!

向後はるみ擁する株エヴァンジェリストが相場を勝ち抜くテーマ性の有望株‎を伝授!

バラスト水関連銘柄

三浦工業<6005>

チャート画像

産業用小型貫流ボイラーで国内首位、シェア5割を誇る三浦工業<6005>。14年3月期から造船大手の今治造船と、バラスト水処理事業に参入しており、主に小・小型船用のフィルターやUVリアクタによる処理装置を手がけています。

19年には、新造船向けに年間320台、既存船向けに年400台を導入する目標を掲げています。

栗田工業<6370>

チャート画像

総合水処理装置の最大手で、超純水供給事業が安定収益源となっているのが、栗田工業<6370>p。近年は、中国の排水事業に注力しています。

タクミナ<6322>

チャート画像

定量ポンプの大手企業で、環境装置メーカー向けの水処理や塩素殺菌用を基盤にしているのがタクミナ<6322>です。

ポンプ需要が高まると、同社の株価への影響も大きくなってくると思われます。

その他のバラスト水関連銘柄一覧

  • クラレ<3405>
  • JFE<5411>
  • 住友電<5802>
  • イワキポンプ<6237>
  • 化工機<6331>
  • ニチダイ<6467>
  • 寺崎電気<6637>
  • ADプラズマ<6668>
  • 三井造<7003>
  • 日立造<7004>
  • 三菱重<7011>
  • 名村造<7014>
  • 内海造<7018>
  • 郵船<9101>
  • 商船三井<9104>

株式市場で物色対象となるタイムリーな投資情報を、常に効率的に手元に収集するには?

株式市場では、常に様々なニュースや発表などにより物色対象が激しく入れ替わります。そうした”旬の物色株”様々な角度から分析し、急騰劇がスタートする前にしっかりと仕込んでおく事が出来れば、大きな利益を獲得できる可能性も非常に高くなるでしょう。

株式市場で注目を集める様な株を事前に洗い出すためには、膨大なニュースのチェックや徹底した個別企業分析が不可欠です。しかしながら、なかなかそのような時間が取れないのが現実ではないでしょうか?

餅は餅屋ではありませんが、こうした情報こそ専門家の分析を積極的に活用して手に入れてみるのも一つの手でしょう。そんな時に情報収集先のひとつとして加えたいのが、老舗の投資情報サイト、株マイスターです。

【要チェック】⇒無料で提供する『最新の注目3銘柄』が人気の株マイスター(関東財務局長(金商)第850号)を確認するにはこちら

株マイスター


株マイスターは、関東財務局に登録済みの投資顧問会社、SQIジャパンが運営する老舗の投資情報サイトとなります(関東財務局長(金商)第850号)。

顧客第一主義を徹底する小野山功氏や、材料株やテーマ株を中心に”攻めの投資コラム”がトレードマークの本村健氏の2人が金融コンサルタントを務めている事でも知られていますね。

また、代表取締役の秋山伸之氏は、日刊ゲンダイなどでも株式投資の連載をおこなっており、株マイスターの名前を聞いたことのある個人投資家の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

小野山功氏


  • 旧山一証券、東京スター銀行にて40年以上のキャリアを保有。
  • 株式会社SQIジャパンにて金融コンサルタントとして着任。
  • ヤフーが運営するYahoo!ファイナンス教えて投資の達人では小野山氏の推奨する銘柄が人気化し、一時は氏の銘柄に群がる”イナゴ"が大量発生した過去も。
木村健氏


  • 一成証券(現 三菱UFJ証券)、高木証券にて株式・債券・投信・先物等の業務に携わる。
  • 株式会社SQIジャパンにて金融コンサルタントとして活躍。
  • 投資にまつわる幅広い知見からの「潮目を読む力」に定評あり。

株マイスターに無料メルマガ登録するだけで、様々な無料サービスを活用することが可能です。もちろん、『たとえ無料でも常にタイムリーな情報を惜しみなく提供するよう心掛けており、「株投資で投資顧問の情報を活用してみよう」というお客様のご決断が正しかったことを、特典銘柄からご実感戴けると幸いです。』と断言するほど、その分析力に自信を持っている様子です。

そうした自信があるからこそ、無料公開している『最新の注目3銘柄』では、実際に下記のような上昇事例をみることが出来るんですね。

銘柄:「半導体」関連の【6131】浜井産業

  • 推奨日の終値:17年11月06日/140円
  • 高値日と高値:17年11月27日/260円
  • 掲載日と終値:17年12月01日/178円
【6131】浜井産業のチャート


銘柄:「仮想通貨」関連の【3469】デュアルタップ<3810>

  • 推奨日の終値:17年10月23日/1998円
  • 高値日と高値:17年12月01日/2490円
  • 掲載日と終値:17年12月01日/2444円
【3469】デュアルタップのチャート


銘柄:「働き方改革」関連の【6541】グレイステクノロジー

  • 推奨日の終値:17年10月10日/5590円
  • 高値日と高値:17年12月01日/10760円
  • 掲載日と終値:17年12月01日/10760円
【6541】グレイステクノロジーのチャート


また、直近の銘柄ですと、

【2307】クロスキャット
提供日時 10月11日 
推移 70.6%UP!
【2484】夢の街創造委員会
提供日時 10月19日 
推移 61.5%UP!
【3769】GMOペイメントゲートウェイ
提供日時 11月16日
推移 9.6%DOWN!

となっている模様です。

※掲載中の提供銘柄事例は掲載範囲の関係上、提供銘柄の中から好成績のものを抜粋。提供銘柄で必ずこのような結果が得られるわけではありません。

こうした実績のある投資情報サイトが、『最新の注目3銘柄』と題して無料で情報を提供してくれるのは非常に助かりますね。

無料で登録できるメールマガジンの登録方法も簡単です。

【要チェック】⇒株マイスター(関東財務局長(金商)第850号)が無料で提供する『最新の注目3銘柄』を確認するにはこちら

無料メルマガの内容を詳しく見る

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

出遅れビットコイン(Bitcoin) 関連銘柄として、このタイミングで注目したいメタップス<6172>
NVIDIA関連銘柄の側面も持つJIG-SAW<3914>に注目
半導体製造装置関連銘柄の中から株価上昇期待が高い平田機工<6258>に注目
増配期待が高まる、連続最高純益を更新中のセブン銀行<8410>に注目
食品事業・物流事業の2本柱の堅調な成長を背景に上値を伸ばす、ニチレイ<2871>に注目
日英が新型空対空ミサイルを共同開発!三菱電機<6503>の高性能レーダーを組み込む予定
冬場は必ずチェックしておきたい、鳥インフルエンザ関連銘柄を深掘り特集
TPP、EPAに関連して3000億円規模の農業支援策!日和産業<2055>に注目
日本最大規模のネットワークセキュリティーセンターを保有するラック<3857>に最注目
LINE関連銘柄を深掘り特集
連続増益・連続増配に加え、高い実質利回りを誇るすかいらーく<3197>を深掘り特集
自動運転関連銘柄の本命がついに上場が決定!ZMP<7316>への投資戦略は?
人工知能(AI)関連銘柄を深掘り特集
次世代の産業にとって必要不可欠な次世代携帯通信網・5G関連銘柄を深掘り特集
モナコイン(モナーコイン)の特徴や将来性 予想をわかりやすく徹底解説
サブコンテンツ

このページの先頭へ