【最新版】主要仮想通貨の格付け情報〜ワイスレーティング社が提供〜

※2018年1月24日に公開した記事ですが、必要な情報屋文言等を追記して2018年1月25日に再度公開しました。

2017年末の急激な価格上昇、年明けの暴落。昨年末から仮想通貨界隈では日々様々な情報が動き、目まぐるしく変化する仮想通貨の価格に一喜一憂している個人投資家の方も多いかもしれません。

そんな中、米国の独立系格付け機関が、仮想通貨の格付けをスタートさせるという報道が入ってきました。

スポンサード リンク

今月の注目株情報が見逃せない!

向後はるみ擁する株エヴァンジェリストが相場を勝ち抜くテーマ性の有望株‎を伝授!

この記事の目次

 この記事の目次となります。



主要仮想通貨を格付けする、Weiss Ratings社とは?

独立性と信頼性も高い独立系格付機関

仮想通貨


仮想通貨の格付けを行うと発表したのは、Weiss Ratings(ワイスレーティング)社

Weiss Ratings社は日頃から金融機関、保険会社などの財務力格付けや、投資対象の格付けを行っており、格付けを行った企業数・投資商品数は55,000以上と公表されています。

格付け機関というと、ムーディーズやS&Pのサービスを連想する個人投資家の方もいらっしゃるかと思いますが、2社とWeiss Ratings社の間では決定的に異なるポイントがあります。

独立系格付機関の企業であるWeiss Ratings社は、評価対象の企業や投資商品からは一切格付け報酬を受け取っていません

リーマンショックの原因は、信頼性の低いサブプライム・ローンを証券化して組成したCDO(債務担保証券)。このCDOには、でたらめの高格付けがされていましたが、その高い格付けを提供していたのがムーディーズやS&P。

2社と比較すると、Weiss Ratings(ワイスレーティング)社がジャッチメントする格付けの独立性と信頼性を高く評価する声があるのもまた事実です。

スポンサード リンク

提供後200%以上の上昇銘柄多数!

相場の福の神・藤本誠之を擁する半歩先読み集団が狙う、次の”急騰””注目テーマ株”は?

なぜ仮想通貨の格付けが必要なのか?

Weiss Ratings(ワイスレーティング)


多くの仮想通貨が過大評価されており、暴落のリスクがある

これはWeiss Ratings社から発表された仮想通貨に関するコメントです。

現在、仮想通貨に関して世界各国の当局から規制を設ける発言が相次いでいます。

こうした背景には、大きなボラリティーを持つ仮想通貨の市場規模の膨張が進行しているが、投資家保護の面で法整備が立ち遅れているという状態を懸念しての指摘だと言えるでしょう。

ICOなどには初めから詐欺行為を念頭にICOを悪用するケースなどもみられます。仮に巨大な仮想通貨市場がクラッシュした際に、実経済へ多大な影響を及ぼしたら...そう考えると、公正な機関が格付けした情報は、今後の仮想通貨マーケットにはプラスの材料として捉えられると考えています。

スポンサード リンク

市場の動きをいち早く察知!

提供後、わずか"1ヶ月間”!【6541】グレイステクノロジーで+70.79%の実績を叩き出した有望情報筋が狙う次の※※銘柄!

格付け情報 仮想通貨一覧

仮想通貨の格付け


今回格付けされた仮想通貨は、以下の仮想通貨です。

評価のグレード

  • A =優れ
  • B =良いです
  • C =フェア
  • D =弱いです
  • E =非常に弱いです

プラスまたはマイナス記号は、それぞれ、等級範囲の上部3分の1以下で三分の一を示します。

A・Bは投資適格。

Cは悲観する必要まではなく、合格点に値する。

DとEは投資対象としては的確ではないという評価ですね。

2017年1月26日(金) 10:30現在

AEON C
ARK C+
XAS C
AUR D+
BTC C+
BCH C-
BTG D+
BTS C+
BLK C
BLOCK C
BURST C
GBYTE C+
BCN C
ADA B-
CLOAK C-
XCP C
DASH C+
DCR C+
DGB C-
XDN C-
DOGE C
EMC2 D+
ETN C-
EOS B
ETH B
ETC C
EXP D
FTC C-
GAME D+
NLG D+
IOC C+
KMD C
LSK C
LTC C+
GUP D
MEC D+
ETP D+
XMR C
NMC C-
NAV C
NEBL C
XEM C+
NEO B-
NXS C
NVC D
NXT C
PPC C
PIVX C
POT D
PURA D+
OTUM C
ORK D
XRB C
RDD C-
XRP C
RISK D
SLS D
SHIFT C
SKY C-
SMART C
STEEM B-
XLM C
STRAT C
SYS C
UBQ C-
XVG C
VTC C
VIA C-
WAVES C
XWC C-
XBY C
ZEC C
XZC C
ZEN C-
スポンサード リンク

投資顧問厳選の急騰狙い注目3銘柄!

今注目するべき”価値"ある株式投資銘柄情報をリアルタイム配信!急騰期待銘柄多数!!

仮想通貨市場のさらなる拡大

最近では、FXトレーダーのみならず、株式トレーダーも続々と参加する仮想通貨トレード。

大学生などの若年層も参加しつつあり、今後の仮想通貨マーケットの健全な発展を考えると、客観的な格付け指標の登場は好感をもって迎え入れられるはずです。

後は、格付けの根拠や判断ラインなど透明に公開されればと思う次第ではありますが、まずは日本時間今夜に発表されるだろう内容を、興味深く待つばかりです。

Weiss Ratings 仮想通貨格付けサイト

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

「マテリアルズ・インフォマティクス」を電池材料開発に活用する富士通<6702>に注目
上値抵抗線をブレイク、好業績を発表したSECカーボン【5304】に注目
連続増益・連続増配に加え、高い実質利回りを誇るすかいらーく<3197>を深掘り特集
株価底打ち反転、がん治療を主軸とするオンコリスバイオファーマ<4588>
買い物難民を救う、流通コングロマリットの巨人・セブン&アイHD<3382>を深掘り特集
今後の成長分野に設備転用!セルロースナノファイバーを手掛ける王子ホールディングス<3861>に注目
次の事業展開に先見の明あり!IT技術者育成に加速する夢テクノロジー<2458>を深掘り特集
ドローン関連銘柄を深掘り特集
2月6日(火曜日)、仮想通貨のトレード戦略(ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、リップル(XRP))
1月22日(月曜日)、今週のイーサリアム(Ethereum)トレード戦略
次世代の国産エネルギーの最右翼、メタンハイドレート関連銘柄を深堀特集
事業好調で最高益、青天井相場に発展する可能性の高い低位株とは?
世界中の企業が熾烈な争奪戦を繰り広げる、水資源関連銘柄を深掘り特集
国策に売りなし。夢真ホールディングス<2362>
人材派遣関連で、目先の上値抵抗線をブレイクしたパソナグループ<2168>に注目
サブコンテンツ

このページの先頭へ