全固体電池関連銘柄に隠れた2次電池、マグネシウム電池関連銘柄の本命・古河電池<6937>に注目

※2018年、、元・投資顧問会社社長のチラシの裏というブログ名から、相場観察チラシの裏にブログ名を変更しました。心機一転、今後も何卒宜しくお願い致します。

本日の相場では、今後の要注目テーマである全固体電池関連銘柄の一翼を担う、古河機械金属<5715>の値動きを注視していました。

古河機械金属<5715>の日足チャートを見て頂ければ分かる通り、5日移動平均線を力強く上放れ、高値圏に浮上。大発会から上値を伸ばし続けています。

昨年、フランスやイギリスなどが将来的なガソリン車の販売中止を発表。世界的にもEV車シフトの流れが加速しています。こうした流れからもEV車の基幹部品である車載用二次電池の需要拡大を想定し、資金流入が続いているのではないかと考えられます。

そこで、本日は全固体電池以外に視野を広げ、二次電池関連銘柄の一角である古河電池<6937>に注目していきたいと思います。

スポンサード リンク

中小株特化サイトの決定版!

2017年も株価2倍超えの実績を複数持つ黒岩泰氏を招聘!2018年に上昇が期待できる新たなテーマ株を今すぐ無料配信!!

古河電池<6937>の基本情報



チャート画像

市場 ジャスダック
取引区分 信用
業種 電機
本社所在地 〒240-0006 横浜市保土ケ谷区星川2-4-1
上場年月日 1961年12月
予想PER (連)14.45倍
実績PBR (連) 1.85倍

今後は本格的な実用化に向けて全固体電池の研究開発が進んでいくと考えられています。その流れの中で、古河機械金属<5715>や日立造船<7004>、オハラ <5218>等の全固体電池関連銘柄の中心が、今以上に盛り上がってくることは安易に想定できるでしょう。

現在、電子機器などに搭載される二次電池の主力であるリチウムイオン電池は、軽量・小型化可能、かつ大容量の蓄電能力が売りです。しかしながら、2016年、韓国のサムスンが発売したAndroidスマートフォン『ギャラクシー』で発火事故が続出。リチウムイオン電池の設計段階や、製造工程に原因があったと報告されており、その安全性に疑問符がついています。

そもそも、リチウムイオン電池はエネルギー密度が高く、電解液が可燃性のため安全面ではリスクが低いとは言えませんでした

その為、EV車へ搭載する車載用二次電池にはリチウムイオン電池以外の非LiB(リチウムイオンバッテリー)として、ニッケル水素電池などが利用されてきました。もちろん、全固体電池に注目が集まり、様々な企業が研究を勧めるのも、現在の主流であるリチウムイオン電池とくらべて安全性の面からメリットがあることが大きな理由の一つとして挙げられます。

そこで、全固体電池と共に改めて注目したいのがマグネシウム電池です。マグネシウム電池はリチウムの代わりに価格が安いマグネシウムを利用。マグネシウムが酸素と化合する際に放つ電子を利用する形で電気を作り出します。

マグネシウム電池も、全固体電池と同様にまだまだ実用化段階には入っていませんが、改善が進んでおり、ホンダ<7267>や藤倉ゴム工業<5121>などが実用化への研究を急いでいます。

古河電池<6937>は、凸版印刷<7911>と組んで2014年に小型のマグネシウム電池を発売。世界初の紙製容器で出来ており、水を入れるだけで発電することが可能なマグネシウム空気電池等も発売しています。

スポンサード リンク

投資顧問厳選の急騰狙い注目3銘柄!

今注目するべき”価値"ある株式投資銘柄情報をリアルタイム配信!急騰期待銘柄多数!!

古河電池<6937>のチャート分析

古河電池<6937>の日足チャート


古河電池<6937>の日足チャートを見ていきましょう。2017年7月14日に大きく値を伸ばすと、この日を起点に中期での右肩上がりのチャートを形成しています。

  • 2017年7月14日の安値 792円
  • 2017年9月6日の安値 852円

を結んだラインが中期の下値支持線、

  • 2017年10月4日の高値 1,344円
  • 2017年12月21日の高値 1,214円

を結んだラインが上値抵抗線として、この2つのトレンドラインの間で持ち合い状態を煮詰めていた段階だといえるでしょう。

個人的には、もうひと波、ふた波、株価が上下しながら更に煮詰まって来るかなと考えていましたが、本日、全固体電池関連銘柄が物色されたことに引きつられる形で上値抵抗線をブレイクしてきました。

マグネシウム電池は上記でも記した通り、原材料が安価で資源も豊富にあること、リサイクル整備の面などでもメリットは大きいのではないかと思います。加えて、自然災害の多い日本では、非常時の電源確保手段としての用途でも可能性が広がります。

この様にEV関連以外の分野への応用も視野に入れると、全固体電池の影に隠れたマグネシウム電池関連銘柄の本命でもある古河電池<6937>は、非常に息の長い注目銘柄となるのではないかと考えています。

その他、市場で注目される”要注目のテーマ株”は?

株式投資、特に比較的短期間で大きく利益を上げていく為には、市場で注目されはじめた株をいかに早めに仕込むか、がポイントとなってきます。いわゆる、『初動に乗る』というやつですね。

そうした銘柄の初動に乗る為には、常にアンテナを張り巡らせて”いち早く情報”を手に入れる必要があります。

話題性が高く物色の対象となりそうな銘柄の情報は、やはり投資顧問が配信する情報や、実績のある個人投資家の人の発信する情報を参考にすると良いかと思います。

私自身も、こうした特徴のあるメールマガジンにGメールアドレスを作成して登録日々の情報収集先の一つとしても活用しています。

▶ジャパン・プライベート・エージェントの無料メルマガ

独自のテクニカル理論である「窓・壁・軸理論」を提唱し、短期のトレンドフォローを得意とするテクニカルアナリストの黒岩泰氏

経済誌や株式情報メディア、株-1グランプリなどでも相場動向や個別株に関するコメントや記事を執筆しており、個人投資家の方であればご存じの方も多いでしょう。

その黒岩氏を招聘し、黒岩氏が日々相場動向を相場情報を配信するのは、中小型株に特化した投資顧問JPA(ジャパン・プライベート・エージェント)。

無料メルマガ登録でプレゼントされる”注目のテーマ株”が、非常に高パフォーマンスを叩き出しています。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株プロフェットの無料メルマガ

日経CNBCなど、様々な投資情報番組でおなじみの相場の福の神・藤本誠之氏が執筆する、株プロフェットだけでしか読むことのできない、藤本誠之の「ココだけの話教えまっせー」が大人気なのが株プロフェット。

藤本誠之氏のコラムはもちろん無料で読むことができます。

このコラムを読むためだけに、無料メルマガ登録している方も居るのでは?

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株エヴァンジェリストの無料メルマガ

夕刊フジの人気企画、株-1グランプリのグランドチャンピオン大会でも優勝経験を持つ向後はるみ氏が株式投資に関するアドバイスを手がけるのが、株エヴァンジェリストです。

向後はるみ氏は、ラジオ日経や各種投資雑誌などでも幅広く活躍。投資の女神の異名を持つほど、株式投資業界では一目置かれた存在です。

株エヴァンジェリストの特徴として、市場のテーマ性人気度に加え、値動きの軽さなど個人投資家にとって嬉しい条件で分析してくれる銘柄に注目している印象を持ちます。

様々な評価サイトを見ても提供銘柄のパフォーマンスは頭一つ抜けており、今後も情報収集先としては注目している投資情報サイトのひとつとなります。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガ

利益が出なければ顧問料は一切不要の”成功報酬”で、30年間投資顧問として実績を積み重ねている橋本明男氏と、上場企業の取締役やM&Aのアドバイザーなどを歴任している堀篤氏が所属するのが、ミリオンストック投資顧問です。

橋本罫線考案者の橋本氏と、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤氏は、Yahoo!ファイナンスの教えて達人でも活躍中

そんなミリオンストック投資顧問が”厳選した急騰期待が高い銘柄情報を、毎日配信してくれる無料メールマガジンは非常に熱い情報が満載。橋本氏のコラム『わしの罫線』も非常に読み応えがあります。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株トレード投資顧問の無料メルマガ

山丸証券や極東証券などを渡り歩いた筋金入りの敏腕ディーラー伊東聡氏を中心に、業界の隅々まで人脈を形成しているカブ知恵代表の藤井英敏氏、国際テクニカルアナリスト連盟のテクニカルアナリストであり、フィナンシャルプランナーでもある横山利香氏などが情報を提供するのが、株トレード投資顧問です。

株トレード投資顧問は、当サイトでも取り上げているロボット関連銘柄人工知能関連銘柄自動運転関連銘柄などのテーマ株を徹底的に網羅しており、市場で話題となるテーマ株に関して、即情報を提供してくれるのが強みといえるでしょう。

今なら無料メルマガ登録で有望な3銘柄を提供中。今後もウォッチしていきたい情報源ですね。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株マイスターの無料メールマガジン

顧客第一主義を掲げる小野山功氏や、材料やテーマ株に強い”攻める投資”をテーマに連載する本村健氏のコラムを無料で掲載しているのが、株マイスターです。

老舗の投資顧問らしく会員の目線にたったサービスを展開しており、タイムリーな情報も惜しみなく公開中。カーディナル<7855>やサイバーS<3810>など、提供後1ヶ月程度で急騰劇を見せるパンチの効いた銘柄を提供しており、非常に良いタイミングで注目銘柄を推奨しているな、という印象です。

無料メルマガ登録で最新の注目3銘柄を無料公開しているので、必ずチェックしておきたいですね。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガ

ラジオ日経などを中心にメディアへの出演も多い清水洋介氏、元文部省で記者クラブのメンバーの山根亜希子氏と、業界に通じる2人の著名人が鋭い視点から市場を分析してくれるのがトリプルエー投資顧問です。

相場レポートなどは私も参考にしており、非常に的確な分析力を持っていると言う印象。

全体相場の流れから株式市場で話題の個別銘柄まで幅広くサポートしてくれるトリプルエー投資顧問の無料メルマガでは、所属する専属アナリストが厳選した旬な無料銘柄情報も受け取れます。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

任天堂<7974>が連日の年初来高値更新、好調なNintendo Switchの恩恵を受けるあの銘柄
1月22日(月曜日)、今週のイーサリアム(Ethereum)トレード戦略
仮想通貨関連銘柄、ビットコイン(Bitcoin)関連銘柄が注目される際にいち早い急騰を見せるリミックスポイント<3825>を深掘り特集
ドローン関連銘柄を深掘り特集
東証1部昇格期待度が高い、東証2部銘柄のグリーンズ<6547>に注目
ビットコイン(Bitcoin)関連銘柄、仮想通貨関連銘柄として改めて注目してみたいGMOインターネット<9449> を深掘り特集
冬場は必ずチェックしておきたい、鳥インフルエンザ関連銘柄を深掘り特集
住宅宿泊事業法(民泊新法)に沿った住宅宿泊仲介業者として民泊関連ビジネスに参入するLifull<2120>に注目
6期連続増配を目指すジーフット<2686>を深掘り特集
クロマグロ、カンパチの完全養殖を武器に海外展開を加速するマルハニチロ<1333>に注目
次世代無線通信システム、5Gとは?関連銘柄の構造計画研究所<4748>に注目
業績改善傾向が明確になってきた常磐興産<9675>を深掘り特集
長期視点で考える"今投資する銘柄"とは?
徹底した効率的なオペレーションを追求し続ける、吉野家HD<9861>を深掘り特集
日米中で車載電池増産へ!リチウムイオン電池関連のパナソニック<6752>に注目
サブコンテンツ

このページの先頭へ