次世代の国産エネルギーの最右翼、メタンハイドレート関連銘柄を深堀特集

次世代の国産エネルギーとして期待がかかるメタンハイドレート

国内でも商用化に向け50社程度が連携する動きを見せ始めるなど、ますます注目度が増しています。

今回は新エネルギーの商用化を睨んだ動きが活発化してきた、メタンハイドレート関連銘柄を深掘り特集していきたいと思います。

この記事の目次

この記事の目次となります。



メタンハイドレートとは?

タンカー


可燃ガスであるメタン。水分子(H2O)が作り出すカゴ状の構造物の中に、メタンが取り込まれた状態の個体で存在しているメタンの事を、メタンハイドレートと呼びます。

このメタンハイドレートは別名『燃える氷』とも呼ばれている通り、見た目の形状はシャーベット状となっているそうです。

メタンハイドレートは低温・高圧状態で存在

ガス


メタンハイドレートがシャーベット状の形状を維持させるためは、低温状態・高圧状態である事が必須となります。

こうした環境を満たすのはシベリアの永久凍土(地下数百メートル)や、海底の地中奥深くしかありません。事実、地球上に存在するメタンハイドレートの大半が、海底の奥深くに存在すると言われています。

次世代エネルギーの一角として期待されるメタンハイドレート

コンビナート


メタンハイドレートは二酸化炭素排出量が少ない

メタンハイドレートは石油や石炭などと同じ化石燃料の一種です。

しかしながら、石油や石炭に比べると、メタンを燃焼させる時の二酸化炭素排出量はおよそ半分。

このため、メタンハイドレートは地球温暖化対策としても有効な新エネルギー源として注目されています。

日本は世界でも有数なメタンハイドレート埋蔵国

これまでエネルギー源としての資源が乏しいと言われていた日本ですが、近年、日本の近海には数多くのメタンハイドレートが埋蔵されているとの調査結果が発表されています。

推定埋蔵量としては南海トラフに最大の推定埋蔵域が存在しており、他にも北海道沖、新潟沖、南西諸島沖などに分布しています。

国産のエネルギー源という観点からも、メタンハイドレートには官民様々な分野から熱い視線が注がれています。

実用化への道は未だに遠い

南海トラフ


しかしながら、メタンハイドレートの実用化は道半ばと行った状態です。

メタンの回収は非常に困難

日本海側のメタンハイドレートは、純度も高く塊の状態で存在するという調査結果が出ています。

しかし、南海トラフなど太平洋側のメタンハイドレートは、分子レベルで泥や砂と混溜しており、探索・採取が非常に困難な状態にあります。

取扱を間違えれば、地球温暖化を加速させる?

二酸化炭素と比べ、メタンガスは20倍以上の温室効果があると言われています。

仮に、メタンハイドレートの開発において、回収しきれないメタンが発生した際には、大量のメタンガスが大気中に放出されます。

研究者からは、こうしたメタンが原因で、気候変動に大きな影響を与えるという警告も発せられています。

メタンハイドレート関連銘柄

中国


メタンハイドレートの実用化に関して問題は山積みですが、中国でもメタンハイドレートの開発は始まっており、2030年には商用化・実用化を目指していると発表されています。

原子力や液化天然ガスに代わる新エネルギーの商業化で世界的な主導権を取る。

こうした大きな目標に向け、日本政府の後押しもあり、2023年以降の商業化を目指し、産業界では約50社の連携の動きが出て来るなど、メタンハイドレート関連銘柄の動きも活発になりつつあります。

国際石開帝石<1605>

チャート画像

原油や天然ガス再開発の最大手が国際石開帝石<1605>です。

経産大臣が筆頭株主、歴代のトップも旧通産省出身者で占められるなど、国営企業といった体が強い企業となります。

日本メタンハイドレート調査株式会社との間では、事前掘削作業に関する契約も締結しており、メタンハイドレート関連銘柄の本命と目されています。

海洋掘削<1606>

チャート画像

海洋での油田、ガス田の開発を手がける国内唯一の企業が海洋掘削<1606>です。

掘削機能を保有した深海探査船「ちきゅう」の運用や管理も請け負っています。

日本メタンハイドレート調査株式会社にも出資しており、メタンハイドレート関連銘柄の中でも中心的な役割を担うのではないか?と考えられています。

三菱マ<5711>

チャート画像

メタンハイドレートの基礎試錘、実証実験を実施しているのが三菱マ<5711>。

3,600円から4,000円のボックス圏内で推移していた株価は下限に近づいており、打診買いで入りやすい水準ではないでしょうか?

その他のメタンハイドレート関連銘柄一覧

  • 石油資源<1662>
  • 大成建<1801>
  • 清水建<1803>
  • 鹿島<1812>
  • 日揮<1963>
  • 住友化<4005>
  • 菱ガス化<4182>
  • 三井化学<4183>
  • 日油<4403>
  • 川崎地質<4673>
  • JX<5020>
  • 新日鉄住金<5401>
  • JFE<5411>
  • 三井海洋<6269>
  • 鉱研工業<6297>
  • 東洋エンジ<6330>
  • 千代建<6366>
  • 三井造<7003>
  • 三菱重<7011>
  • 川重<7012>
  • IHI<7013>
  • 中国電<9504>
  • 北陸電<9505>
  • 東ガス<9531>
  • 大ガス<9532>
  • 応用地質<9755>

その他、市場で注目される”要注目のテーマ株”は?

株式投資、特に比較的短期間で大きく利益を上げていく為には、市場で注目されはじめた株をいかに早めに仕込むか、がポイントとなってきます。いわゆる、『初動に乗る』というやつですね。

そうした銘柄の初動に乗る為には、常にアンテナを張り巡らせて”いち早く情報”を手に入れる必要があります。

話題性が高く物色の対象となりそうな銘柄の情報は、やはり投資顧問が配信する情報や、実績のある個人投資家の人の発信する情報を参考にすると良いかと思います。

私自身も、こうした特徴のあるメールマガジンにGメールアドレスを作成して登録日々の情報収集先の一つとしても活用しています。

▶株プロフェットの無料メルマガ

日経CNBCなど、様々な投資情報番組でおなじみの相場の福の神・藤本誠之氏が執筆する、株プロフェットだけでしか読むことのできない、藤本誠之の「ココだけの話教えまっせー」が大人気なのが株プロフェット。

藤本誠之氏のコラムはもちろん無料で読むことができます。

このコラムを読むためだけに、無料メルマガ登録している方も居るのでは?

▶▶▶株プロフェットの無料メルマガは、こちらから

▶株トレード投資顧問の無料メルマガ

山丸証券や極東証券などを渡り歩いた筋金入りの敏腕ディーラー伊東聡氏を中心に、業界の隅々まで人脈を形成しているカブ知恵代表の藤井英敏氏、国際テクニカルアナリスト連盟のテクニカルアナリストであり、フィナンシャルプランナーでもある横山利香氏などが情報を提供するのが、株トレード投資顧問です。

株トレード投資顧問は、当サイトでも取り上げているロボット関連銘柄人工知能関連銘柄自動運転関連銘柄などのテーマ株を徹底的に網羅しており、市場で話題となるテーマ株に関して、即情報を提供してくれるのが強みといえるでしょう。

今なら無料メルマガ登録で有望な3銘柄を提供中。今後もウォッチしていきたい情報源ですね。

▶▶▶株トレード投資顧問の無料メルマガは、こちらから

▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガ

利益が出なければ顧問料は一切不要の”成功報酬”で、30年間投資顧問として実績を積み重ねている橋本明男氏と、上場企業の取締役やM&Aのアドバイザーなどを歴任している堀篤氏が所属するのが、ミリオンストック投資顧問です。

橋本罫線考案者の橋本氏と、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤氏は、Yahoo!ファイナンスの教えて達人でも活躍中

そんなミリオンストック投資顧問が”厳選した急騰期待が高い銘柄情報を、毎日配信してくれる無料メールマガジンは非常に熱い情報が満載。橋本氏のコラム『わしの罫線』も非常に読み応えがあります。

▶▶▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガは、こちらから

▶株マイスターの無料メールマガジン

顧客第一主義を掲げる小野山功氏や、材料やテーマ株に強い”攻める投資”をテーマに連載する本村健氏のコラムを無料で掲載しているのが、株マイスターです。

老舗の投資顧問らしく会員の目線にたったサービスを展開しており、タイムリーな情報も惜しみなく公開中。カーディナル<7855>やサイバーS<3810>など、提供後1ヶ月程度で急騰劇を見せるパンチの効いた銘柄を提供しており、非常に良いタイミングで注目銘柄を推奨しているな、という印象です。

無料メルマガ登録で最新の注目3銘柄を無料公開しているので、必ずチェックしておきたいですね。

▶株マイスターの無料メールマガジンは、こちらから

▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガ

ラジオ日経などを中心にメディアへの出演も多い清水洋介氏、元文部省で記者クラブのメンバーの山根亜希子氏と、業界に通じる2人の著名人が鋭い視点から市場を分析してくれるのがトリプルエー投資顧問です。

相場レポートなどは私も参考にしており、非常に的確な分析力を持っていると言う印象。

全体相場の流れから株式市場で話題の個別銘柄まで幅広くサポートしてくれるトリプルエー投資顧問の無料メルマガでは、所属する専属アナリストが厳選した旬な無料銘柄情報も受け取れます。

▶▶▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガは、こちらから

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ