モナコイン(モナーコイン)の特徴や将来性 予想をわかりやすく徹底解説

※2018年、、元・投資顧問会社社長のチラシの裏というブログ名から、相場観察チラシの裏にブログ名を変更しました。心機一転、今後も何卒宜しくお願い致します。

※2018年1月4日に公開した記事ですが、必要な情報屋文言等を追記して2018年1月18日に再度公開しました。

仮想通貨元年と言われた2017年ですが、2018年も仮想通貨やICO(仮想通貨を発行して資金を調達する次世代型の資金調達方法)の注目は更に増してくるとみています。

そこで、当ブログでも、今年は積極的に仮想通貨関連の情報も取り上げていこうかと思います。本日はそんな仮想通貨の中でも日本初の仮想通貨として有名なモナコイン(モナーコイン)を取り上げて解説していきます。

スポンサード リンク

提供後200%以上の上昇銘柄多数!

相場の福の神・藤本誠之を擁する半歩先読み集団が狙う、次の”急騰””注目テーマ株”は?

この記事の目次

 この記事の目次となります。



モナコイン(モナーコイン)の基本情報

名称 モナコイン(モナーコイン) リリース 2013年 単位 MONA 開発者 わたなべ氏 アルゴリズム Lyra2REv2 上限発行枚数 1億512万MONA

モナコイン(モナーコイン)とは?



モナコイン(モナーコイン)とは、仮想通貨の1つで、2013年12月末にライトコインをベースに誕生した仮想通貨となります。

匿名掲示板の2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)のソフトウェア板で誕生。翌2014年1月に正式リリースされた日本初の仮想通貨です。

2ちゃんねる初という事で、モナコイン(モナーコイン)の名称の由来は、2ちゃんねるの有名なアスキーアート、『モナー』がモチーフとなっています。

開発者はLitecoinなどの採掘プール『2chpool』を運営していたワタナベ氏。当時から日本初の純国産仮想通貨ということで、インターネット上で注目を集めていました。

スポンサード リンク

今月の注目株情報が見逃せない!

向後はるみ擁する株エヴァンジェリストが相場を勝ち抜くテーマ性の有望株‎を伝授!

モナコイン(モナーコイン)の特徴

相場


モナコイン(モナーコイン)の取引方法

モナコイン(モナーコイン)は、ビットコイン同様にbitFlieerやzaifなどの取引所で、日本円(JPY)で購入可能なアルトコインです。

もちろん、株式相場や為替相場と違い、24時間365日世界中の取引所を介して取引が可能です。

モナコイン(モナーコイン)は発行枚数が多い

モナコイン(モナーコイン)の特徴の一つに、その発行枚数の多さが挙げられます。Bitcoin(ビットコイン)の2,100万枚に対して、モナコイン(モナーコイン)の発行量は1億512枚。

これは、元々モナコイン(モナーコイン)の設計の段階で、ネット上での投げ銭やチップを行う際に使用する仮想通貨として作られたことが根底にあると言われています。

モナコイン(モナーコイン)は世界初のSegWit実装コイン

また、世界初のSegWit実装コインということで、Bitcoin(ビットコイン)と比べると送金にかかかる時間が非常に早く、送金手数料も安く抑えられています。

スポンサード リンク

今注目するべき、プロ厳選の急騰期待3銘柄!

実践的な相場先読みレポートや、専属アナリストによる個別サポート体制で、銘柄相談も無料!

モナコイン(モナーコイン)の価格と、将来性

利益


リリース当初は、1MONA = 2.5JPY(1モナコインは2.5円)程度で取引されていましたが、ワールドビジネスサテライトで取り上げられたり、ホリエモンこと堀江貴文氏がモナコイン(モナーコイン)を購入したことが話題となり、一気に70円台まで上昇。

2015年にZaifに上場、2017年にbitFlyerで上場されると、一気に500円台ヘと高騰しました。

モナコイン(モナーコイン)のチャート

モナコインのチャート


モナコイン(モナーコイン)のチャートを見ていきましょう。

モナコイン(モナーコイン)は、

  • 買:1,205.210円
  • 売:1,063.355円

で取引されています。

※Bitflyer 2018年1月4日 16:47現在価格

FX(外国為替商取引)をおこなったことがある人ならピンとくるでしょうが、スプレット(売り買いの価格差)が非常に大きいのが特徴です。

モナコイン(モナーコイン)の将来性を考えると、

  • 日本国内でのみとなりますが、コミケや秋葉原の店舗などで実決済可能
  • 海外の取引所での上場は数件ほど
  • Bitcoinやイーサリアムと比べると、時価総額がまだまだ小さい

など、まだまだ伸びシロがあることが分かります。

加えて、事業開始約1ヶ月間で、グローバル取引量トップ10に入った事で注目を集めている取引所・バイナンス(Binance)などでの取り扱いが始まれば、一気に取引量が拡大してくることも想定されます。

2017年12月には2,200円を越える価格を付けたモナコイン(モナーコイン)。足元では1,200円近辺まで下落してきています。

仮想通貨なので株や法定通貨のような価値の裏付けはありません。しかしながら、そうしたリスクを想定した上で、このように安い所で拾って長い目で保有してみるのも良いかもしれませんね。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

鉄道関連銘柄へ物色期待!「鉄道技術展2017」出展企業のEIZO<6737>に注目
来年勝ちたい投資家は必見!今後、必ずや焦点となるであろう防衛関連銘柄を深掘り特集
に注目" target="_self">
"国策"5G関連の出遅れ銘柄・ネクストジェン<3842>に注目
3分でわかる、FOMCと利上げの影響を徹底解説!米国の利上げで好影響を受ける日本株は?
AI搭載スマートスピーカー関連銘柄に加え、AR関連銘柄としての側面も持ち合わせるチェンジ<3962>
半導体製造装置関連銘柄の中から株価上昇期待が高い平田機工<6258>に注目
世界情勢が不安定な時は「内需株」!東洋水産<2875>に注目
今後の循環物色を先取りしたいAI関連銘柄のシグマクシス<6088>
小売業の現場を救う、ICタグ関連銘柄を深掘り特集
仮想通貨関連銘柄、ビットコイン(Bitcoin)関連銘柄が注目される際にいち早い急騰を見せるリミックスポイント<3825>を深掘り特集
フィンテック関連銘柄を深掘り特集
グループは急成長、個人投資家の人気を集めるRIZAP関連銘柄を深掘り特集
クロマグロ、カンパチの完全養殖を武器に海外展開を加速するマルハニチロ<1333>に注目
高進捗で業績の上方修正期待が高い錢高組<1811>に注目
連続最高益で高配当、テクニカル的にも上場来高値更新が現実味を増してきている20万円以下の優良株
サブコンテンツ

このページの先頭へ