中期のトレーダーは必ず抑えておきたい、まだまだ仕込み余地大の原油関連銘柄を深堀特集

石油コンビナート


11月30日、OPECは総会で、予想に反して8年ぶりの減産に最終合意しました。

世界各国の政界・産業界の関係者はこの動きに注目しており、マーケットでは原油価格を大きく押し上げる事になるだろうと原油関連銘柄が動き始めています。

冴えない値動きであったWTI原油先物価格は上昇を続け、今まで原油安から割安感が目立っていた原油関連銘柄も、中期的に投資の対象となっていくでしょう。

こうした状況からも、今回は原油関連銘柄を深堀解説していこうと思います。

この記事の目次

 この記事の目次となります。



知っておいて損はない!WTI原油先物価格とは?

タンカー


WTI原油先物価格とは、原油の商品先物取引のことを指します。

WTIはウエスト・テキサス・インターミディエートの略で、西テキサス地方で産出される硫黄分が少なくガソリンを多く取り出せる高品質な原油のことを指します。そのWTIの先物がニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されています。

このWTI原油先物価格が、世界の原油取引の重要な指数として取り扱われています。

WTI原油先物価格と原油関連銘柄の連動性

日経平均に採用されるような大型株に投資をするのであれば、日経平均株価や日経先物、そして為替の動きまで見なければトレードなど出来ません。

それと同じように、原油関連銘柄の投資をするのであれば、WTI原油先物価格は非常に重要な指数になります。

では、原油価格は安い方が良いのでしょうか?それとも、高い方が良いのでしょうか?

例えば、個人の生活レベルで物事を考えた時、原油価格が下がった方がありがたいと考える方は多いはずです。ガソリンや暖房に使う灯油、電気代、衣料品や様々な生活物資の価格に反映されるので、原油価格は高いよりも安いに越したことはありませんね。

しかしながら、原油を取り扱う企業で考えれば、原油の消費量が変わらないのに原油価格だけが下がってしまうと、大きなマイナスとして業績に関わってきてしまいます。

WTI原油先物価格が上昇した場合、比例して原油関連銘柄の株価も上昇していく傾向にあると言うことを、まずは頭に入れておきましょう。

減産合意と原油関連銘柄の連動性

タンクローリー


減産合意と原油関連銘柄の連動性を知る前にOPEC減産、この2つの意味を解説していきます。

OPECとは?

減産の話が出てかららOPECという単語が目につくようになりました。

原油に関係のある機構というのだけ理解しておけば問題ないのですが、もう少し詳しく解説すると、OPECとはOrganization of the Petroleum Exporting Countries=石油輸出国機構の事を指します。

OPECは国際石油資本などから石油産出国の利益を守ることを目的として、1960年9月14日に石油輸出国によって結成、設立された組織です。

現在では14ヶ国が加盟していますが、加盟国すべてを含めれば世界の原油生産量の半分を占める、いわば石油供給の鍵を握る存在とも言えるでしょう。

OPECによる原油の減産の意図

今回の焦点になっている減産とは、世界での原油の生産量を減らすという事です。

総会での合意は、OPEC加盟国全体の生産量の上限を、1日あたり3,250万バレルにするというもの。ロシアなどOPEC非加盟国もこれに応え、来年1月から大幅な減産に貢献することに合意しています。

減産を実施することにより原油価格の下落に歯止めをかけ、価格上昇させることが狙いにあることは読者の皆様もおわかりのことかと思います。

減産により原油の希少価値が高まるため、原油の価格が上がり、産油国の収支も増加する。減産による原油価格の上昇の真の狙いは、産油国の経済の立て直しにほかなりません。

原油の中期展望

給油


現状では先高観からWTI原油先物が上昇していますが、実際に減産が始まるのは来年の1月からです。

原油価格の上昇を見込んで、原油先物及び原油関連銘柄は大幅な上昇を遂げていることから、減産による経済的恩恵は織り込み済みであると考える投資家もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、先程解説した通り、減産の狙いは産油国の経済状態の立て直しにあります。長期的に原油価格をコントロールし、原油価格をある一定水準以上に維持し続けていかなければ産油国の経済状態も改善されていくとは言い難いのが現実です。

こうした背景からも、原油価格は中長期的に右肩上がりの推移を辿っていくと予想されますし、原油関連銘柄への恩恵も、中長期的に波及していくものと考えられます。

原油関連銘柄

原油関連銘柄を探す際に抑えておきたいところは割安感

長らく原油安により割安のまま放置されていた銘柄が多く、割安放置の根源である原油安が改善されるとなれば、割安解消という結果に結びつきます。

ということで、今回は原油関連銘柄の中でも割安な3銘柄をピックアップしてみました。

富士石油<5017>

チャート画像

原油精製販売企業。

今期は黒字転換するも、まだまだ割安水準。原油関連銘柄の中で最も注目する銘柄です。

PER 3.35倍、PBR 0.68倍

出光興業<5019>

チャート画像

石油精製元売り大手企業。

今期は黒字転換。直近では、韓国における100%子会社の出光電子材料韓国(京畿道坡州市)の有機EL材料製造装置の生産能力を増強するなど、有機EL事業も積極化。

PER 7.22倍、PBR 1.05倍

JXホールディングス<5020>

チャート画像

原油元売りの最大手企業。証券と言えば野村というように、石油と言えばJXです。

今期は黒字転換。しかし17年3月期第2四半期累計(4-9月)は下方修正を発表。

PER 12.51倍、PBR 0.89倍

その他の原油関連銘柄一覧

  • 国際石開帝石<1605>
  • 海洋掘削<1606>
  • 石油資源<1662>
  • 双日<2768>
  • TOKAI<3167>
  • 昭和シェル<5002>
  • 東亜石<5008>
  • 富士興<5009>
  • 日精蝋<5010>
  • 東燃ゼネ<5012>
  • ユシロ<5013>
  • BPカストロ<5015>
  • MORESC<5018>
  • コスモHD<5021>
  • 高見沢<5283>
  • ダイヤ通商<7462>
  • サンリン<7486>
  • 日新商<7490>
  • サンオータス<7623>
  • カメイ<8037>
  • 三谷商<8066>
  • 三愛石<8097>
  • ミツウロコG<8131>
  • シナネンHD<8132>
  • エネクス<8133>
  • 上原成<8148>
  • 三谷産業<8285>

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

順調に再生への道を歩み始めたシャープ<6753>、今後2週間程度は値動きに要注目
3分でわかる、FOMCと利上げの影響を徹底解説!米国の利上げで好影響を受ける日本株は?
任天堂<7974>が連日の年初来高値更新、好調なNintendo Switchの恩恵を受けるあの銘柄
フィンテック関連銘柄を深掘り特集
出遅れビットコイン(Bitcoin) 関連銘柄として、このタイミングで注目したいメタップス<6172>
国策が絡む人材関連銘柄、最高益更新で大化け期待のUTグループ<2146>を深掘り特集
長期的スパンで投資していきたい、CYBERDYNE<7779>を深掘り特集
自動運転関連銘柄の本命がついに上場が決定!ZMP<7316>への投資戦略は?
店舗数は700を突破、増収増益を続けるライドオン・エクスプレス<6082>を深掘り特集
配信間近!スーパーマリオラン関連銘柄を深堀特集
ビットコイン(Bitcoin)関連銘柄、仮想通貨関連銘柄として改めて注目してみたいGMOインターネット<9449> を深掘り特集
5期連続の増収増益・過去最高益も市場では評価不足のアスラポート・ダイニング<3069>を深掘り特集
今後の循環物色を先取りしたいAI関連銘柄のシグマクシス<6088>
半導体製造装置関連銘柄の中から株価上昇期待が高い平田機工<6258>に注目
人材派遣関連で年初来高値を更新したウィルグループ<6089>に注目

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ