ブロックチェーン関連銘柄を深掘り特集

ブロックチェーン

今回はビットコインのコア技術であるブロックチェーン関連に関する解説をしていこうと思います。

この記事の目次

 この記事の目次となります。



スポンサード リンク

連続S高達成!9営業日で株価4倍!

株-1グランプリ優勝者も助言する「次の急騰期待銘柄」を無料配信中!

ビットコインとは

ビットコイン

ビットコインには発行者が存在しない

ビットコインは、P2P(ピアツーピア)と呼ばれる仕組みを利用したインターネットで使用することができる仮想通貨のひとつです。

一般に流通している電子マネーの場合には発行者が管理を行っており決済は専用サーバーによって行われますが、P2Pを使用した仮想通貨では各端末同士がその情報を共有することで決済が行われます。このため、通常の通貨の場合には発行者が存在するのに対し(国)、ビットコインの場合には発行者が存在しない通貨という特徴を持ちます。

ビットコインの暗号化

ビットコインを含めて仮想通貨はそれぞれの通貨に固有の暗号が割り振られており、それが識別されることで価値が担保される仕組みとなっており、決済の際にはその固有の暗号を譲渡する仕組みになります。この暗号は数(発行上限数)が決まっており、また現在において全ての暗号が世に出ているわけではありません。この辺は非常に分かりにくい部分なのですが、この暗号自体は誰でもが専用のソフトウェアを使って見つけ出すことができ、こうした見つけ出す作業(発掘作業)をマイニング(採掘)と呼んでいます。

ビットコインが産声を上げた初期の段階では、家庭用のパソコンでもマイニングすることが可能でしたが、現在では、家庭用パソコンで発見できる数は減ってきており、また発見するためには高性能なパソコンを必要とし、そうしたハードウェアを稼働させるのに必要な電気代に対して得られる対価が小さくなってきていることから、今ではマイニングを行っているのは全世界でもごく一部の人に限られます。なお、多くの人の場合にはマイニングではなく取引所を通じて現実通貨と交換して手に入れるのが一般的となっています。

スポンサード リンク

最新の注目3銘柄を無料公開中!!

直近実績、【3825】→5倍、【3667】→1.8倍!次に来る銘柄も公開中!

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

ビットコインを語る上で欠かせないのがブロックチェーンと呼ばれる技術です。これはP2Pで情報を共有するための技術で、主に二重譲渡を防ぐ仕組みになります。P2Pではすべての情報を管理するためのサーバーが存在せず、各端末が情報を保有し、それらを参照しながら取引を行うことになります。この際に不正が行われないようにする為の技術がブロックチェーンなのです。

ブロックチェーンは呼んで字のごとく、ブロックの鎖の様な状態でつながっており、ブロックにはそれぞれの取引履歴が記録されています。その取引履歴を参照することで、不正な譲渡を防ぐというものです。

これまではメインとなる管理端末であるサーバー(ホストコンピューター)が集中管理しており、このホストコンピューターに不正アクセスを行い、データを改ざんすることで悪用される(または、不正に引き出される)可能性がありましたが、ブロックチェーン技術を使った運用モデルを採用することで、複数の端末からブロックチェーンの情報を参照することによって、正しい取引と認めることができるため二重譲渡を防ぐことが可能となります。

なお、マイニングでは、このブロックチェーンのうち未使用のものを探しだすといったもので、最初の発見者がそのブロックチェーンの保有を記録することで、そのビットコインの所有権を得ることができる仕組みとなっています。

スポンサード リンク

相場の福の神・藤本誠之

「ココだけの話、噂の※※を教えまっせ〜」先行配信!

ビットコインを利用するためには

疑問を浮かべる若女性

ウォレット(口座)

P2Pを使った仮想通貨を使うためには第一にインターネットに接続できる環境である必要があり、専用のソフトウェアをインストールしたパソコンを準備するか、マイニングの専用端末を手に入れる必要があります。

パソコンにソフトウェアをインストールした場合でも、専用のハードウェアを利用する場合でも、マイニング登録した時点で固有のアドレスが設定されることになり、自動的にウォレット(財布)と呼ばれる口座が開設されることになります。

ソフトウェアウォレットは、世界で主流となっているOSのWindows、MacOS、iOS、Androidで提供されており、自由にダウンロードしてインストールすることが可能です。この場合にはインストールされた端末が固有のアドレスになりますが、デメリットとしては端末が使用できなくなると復旧させるまでに時間が掛かる事。

取引所が管理・発行するウォレット(口座)

またウェブウォレットと呼ばれるものは取引所などのサービス提供機関が、取引所が運営管理するサーバーで管理するものとなります。端末による識別ではなくユーザーの情報(ログインIDやログインパスワード)で識別されるため、端末が変わっても利用することができます。ただしセキュリティ面はサービス提供機関によって変わってきますし、こうしたサービス提供機関のサーバーへの不正アクセスにより詐取されてしまうリスクが存在します。また、サービス提供機関によっては紙にアドレスと秘密鍵を印刷して発行しているところもあります。

スポンサード リンク

【株】速報3銘柄を配信中

注目トレンド3銘柄から急騰予報【無料】登録後の銘柄情報に大注目

仮想通貨の未来

チェーンで巻かれた男性

ビットコイン以外の仮想通貨

P2Pを利用した仮想通貨は次々に登場しており、リップル、ライトコイン、ビットシェア、アルトコイン、エイダコインがあり、また純粋な日本製の仮想通貨としてモナコインがありますが、リップルコインとモナコインが日本では人気のある仮想通貨として知られます。

仮想通貨は貨幣である

一方で、これまで暗号通貨は貴金属類のようなモノ扱いで電子マネーとは異なる扱いとなっていましたが、2016年からは金融庁によって貨幣であると定義されて、電子マネーと同じ扱いになっています。

スポンサード リンク

ストップ高に続き連日の急騰

5月19日提供のリミックスポイント<3825>が株価5.9倍超達成!!次に急騰が期待出来る銘柄【※※※※】は!?

ブロックチェーン技術に世界中の企業が注目

ビットコイン

ビットコインで重要な役割を示すチェーンブロックですが、チェーンブロックの技術は暗号通貨以外でも広く使われるようになっています。その最たる理由は、先程も解説した通り中央のサーバー(ホストコンピューター)で一言管理しないため、仮にサーバー(ホストコンピューター)がダウンするなど利用できなくなった場合にも、ブロックチェーンを有している端末が複数稼働していることで取引を継続することができます。

このため、証券会社や保険会社などがブロックチェーン技術に強い関心を抱いており、過去にブロックチェーンの技術を有している銘柄が注目され大きく値上がりした経緯があります。

また金融庁がビットコインを貨幣であると定義したこともあり、証券会社などが仮想通貨の取引自体に進出してくる可能性もあり、関連銘柄として注目されています。

スポンサード リンク

いま注目すべき※※関連銘柄

次に"循環物色"が入る、急騰必至の有望セクターは※※関連銘柄!

ブロックチェーン関連銘柄

さくらインターネット【3778】

チャート画像

ブロックチェーン技術を簡単に使用するためのプラットフォームmijinや、ビットコインの取引所Zaifを開発・運営するテックビューロ株式会社と提携し、プライベート・ブロックチェーンの実証実験環境であるmijinクラウドチェーンβを、さくらインターネットのクラウドを介して提供しています。

mijinクラウドチェーンでは、日本の銀行の9割のシステム処理が問題なく稼働する規模である、200万トランザクション(1日)を安全に処理しており、ブロックチェーン関連銘柄の最右翼として注目されています。

インフォテリア【3853】

チャート画像

インフォテリアも、テックビューロと事業提携するブロックチェーン関連銘柄の1つ。データーベースやシステム連携の煩わしさを一気に解消する為のソフトウェアや、ファイル共有やスマートデバイス向けの社内共有情報配信サービスなどを展開する同社。

同社の持つ強力なソフトウェア群とテックビューロの技術を接続・連携させるためのサービスの提供や実証実験などを行っており、今後の国内ブロックチェーン界隈の主軸として考えられる1銘柄ではないでしょうか。

SJI【2315】

チャート画像

金融システムの開発で実績を誇る同社ですが、テックビューロとのフィンテック関連の実証実験をスタートさせています。こうした事から、今後、ブロックチェーン関連、フィンテック関連に本格参入してくる金融・証券系の企業からの受注増に繋がっていく可能性が高いと見て、人気化してきています。

その他のブロックチェーン関連銘柄一覧

  • フォーサイド【2330】
  • ユナイテッド【2497】
  • VOYAGE GROUP【3688】
  • ロックオン【3690】
  • フィスコ【3807】
  • アイリッジ【3917)
  • エヌ・ティ・ティ・データ【9613】
  • ネクスグループ【6634】
  • セレス【3696】
  • リアルワールド【3691】
  • アドウェイズ【2489】

こうした、注目のテーマ株、今後”旬”を迎えるであろう関連銘柄を”半歩先に”見つけるには?

専業投資家の方ならいざしらず、大半の個人投資家の方々にとって、市場で物色されやすいテーマ株の絞り込みや、個別銘柄の選別にかける時間を充分に確保できない方もいらっしゃるかと思います。

しかしながら、相場参加者全体で大きな盛り上がりを見せる程の"旬なテーマ株"には何としてでも乗り遅れたくない、というのが普段から個人投資家の方が抱えているジレンマなのではないでしょうか?

そんな方にオススメなのが、日経CNBCラジオ日経、新聞や株式投資雑誌でもおなじみの相場の福の神・藤本誠之氏の独占直筆コラムが読めるFIP投資顧問が運営する投資情報サイトの『株プロフェット』です。

藤本誠之氏


  • Yahoo!株価予想 2012年勝率1位 伝説の39連勝
  • 日興證券(現SMBC日興証券入社)、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。
  • 1999年、日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。その後、日興ビーンズ証券はマネックス証券と合併する。
  • 2008年7月、マネックス証券から、カブドットコム証券に移籍。2010年12月、トレイダーズ証券に移籍。 2011年3月、同社を退職。のちに独立、マーケットアナリストとして活躍。
  • 2012年からマネーパートナーズのスタッフとして活動。2013年7月1日よりSBI証券投資調査部に所属のシニアマーケットアナリストとして活動。

著書には、『ニュースを“半歩”先読みして、儲かる株を見つける方法』や『株で儲けるニュースの読み方 相場のプロが教える「先読み&裏読み」の極意』等。

【おすすめ】⇒相場の福の神『藤本誠之氏』の独占直筆コラムで半歩先読みの有望株を無料で確認できるサイト

相場の福の神・藤本誠之氏の独占直筆コラムが読めるFIP投資顧問が運営する投資情報サイトの『株プロフェット』は、これまでに何度も”市場で話題となっている旬なテーマ株”を半歩先に取り上げた事もあるなど、個人的に相場のトレンドを読み解く力を持った情報サイトだという印象を持っています。



株式市場で物色されるテーマ株や、主体別売買動向などから見て取れる相場の流れ報道されるニュース等の徹底分析など、日々、研究に研究を重ねなければこうしたトレンドを導き出すことは出来ません

その証拠に、株プロフェットの推奨銘柄は、

株プロフェットの提供実績①:アエリア<3758> 4.62倍
提供時株価 1,543円
提供後高値 7,130円
株プロフェットの提供実績②:ライク<2462> +85.27%
提供時株価 1,908円
提供後高値 3,535円
株プロフェットの提供実績③:弁護士ドットコム<6027> +81.61%
提供時株価 783円
提供後高値 1,422円

など、高パフォーマンスを叩き出している模様ですね。こうした銘柄情報に乗った人は、大きく利益を出せた事に違いないでしょうね。

もちろん、銘柄情報に参加する/しないで結果は変わってきますが、仕事などで銘柄選定に時間がかけられない個人投資家の方にとっては、投資する銘柄を探し出して分析する時間と手間が省ける非常に有意義なサービスを提供してくれていると言っても良いかもしれませんね。

FIP投資顧問が運営する投資情報サイトの『株プロフェット』では、相場の福の神・藤本誠之氏の独占直筆コラム以外にも、注目銘柄や相場動向などを無料で配信しています。

今後も、『株プロフェット』で配信するこういた情報は要チェックですね。

【おすすめ】⇒相場の福の神『藤本誠之氏』の独占直筆コラムで半歩先読みの有望株を無料で確認できるサイト

無料メルマガの内容を詳しく見る

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

新たなインバウンド需要を開拓!再生医療関連銘柄を深掘り特集
欧州から巻き起こる電気自動車シフトの潮流、上値余地の大きそうなリチウムイオン関連銘柄は?
国策が絡む人材関連銘柄、最高益更新で大化け期待のUTグループ<2146>を深掘り特集
店舗数は700を突破、増収増益を続けるライドオン・エクスプレス<6082>を深掘り特集
人材派遣関連で年初来高値を更新したウィルグループ<6089>に注目
【10万円以下】7期連続増配を続け、株主還元策にも積極的なモリト<9837>に注目
フィンテック関連銘柄を深掘り特集
健康志向を追い風に業績を伸ばしている、ピエトロ<2818>を深掘り特集
越境EC関連銘柄としての将来性に注目したい、Hamee<3134>を深掘り特集
徹底した効率的なオペレーションを追求し続ける、吉野家HD<9861>を深掘り特集
中小型株に物色が集まる相場で狙っておきたい日本ケミコン<6997>
を再評価" target="_self">
資金が流入する東証1部、かつ、中期的なテーマである"IoT関連銘柄"を持ち合わせる三菱電機<6503>を再評価
ランサムウェアの被害が全世界で拡大。IoTや自動運転技術の普及に合わせ、ますます需要が高まってくる情報セキュリティー関連銘柄を深掘り特集
東京オリンピック関連銘柄を深掘り特集
相場の福の神・藤本誠之氏が取り上げたMR関連銘柄とは?

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ