往年の仕手銘柄が上昇基調を継続、割安感から長期的な資金流入が続くルック<8029>を深掘り特集

古くから相場に関わっている関係者や個人投資家の方々であれば、ルック<8029>と聞くと懐かしく感じるのではないでしょうか?

2002年6月には200円台だったルック<8029>の株価が、2003年7月には2,160円の高値まで上昇。兜町の風雲児と呼ばれた加藤暠氏が仕手戦を仕掛けていると噂され、次々と投機資金が流入。1年間で10倍の急騰劇を演じました

本日は、2016年の夏以降、堅調な株価上昇を見せているルック<8029>を深掘り特集していきたいと思います。

この記事の目次

この記事の目次となります。



スポンサード リンク

最新の注目3銘柄を無料公開中!!

直近実績、【3825】→5倍、【3667】→1.8倍!次に来る銘柄も公開中!

ルック<8029>の企業情報



ルック<8029>とは?

ルック<8029>はスキャパなどの婦人服の製造・販売を主力として営むアパレル企業となります。

これまでは百貨店向けを主力としていましたが、近年では北欧生活雑貨店や皮革雑貨店など直営店にも力を入れています。

2010年にはA.P.C.を完全子会社化。海外も韓国、上海に進出。キースやレニボンなどのブランドを展開しています。

ルック<8029>の会社概要

チャート画像
市場 東証1部
貸借 貸借銘柄
業種 繊維
本社所在地 〒153-8638 東京都目黒区中目黒2-7-7
上場年月日 1981年9月16日
単元株数 1,000株
スポンサード リンク

連続S高達成!9営業日で株価4倍!

株-1グランプリ優勝者も助言する「次の急騰期待銘柄」を無料配信中!

ルック<8029>の株主配当と株主優待情報



株主優待情報

決算 12月末日
権利確定月 12月末日
対象株主 毎年12月末日現在の株主名簿に記載された、株式1単元(1,000株)以上を保有する株主を対象に年1回実施。(2017年7月20日現在)
1,000株以上 オンラインショップ『LOOK@E-SHOP』で利用可能な、2,000円分の商品購入割引券
2,000株以上 オンラインショップ『LOOK@E-SHOP』で利用可能な、4,000円分の商品購入割引券

株主配当情報

権利確定月 12月
対象株主 毎年12月末日現在の株主名簿に記載された、株式1単元(1,000株)以上を保有する株主を対象に年1回実施。(2017年7月20日現在)
株主配当金 5円(17年12月期予想)
配当利回り 1.77%(2017年7月19日の終値で計算)
実質配当利回り(配当金+株主優待) 2.47%(2017年7月19日の終値で計算)
スポンサード リンク

いま注目すべき※※関連銘柄

次に"循環物色"が入る、急騰必至の有望セクターは※※関連銘柄!

ルック<8029>のファンダメンタルズ分析

ルック<8029>


ルック<8029>の主要指標

主要指標
予想PER (連)16.03倍
実績PBR (連)0.56倍
ROE 1.3%
業績推移
売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株利益 1株配当
連結14.12 45,559 1,177 1,623 1,262 33.1 3
連結15.12 46,002 516 660 441 11.6 3
連結16.12 42,624 826 964 256 6.7 5
連結17.12(予) 43,500 900 1,000 700 183 5

※2017年7月20日時点

ルック<8029>のネットネット指数

割安な銘柄を探し出す指数として使わるれこともあるネットネット指数。

ルック<8029>のネットネット指数は、3.11(2017年8月18日終値で計算)となっています。

スポンサード リンク

相場の福の神・藤本誠之

「ココだけの話、噂の※※を教えまっせ〜」先行配信!

ルック<8029>のチャート分析

ルック<8029>の日足チャート


ルック<8029>の現在株価は、348円(2017年8月18日終値)となっています。

日足で考えるルック<8029>の短期売買シナリオ

ルック<8029>の日足チャート(1年分)を見てみると、

  • 2016年9月1日の安値 133円
  • 2016年11月9日の安値 145円

を結んだラインが下値支持線として機能しています。

チャートを見て分かる通り下値は切り上がっており、ここ3ヶ月間の推移は非常に大きな上昇となってきているのが見て取れます。

定期的に現れる押し目の際にも、教科書通り上値抵抗線をブレイクしてきた段階で株価は上昇

短期的なトレードを行う場合には、次の押し目を待って、上値抵抗線をブレイクしてきたタイミングでエントリーしていくのがベストな戦略でしょう。

短期売買エントリーポイント:次の押し目の後、短期的な上値抵抗線をブレイクしてきた所でエントリー

週足で考えるルック<8029>の中長期売買シナリオ

ルック<8029>の月足チャート


ルック<8029>の月足チャート(20年分)を見てみると、

  • 2003年7月の高値 2,160円
  • 2012年8月の高値 819円

を結んだラインが上値抵抗線として存在しています。

一方の下値を見てみると、

  • 2011年3月の安値 60円
  • 2016年6月の安値 120円

を結んだラインが下値支持線として意識して良いでしょう。

持ち合い状態を形成しており、2017年2月には上値抵抗線をブレイクしたと見ることも出来ますが、2003年の相場は業績面というよりも需給面が先行した株価上昇という事を考えると、判断が難しいところです。

フィボナッチ指数で見てみると、

  • 2012年8月の高値 819円
  • 2016年6月の安値 120円

となり、その値幅は699円。

  • 61.8%戻しの水準:552円
  • 50.0%戻しの水準:470円
  • 38.2%戻しの水準:387円
  • 23.6%戻しの水準:285円

となり、次の節目水準は387円近辺と考えることが出来ます。

株価は足元で60ヶ月移動平均線をブレイクしてきていることからも、長期目線での投資を考える場合には、短期的な押し目で買いを入れて様子を見ていくのが良いかもしれません

中長期売買エントリーポイント:短期的な押し目でエントリー

スポンサード リンク

【株】速報3銘柄を配信中

注目トレンド3銘柄から急騰予報【無料】登録後の銘柄情報に大注目

ルック<8029>の総合評価

※2017年7月20日段階

主力の婦人服ブランドに経営資源を集中させたことにより、経営環境は上向きに転じてきていると言えるでしょう。

2016年4月から展開中の新ブランド『デンハム』が好調な滑り出しとなっていることに加え、韓国や香港などの海外事業も伸びてきています。加えて、EC事業もシステム刷新効果が現れ始め、売上比率目標の10%に向け順調に売上が積み上がってきている状態。実店舗とECとの共通ポイントの会員数も純増と明るい兆しが出始めてきています。

18年1月には持ち株会社へ移行予定で、今後は更に経営の意思決定を早めていく計画があります。

業績面を見ても、

  • 16年12月期:営業利益60%
  • 17年12月期:増益予想

と伸びています。PBRは1倍を切っており、長期投資のタイミングとしても非常に良いタイミングだと言えるかもしれませんね。

ルック<8029>に関しては、実は無料で毎日配信している『元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン』で、6月22日、7月3日と重ねて配信・注目しておりました。

ルック<8029>の様に今後注目されるであろう個別銘柄を、メールマガジンで先行配信する事もありますので、気になる方はメールマガジンにご登録頂けますと幸いです。

メルマガ購読・解除
 



その他、市場で注目される”要注目のテーマ株”は?

株式投資、特に比較的短期間で大きく利益を上げていく為には、市場で注目されはじめた株をいかに早めに仕込むか、がポイントとなってきます。いわゆる、『初動に乗る』というやつですね。

そうした銘柄の初動に乗る為には、常にアンテナを張り巡らせて”いち早く情報”を手に入れる必要があります。

話題性が高く物色の対象となりそうな銘柄の情報は、やはり投資顧問が配信する情報や、実績のある個人投資家の人の発信する情報を参考にすると良いかと思います。

私自身も、こうした特徴のあるメールマガジンにGメールアドレスを作成して登録日々の情報収集先の一つとしても活用しています。

▶株プロフェットの無料メルマガ

日経CNBCなど、様々な投資情報番組でおなじみの相場の福の神・藤本誠之氏が執筆する、株プロフェットだけでしか読むことのできない、藤本誠之の「ココだけの話教えまっせー」が大人気なのが株プロフェット。

藤本誠之氏のコラムはもちろん無料で読むことができます。

このコラムを読むためだけに、無料メルマガ登録している方も居るのでは?

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株エヴァンジェリストの無料メルマガ

夕刊フジの人気企画、株-1グランプリのグランドチャンピオン大会でも優勝経験を持つ向後はるみ氏が株式投資に関するアドバイスを手がけるのが、株エヴァンジェリストです。

向後はるみ氏は、ラジオ日経や各種投資雑誌などでも幅広く活躍。投資の女神の異名を持つほど、株式投資業界では一目置かれた存在です。

株エヴァンジェリストの特徴として、市場のテーマ性人気度に加え、値動きの軽さなど個人投資家にとって嬉しい条件で分析してくれる銘柄に注目している印象を持ちます。

様々な評価サイトを見ても提供銘柄のパフォーマンスは頭一つ抜けており、今後も情報収集先としては注目している投資情報サイトのひとつとなります。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガ

利益が出なければ顧問料は一切不要の”成功報酬”で、30年間投資顧問として実績を積み重ねている橋本明男氏と、上場企業の取締役やM&Aのアドバイザーなどを歴任している堀篤氏が所属するのが、ミリオンストック投資顧問です。

橋本罫線考案者の橋本氏と、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤氏は、Yahoo!ファイナンスの教えて達人でも活躍中

そんなミリオンストック投資顧問が”厳選した急騰期待が高い銘柄情報を、毎日配信してくれる無料メールマガジンは非常に熱い情報が満載。橋本氏のコラム『わしの罫線』も非常に読み応えがあります。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株トレード投資顧問の無料メルマガ

山丸証券や極東証券などを渡り歩いた筋金入りの敏腕ディーラー伊東聡氏を中心に、業界の隅々まで人脈を形成しているカブ知恵代表の藤井英敏氏、国際テクニカルアナリスト連盟のテクニカルアナリストであり、フィナンシャルプランナーでもある横山利香氏などが情報を提供するのが、株トレード投資顧問です。

株トレード投資顧問は、当サイトでも取り上げているロボット関連銘柄人工知能関連銘柄自動運転関連銘柄などのテーマ株を徹底的に網羅しており、市場で話題となるテーマ株に関して、即情報を提供してくれるのが強みといえるでしょう。

今なら無料メルマガ登録で有望な3銘柄を提供中。今後もウォッチしていきたい情報源ですね。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株マイスターの無料メールマガジン

顧客第一主義を掲げる小野山功氏や、材料やテーマ株に強い”攻める投資”をテーマに連載する本村健氏のコラムを無料で掲載しているのが、株マイスターです。

老舗の投資顧問らしく会員の目線にたったサービスを展開しており、タイムリーな情報も惜しみなく公開中。カーディナル<7855>やサイバーS<3810>など、提供後1ヶ月程度で急騰劇を見せるパンチの効いた銘柄を提供しており、非常に良いタイミングで注目銘柄を推奨しているな、という印象です。

無料メルマガ登録で最新の注目3銘柄を無料公開しているので、必ずチェックしておきたいですね。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガ

ラジオ日経などを中心にメディアへの出演も多い清水洋介氏、元文部省で記者クラブのメンバーの山根亜希子氏と、業界に通じる2人の著名人が鋭い視点から市場を分析してくれるのがトリプルエー投資顧問です。

相場レポートなどは私も参考にしており、非常に的確な分析力を持っていると言う印象。

全体相場の流れから株式市場で話題の個別銘柄まで幅広くサポートしてくれるトリプルエー投資顧問の無料メルマガでは、所属する専属アナリストが厳選した旬な無料銘柄情報も受け取れます。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

次に狙うべき決算発表間近の銘柄候補は、TOKAIホールディングス<3167>
景気回復も『人手が足りない』企業続出、人材関連銘柄を深掘り特集
今後の循環物色を先取りしたいAI関連銘柄のシグマクシス<6088>
変化するインバウンド需要!今後見直されるであろうインバウンド関連銘柄を深堀特集
産業化に向けて政府の後押しが加わった人工知能関連銘柄を深堀特集
東京オリンピックに向けて需要が高まりつつある、民泊関連銘柄を深掘り特集
AI搭載スマートスピーカー関連銘柄に加え、AR関連銘柄としての側面も持ち合わせるチェンジ<3962>
NASAから重大発表!宇宙開発関連銘柄を深堀特集
出遅れビットコイン(Bitcoin) 関連銘柄として、このタイミングで注目したいメタップス<6172>
VR(バーチャルリアリティー)関連銘柄を深掘り特集
思惑の表面化で『祭り化』する可能性が非常に高いと考えている"あの企業"
中期のトレーダーは必ず抑えておきたい、まだまだ仕込み余地大の原油関連銘柄を深堀特集
短期視点で考える個別株。急騰期待が持てる3銘柄をピックアップ
順調に再生への道を歩み始めたシャープ<6753>、今後2週間程度は値動きに要注目
終わり良ければ全て良し。4つの材料で振り返る2016年相場

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ