法整備の進行や知名度の上昇から、再び脚光を浴びるビットコイン関連銘柄を深堀特集

ビットコイン ブロックチェーン フィンテック


一時期暴騰し、急速に価値を高めたビットコイン。最近では他のテーマの影に隠れ、存在感が薄れていましたが、出遅れていた法整備が進み、2017年7月からビットコインへの消費税が非課税になるなど、今後は現金から電子マネー、仮想通貨への移行が進む事が予想されます。

仮想通貨、電子マネーのさらなる普及を前に、再びビットコイン関連銘柄を深堀特集してみます。

この記事の目次

 この記事の目次となります。



ビットコイン ブロックチェーン フィンテック


ビットコインはなぜあれほど注目されたのか?

P2P(Peer-to-peer)技術、公開鍵暗号などの暗号技術を用いており、さらにブロックチェーン技術も関係した、透明性、公正な取引が可能。これまでのロスチャイルド一族による通貨発行権(この辺りはやや陰謀論じみているので詳しくは説明しませんが)の独占状態から脱却出来るのではないか、という憶測などから非常に注目を集めています。

投機対象としての人気

ビットコインは株取引と同じように、需給関係で価値が変動します。当初は1BTC数十円程度だったものが、2011年に3千円に急騰。2015年の1月に1BTC2万円だったのが、2016年に入って4万円まで高騰しました。そのような急騰もありますし、変動幅が比較的大きく、投機対象として注目を集めました。

海外でのビットコインの扱い

ビットコイン ブロックチェーン フィンテック 国旗


世界中の30カ国以上でそれぞれの通貨に交換でき、2016年の時点で1日18万BTC(64億円)の売買取引実績。

・米国ではAmazonなど大手企業でもビットコイン決済を導入。送金や、飲食店などでの支払いでも用いる事が可能。

2016年6月、イギリスの国民投票で、EU離脱派が過半数を占めた際には世界経済に動揺が走りましたが、その際、国家の政策の影響を受けないビットコインが多く買われました。今後もEUを離脱する国が出てこないとも限りません。その際は再びビットコインに注目が集まる可能性は高いと考えられます。

また、ポーランドではビットコイン事業がビジネスとして認められるなど、仮想通貨規制は一歩前進しており、世界的な流れでビットコインと関連銘柄への注目は高まっています。

仮想通貨は将来有望と考えられる

ビットコイン ブロックチェーン フィンテック


比較的長い目で見れば、現金が電子マネーや仮想通貨に置き換わる将来は容易に想像出来ます。

現在の日本ではビットコインが使える店舗が限られている事から、決済方法としての利便度は高くありませんが、2017年7月よりビットコイン消費税を非課税にするとの方針が打ち出されました。

ビットコインは人民元での取引が過半数を超えています。これは、自国の通貨、人民元への不安感から人民元をビットコインに交換する動きが強くなっているからと考えられ、今後人民元の信用を不安視する声が増える事で、さらに「人民元→ビットコイン」への交換の動きが広がるでしょう。

前述したように、日本においても、消費税非課税になる事でさらにビットコインの流動性が高まり、それに付随してビットコイン関連銘柄への注目も再び高まるのではないでしょうか。世界の動向と、日本国内での法整備により、今後ビットコイン関連銘柄が再び市場の注目を集める日が来そうです。

ではそのビットコイン関連銘柄の中で、特に有望と考えられる銘柄を挙げてみたいと思います。

ビットコイン関連銘柄

セレス<3696>

チャート画像

ビットコイン取引事業を行う国内大手取引所、bitFlyer(ビットフライヤー)と業務提携した事により、ビットコイン関連銘柄として注目を集めています。

GMOペイメントゲートウェイ<3769>

チャート画像

同社も上述のbitFlyerに出資し、資本業務提携を結んでいます。日本の決済事業者として初めてビットコインによる決済サービスの受付を開始しており、EC事業者に決済手段としてビットコイン決済を提供している事から、今後の動向に期待が持てるでしょう。

フィスコ<3807>

チャート画像

仮想通貨取引所を運営。将来的には仮想通貨を利用した金融派生商品の開発・運用など、仮想通貨を利用したサービスを提供する仮想通貨のハブとなることを目指すとしています。

GMOメディア<6180>

チャート画像

同社もbitFlyerと業務提携しています。運営するポイントサイト「ポイントタウン」にてビットコインと交換可能なサービスを開始しています。

その他のビットコイン関連銘柄一覧

  • ボヤージュ<3688>
  • ロックオン<3690>
  • リアルワールド<3691>
  • IIJ<3774>
  • OKウェイヴ<3808>
  • リミックスポイント<3825>
  • インフォテリ<3853>
  • JIN-SAW<3914>
  • アイリッジ<3917>
  • メタップス<6172>
  • 三菱UFJ<8306>
  • Jトラスト<8508>
  • トレイダーズ<8704>
  • GMOインターネット<9449>

その他、市場で注目される”要注目のテーマ株”は?

株式投資、特に比較的短期間で大きく利益を上げていく為には、市場で注目されはじめた株をいかに早めに仕込むか、がポイントとなってきます。いわゆる、『初動に乗る』というやつですね。

そうした銘柄の初動に乗る為には、常にアンテナを張り巡らせて”いち早く情報”を手に入れる必要があります。

話題性が高く物色の対象となりそうな銘柄の情報は、やはり投資顧問が配信する情報や、実績のある個人投資家の人の発信する情報を参考にすると良いかと思います。

私自身も、こうした特徴のあるメールマガジンにGメールアドレスを作成して登録日々の情報収集先の一つとしても活用しています。

▶株プロフェットの無料メルマガ

日経CNBCなど、様々な投資情報番組でおなじみの相場の福の神・藤本誠之氏が執筆する、株プロフェットだけでしか読むことのできない、藤本誠之の「ココだけの話教えまっせー」が大人気なのが株プロフェット。

藤本誠之氏のコラムはもちろん無料で読むことができます。

このコラムを読むためだけに、無料メルマガ登録している方も居るのでは?

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株エヴァンジェリストの無料メルマガ

夕刊フジの人気企画、株-1グランプリのグランドチャンピオン大会でも優勝経験を持つ向後はるみ氏が株式投資に関するアドバイスを手がけるのが、株エヴァンジェリストです。

向後はるみ氏は、ラジオ日経や各種投資雑誌などでも幅広く活躍。投資の女神の異名を持つほど、株式投資業界では一目置かれた存在です。

株エヴァンジェリストの特徴として、市場のテーマ性人気度に加え、値動きの軽さなど個人投資家にとって嬉しい条件で分析してくれる銘柄に注目している印象を持ちます。

様々な評価サイトを見ても提供銘柄のパフォーマンスは頭一つ抜けており、今後も情報収集先としては注目している投資情報サイトのひとつとなります。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガ

利益が出なければ顧問料は一切不要の”成功報酬”で、30年間投資顧問として実績を積み重ねている橋本明男氏と、上場企業の取締役やM&Aのアドバイザーなどを歴任している堀篤氏が所属するのが、ミリオンストック投資顧問です。

橋本罫線考案者の橋本氏と、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤氏は、Yahoo!ファイナンスの教えて達人でも活躍中

そんなミリオンストック投資顧問が”厳選した急騰期待が高い銘柄情報を、毎日配信してくれる無料メールマガジンは非常に熱い情報が満載。橋本氏のコラム『わしの罫線』も非常に読み応えがあります。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株トレード投資顧問の無料メルマガ

山丸証券や極東証券などを渡り歩いた筋金入りの敏腕ディーラー伊東聡氏を中心に、業界の隅々まで人脈を形成しているカブ知恵代表の藤井英敏氏、国際テクニカルアナリスト連盟のテクニカルアナリストであり、フィナンシャルプランナーでもある横山利香氏などが情報を提供するのが、株トレード投資顧問です。

株トレード投資顧問は、当サイトでも取り上げているロボット関連銘柄人工知能関連銘柄自動運転関連銘柄などのテーマ株を徹底的に網羅しており、市場で話題となるテーマ株に関して、即情報を提供してくれるのが強みといえるでしょう。

今なら無料メルマガ登録で有望な3銘柄を提供中。今後もウォッチしていきたい情報源ですね。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株マイスターの無料メールマガジン

顧客第一主義を掲げる小野山功氏や、材料やテーマ株に強い”攻める投資”をテーマに連載する本村健氏のコラムを無料で掲載しているのが、株マイスターです。

老舗の投資顧問らしく会員の目線にたったサービスを展開しており、タイムリーな情報も惜しみなく公開中。カーディナル<7855>やサイバーS<3810>など、提供後1ヶ月程度で急騰劇を見せるパンチの効いた銘柄を提供しており、非常に良いタイミングで注目銘柄を推奨しているな、という印象です。

無料メルマガ登録で最新の注目3銘柄を無料公開しているので、必ずチェックしておきたいですね。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガ

ラジオ日経などを中心にメディアへの出演も多い清水洋介氏、元文部省で記者クラブのメンバーの山根亜希子氏と、業界に通じる2人の著名人が鋭い視点から市場を分析してくれるのがトリプルエー投資顧問です。

相場レポートなどは私も参考にしており、非常に的確な分析力を持っていると言う印象。

全体相場の流れから株式市場で話題の個別銘柄まで幅広くサポートしてくれるトリプルエー投資顧問の無料メルマガでは、所属する専属アナリストが厳選した旬な無料銘柄情報も受け取れます。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

ヤフー<4689>の逆襲、スマホアプリ・プラットフォーマーへ反撃の狼煙
ZMPが再び上場申請?関連銘柄のJIG-SAW<3914>に注目
市場規模拡大が見込まれるスマート農業関連銘柄を深堀特集
ゲーム関連銘柄への循環物色が続く中、トレンドラインをブレイクしてきそうな3000番台の中小型株
為替は円高方向へ?円高メリット銘柄のニトリホールディングス<9843>に注目
NVIDIA関連銘柄の側面も持つJIG-SAW<3914>に注目
国内のみならず米国でも出店攻勢をかける、ペッパーフードサービス<3053>を深掘り特集
【個別銘柄物色】2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見込みのラクト・ジャパン<3139>に注目
配信間近!スーパーマリオラン関連銘柄を深堀特集
LINE関連銘柄を深掘り特集
工作機械受注額が前年同月比5割増!工作機械シェアトップクラスの安川電機<6506>に注目
グループは急成長、個人投資家の人気を集めるRIZAP関連銘柄を深掘り特集
日米中で車載電池増産へ!リチウムイオン電池関連のパナソニック<6752>に注目
期初予想が控え目、業績上振れを狙いたい6000番台の中小型株
新たなインバウンド需要を開拓!再生医療関連銘柄を深掘り特集

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ