次の事業展開に先見の明あり!IT技術者育成に加速する夢テクノロジー<2458>を深掘り特集

本日は引き続き仮想通貨関連銘柄、ビットコイン(Bitcoin)関連銘柄が市場で物色されましたが、今後、国策として推進されてくる人材関連銘柄に関しても改めて研究しておきたいところです。

昨日(24日)は、リクルートHD<6098>やパソナグループ<2168>などの人材関連銘柄に物色が入りました。

安倍首相が、26〜27日にイタリアで開催される主要国首脳会議で『人材投資』に重点を置く方針を表明すると伝わったのがきっかけとなります。

また、日経新聞の報道によると、有効求人倍率が80年代後半から90年代初頭にかけてのバブル期並の高水準に到達している事、ロシアゲート問題で揺れ動くアメリカの政権や海外環境に業績が左右されにくいという思惑から買われた面も考えられるとのこと。

確かに、飲食業や小売業で声が上がっていた人手不足問題ですが、この所、他の業種・業界でも人不足が騒がれ始めています。

ということで、改めて人材関連銘柄をザッピングして目に止まった、非常に興味深いチャート形状となっている夢テクノロジー<2458>を深掘り特集していきたいと思います。

この記事の目次

この記事の目次となります。



スポンサード リンク

目を見張る連日の上昇銘柄!

12/6提供 <3782>ディー・ディー・エス、「本日S高」提供から3営業日で24.51%上昇!次に急騰が期待出来る銘柄【※※※※】は!?

夢テクノロジー<2458>の会社情報

夢テクノロジー<2458>


夢テクノロジー<2458>とは?

夢テクノロジー<2458>は夢真HD<2362>の子会社で、電機や自動車系の技術者派遣事業を主力としています。

2002年にはフルキャスト<4848>の傘下に入り、同業他社の買収により業容を拡大するも、フルキャスト<4848>が業務改善命令にて再建を余儀なくされると、夢真HD<2362>がTOBにて子会社化したという経緯があります。

17年9月期も折り返し地点を迎えた夢テクノロジー<2458>ですが、前期に拠点数を増加させるなどの施策を取ったことで、自動車や電機・半導体向けが好調な進捗を見せています。加えて、今後、人手不足感がより高まってくるIT業界向けの技術者派遣を次の柱とすべく、人材採用から教育体制まで刷新し、積極的な攻勢をかけていく目論見です。

今後、人工知能(AI)関連フィンテック関連IoT関連自動運転関連などといった分野が拡張していくことで、IT関連技術者の不足問題は明らかに重要な課題として取り上げられてくるでしょう。

夢テクノロジー<2458>によるIT人材の需要に関する推測試算によると、2020年には37万人のIT技術者の人手不足、2030年には79万人のIT技術者の人手不足の状況が発生すると予測されています。

こうした需要を先取りする形で、技術者の採用と教育に力を入れていく先見性は、非常に好感が持てますね。

夢テクノロジー<2458>の企業情報

市場 東証ジャスダック
区分 信用銘柄
業種 サービス
連結事業 エンジニアアウトソーシング87(7)、N&Sソリューション13(8)(2016.9)
本社所在地 〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビルディング
上場年月日 2005年10月21日
スポンサード リンク

投資顧問厳選の急騰狙い注目3銘柄!

今注目するべき”価値"ある株式投資銘柄情報をリアルタイム配信!急騰期待銘柄多数!!

夢テクノロジー<2458>の株主配当と株主優待情報

夢テクノロジー<2458>のITエンジニア採用サイト


株主優待情報

株主優待情報
決算 9月末日
権利確定月 9月末日
単元株数 100株
対象株主 無し。
100株以上 無し。

株主配当情報

株主配当情報
権利確定月 3月末日、9月末日
単元株数 100株
対象株主 毎年9月末日、3月末日の株主名簿に記載された、株式1単元(100株)以上を保有する株主を対象に年2回実施
配当金 40〜60円(100株で4,000〜6,000円)※17年9月期通期予想
配当利回り 8.16%
実質配当利回り(配当金+株主優待) 8.16%
スポンサード リンク

提供後200%以上の上昇銘柄多数!

相場の福の神・藤本誠之を擁する半歩先読み集団が狙う、次の”急騰””注目テーマ株”は?

通期の配当額で考えると、株価に対しての株主配当は高いですね。インカムゲイン狙いのユーザーにとっては非常に魅力的な銘柄と言えるでしょう。

夢テクノロジー<2458>のファンダメンタルズ分析

夢テクノロジー<2458>の会社四季報


夢テクノロジー<2458>の主要指標

主要指標
予想PER (単)76.56倍
実績PBR (単)3.42倍
ROE 19.1%
業績推移
売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株利益 1株配当
連結14.9 3,839 350 351 357 62.5 40
連結15.9 4,772 476 492 201 35.3 40
連結16.9 5,805 433 469 405 69.2 40
連結17.9(予) 7,800 600 600 370 59.1 40〜60
連結18.9(予) 10,200 700 700 430 68.7 40〜70

※2017年5月25日時点、会社四季報参照

夢テクノロジー<2458>のネットネット指数

割安な銘柄を探し出す指数として使わるれこともあるネットネット指数。

夢テクノロジー<2458>のネットネット指数は、13.85(2017年12月15日終値で計算)となっています。

5月2日には、『業績予想の修正並びに新中期経営計画の上方修正に関するお知らせ』として、今期の予想売上高の上方修正を発表しました。営業利益、経常利益共に下方修正となったために5月2日以降の株価は軟調な展開となっていますが、利益の減少分はあくまでもIT関連の人材の積極採用に伴う求人費用の増加と、研修費用の増加となります。

今後の先行投資と考えれば、充分に許容範囲内の数字ではないでしょうか?

スポンサード リンク

市場の動きをいち早く察知!

提供後、わずか"1ヶ月間”!【6541】グレイステクノロジーで+70.79%の実績を叩き出した有望情報筋が狙う次の※※銘柄!

夢テクノロジー<2458>のチャート分析

チャート画像

夢テクノロジー<2458>の現在株価は、914円(2017年12月15日終値)となっています。

日足で考える夢テクノロジー<2458>の短期売買シナリオ

夢テクノロジー<2458>の日足チャート


夢テクノロジー<2458>の日足チャートを見てみると、

  • 2017年3月7日の高値1,113円
  • 2017年5月2日の高値808円

を結んだラインが上値抵抗線となっています。

また、

  • 2016年12月22日の安値549円
  • 2017年5月18日の安値656円

を結んだラインが下値支持線として今後、機能していきそうです。

650円台は、2016年に上値抵抗の節目として機能していたこともあり、トレンドラインの位置と共に650円台が一つの下値目処として考えることが出来ると考えています。

5月24日には上値抵抗線を上方向にブレイクしてきており、本日25日も陽線を記録。今後は、多少の押しはあるものの、このまま上昇基調に転じてくる可能性が高いと見ています。

800円台〜890円台後半にかけては一目均衡表の雲があり、この雲を抜けてくるとさらに上昇圧力が増すと考えられますので、明日以降、軽く押してきた所の安値を拾う動きをしていくのも面白いかもしれません。

短期売買エントリーポイント:軽い押し目を狙ってエントリー

週足で考える夢テクノロジー<2458>の中長期売買シナリオ

夢テクノロジー<2458>の週足チャート


週足チャートを見てみると、

  • 2015年8月28日の安値337.5円
  • 2016年2月12日の安値399.5円

を結んだラインが下値支持線として機能しています。

上値の目処としては、800円と前回高値付近の1,100円近辺で売り圧力が増してくると思われ、この辺の水準の売りをどうこなしていけるのか?が、ひとつのポイントとなってきそうです。

ただし、25日時点の下値支持線は570円近辺にあるため、現時点の株価を考えると中途半端な位置にあるともいえます。

可能であれば、一旦大きく押した所を拾っていきたいチャートとなっており非常に悩ましいところですが、このまま上方向に上昇していくことも十分に考えられます。

この場合には、打診買いからの買い下がり戦略で仕込んでいく方が良いのかもしれません。

中長期売買エントリーポイント:打診買いからの570円近辺までの買い下がりを想定したエントリー

スポンサード リンク

今注目するべき、プロ厳選の急騰期待3銘柄!

実践的な相場先読みレポートや、専属アナリストによる個別サポート体制で、銘柄相談も無料!

夢テクノロジー<2458>の総合評価

※2017年5月25日段階

上記でも書きましたが、

  • 人工知能(AI)関連
  • フィンテック関連
  • IoT関連
  • 自動運転関連

など、これまでのIT関連(WEB)という枠組みを大きく突き破って、様々な製品・サービスがインターネットを介して提供されるようになってくると、IT関連技術者はこれまで以上に不足してくることは明白になりつつあります。

そうした将来の変化を察知して、IT技術者関連の技術者養成を次の事業の柱としていく所などは、非常に先見の明を感じます。

夢テクノロジー<2458>が進む方向を考えると、事業環境は良好。並びに、新興市場の銘柄であることを考えると、今後、条件を満たしていけば東証2部や1部への指定替えという可能性も考えられます。

個人的にもひと押ししたところからの打診買いで保有を検討して言っても良いな、と思える銘柄だと考えています。

この流れは変わらない。2018年以降の相場も、テーマ株が物色されるのが繰り返される?

2016年〜2017年の相場を思い返してみると、人工知能(AI)関連銘柄ビットコイン関連銘柄5G関連銘柄自動運転関連銘柄Apple関連銘柄インバウンド関連銘柄ドローン関連銘柄AR/VR関連銘柄リニア関連銘柄越境EC関連銘柄フィンテック関連銘柄ポケモンGO関連銘柄など、非常に数多くのテーマが物色され盛り上がりをみせた1年でした。

こうしたテーマ株は、”一瞬の吹き上げ”で終わるケースと、”その後も中期的に上昇を継続"していくケースに別れますが、中期的に上昇を継続してくるような息の長いテーマとなる場合、ファンダメンタルズ分析よりも、むしろテクニカルな理論によって機械的に売買判断を行っていった方が”勝てる”可能性は非常に強いものとなります。

考えてみれば当たり前で、いくら市場でのテーマ性を示されても、ファンダメンタルズ分析オンリーで投資を考える個人投資家の場合には、PERが100倍、200倍といった銘柄は、絶対に手が出せません

しかし、株価はまだまだ上昇を続けている。となると、判断基準をテクニカルな方面へシフトする事も視野に入れていものです。

ファンダメンタルズ分析的にはエントリー対象にもならないような銘柄でも、極端に言ってしまえば”企業自体を見ないテクニカル分析”では、機械的にエントリーと利食いを繰り返すこともできるのです。

ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析にはそれぞれ一長一短ありますので、どちらが優れているのか?という議論は不毛ですが、少なくとも、市場で物色され始めたテーマ株では、テクニカル分析の方が”波に乗れる可能性は高い"のではないでしょうか?

2018年以降もテーマ株の物色が繰り返される相場の流れは、変わらないと思います。

いま、相場での恩恵を最大限に享受したいのなら、『無料で使える優秀なツール』を準備は必須

となると、いかに急騰前夜の銘柄をスクリーニングできるか?が、勝てる個人投資家となれるかどうかの分岐点となります。そこでオススメしたいのが、金融庁・関東財務局の登録を受けて営業し、『明日、急騰が期待できる銘柄情報を毎日無料で公開』しているミリオンストック投資顧問です。

ミリオンストック投資顧問には、企業や個人に様々な投資に関するアドバイスを行う投資顧問として、この道35年という超ベテラン分析者の、橋本明男氏が在籍しています。

橋本明男


  • 昭和53年 投資顧問の先駆けとも言える共栄リサーチに入社し、チャート分析を専門とするチャーチストとして腕を磨く
  • 昭和59年 共栄リサーチから独立し、フューチャー出版を設立。以来、投資顧問として顧客に利益をもたらさなければ報酬は一切貰わないという料金体系、いわゆる成功報酬型のスタイルを貫き通し、30年に渡って投資顧問業界に携わる。

成功報酬のスタイルで30年もの間投資顧問を行ってきた実績こそ、橋本氏の実力を物語っており、顧客の信頼を勝ち取ってきたという証でもありますね。

また、ミリオンストック投資顧問には、証券会社、上場会社役員、投資家と3つの視点で“高パフォーマンス”期待銘柄を提供する、兜町界隈では名が知れた堀篤氏が在籍していることでも有名です。

そうした橋本氏、堀氏の両名が、自信を持って厳選・推奨する明日、急騰が期待できる厳選銘柄情報を毎日無料で推奨・公開しているのが、ミリオンストック投資顧問なのです。

そう、『無料で使える優秀なツール』とは、つまりはこの橋本氏が分析を、自分のツールとして使いこなそうというわけです。

ミリオンストック投資顧問


もちろん、ミリオンストック投資顧問が無料で提供している情報はこれだけではありません。

橋本明男が“毎日”綴る相場コラム『わしの罫線』や、堀式株式投資術考案者である株式アドバイザー堀篤が綴る『兜町発信!情報通の早耳コラム』なども、無料で公開されていますので、個人投資家の方にとっては情報ツールとして非常に重宝する存在となるかと思います。

メールマガジン登録で無料でもらえる直近のパフォーマンスを見てみると、

12/6提供 <3782>ディー・ディー・エス
「本日S高」提供から3営業日で24.51%上昇!
12/1提供 <3696>セレス
「本日急伸」提供から6営業日で10.34%上昇!
12/1提供 <1878>大東建託
「4営業日連続年初来高値更新」提供から6営業日で10.83%上昇!
12/1提供 <5911>横河ブリッジHLDGS
「2営業日連続年初来高値更新」提供から6営業日で11.61%上昇!
11/29提供 <3652>ディジタルメディアプロ
「2営業日連続年初来高値更新」提供から8営業日で21.11%上昇!

という結果!

また、個人投資家の皆様であれば記憶に新しいところではございますが、5月下旬からビットコイン(Bitcoin)関連銘柄の本命として急騰劇を見せたリミックスポイント<3825>。ミリオンストック投資顧問は5月19日(金)の大引け後に、無料銘柄としてメールマガジンにて無料で会員に提供しています。翌営業日(22日(月))の始値が296円ですが、4桁の大台乗せも達成しており、株価は6.1倍まで上昇しています。

ミリオンストック投資顧問の提供実績①:リミックスポイント<3825> 株価6倍超!
提供日時 2017/05/19 大引け後
提供時株価 296円(22日始値)
提供後高値 1,820円
ミリオンストック投資顧問の提供実績②:アエリア<3758> 株価1.7倍超!
提供日時 2017/05/11 大引け後
提供時株価 4,120円(12日始値)
提供後高値 7,130円
ミリオンストック投資顧問の提供実績③:GFA<8783> 株価2.6倍超!
提供日時 2017/05/24 大引け後
提供時株価 511円(25日始値)
提供後高値 1,134円

こうした銘柄に続く次の無料銘柄も現在公開中ですので、Gメール等のフリーメールを使ってメールマガジンに登録してみても良いかもしれませんね。

【要チェック】⇒初動でリミックスポイント<3825>を無料公開!直近実績も良好!!橋本罫線考案者でありテクニカルのプロフェッショナルである橋本明男氏の急騰前夜銘柄を無料で確認できるサイト

無料メルマガの内容を詳しく見る

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

任天堂<7974>が連日の年初来高値更新、好調なNintendo Switchの恩恵を受けるあの銘柄
植物性たんぱく質食品の開発・販売が急加速!関連銘柄の武田薬品工業<4502>に注目
に注目" target="_self">
"国策"5G関連の出遅れ銘柄・ネクストジェン<3842>に注目
国策が絡む人材関連銘柄、最高益更新で大化け期待のUTグループ<2146>を深掘り特集
深刻な人手不足で、自動運転や人工知能が農業分野にも進出!筆頭銘柄のクボタ<6326>に注目
知っておいて損はない!次世代の二次電池関連銘柄を深堀特集
TPPの新協定が大筋合意!恩恵を受けそうなADEKA<4401>に注目
NVIDIA関連銘柄の側面も持つJIG-SAW<3914>に注目
イノベーションで市場を作る!6期連続で過去最高益更新見込みのユーザーローカル<3984>に注目
6期連続増配を目指すジーフット<2686>を深掘り特集
社会的インフラとしてその重要性が増しているドラックストア関連銘柄を深堀特集
長期視点で考える"今投資する銘柄"とは?
フィンテック関連銘柄を深掘り特集
IoT関連銘柄を深掘り特集
法整備の進行や知名度の上昇から、再び脚光を浴びるビットコイン関連銘柄を深堀特集
サブコンテンツ

このページの先頭へ