政府がガン対策に関する計画を閣議決定!小野薬品工業<4528>に注目

※2018年、、元・投資顧問会社社長のチラシの裏というブログ名から、相場観察チラシの裏にブログ名を変更しました。心機一転、今後も何卒宜しくお願い致します。

本日24日、政府はガン対策の国の指針となる「第3期ガン対策推進基本計画」を閣議決定しました。

ガン患者への治療はもちろんですが、ガンを予防する為の検診の充実など、日本人の死因の3割を占めているガンへの対策をさらに強化する方針です。

今回新たに決定された計画では、ガンの早期発見に重点を置き、現在30~40%のガン検診の受診率を50%に引き上げる目標を設定。

ガン検診の結果、陽性だった場合に受ける精密検査の受診率を90%に引き上げ、ガンによる死亡者を減らすことに一定の効果が見込めるはずです。

今回のような報道は、株式市場にとって特別大きなニュースではないように思われるかもしれませんが、事実よりも思惑で買われるのが株式市場の常

ガンに関連した分野はもちろん、人工知能(AI)による診断なども今後本格的に導入されてくるはずなので、AI関連銘柄への注目度も高まる期待があるでしょう。

今回は、ガン免疫薬『オプジーボ』でガン領域に参入した小野薬品工業<4528>に着目していこうと思います。

スポンサード リンク

中小株特化サイトの決定版!

2017年も株価2倍超えの実績を複数持つ黒岩泰氏を招聘!2018年に上昇が期待できる新たなテーマ株を今すぐ無料配信!!

小野薬品工業<4528>の基本情報


チャート画像

市場 東証1部
取引区分 貸借
業種 医薬品
本社所在地 〒541-8564 大阪市中央区久太郎町1-8-2
上場年月日 1962年6月
予想PER (連)49.23倍
実績PBR (連)2.79倍
ROE 11.27%

小野薬品工業<4528>は製薬準大手の企業で、ガン免疫薬『オプジーボ』でガン領域に参入したことは記憶に新しいかと思います。

ガン免疫薬『オプジーボ』はこれまでに用いられてきた薬とは違い、「免疫チェックポイント阻害剤」と呼ばれる新しいタイプの薬で、効能の期待感からノーベル賞級の画期的発明だと騒がれていました。

また、台湾でもオプジーボが治療薬として認可されており、今後さらにオプジーボが使えるガンが増えることで同社への注目度は高まるのではないでしょうか。

9月29日にはシティグループ証券が、投資判断を中立から引き上げ、さらに目標株価を2600円から3200円としており、現在株価2,705円からの一つの株価目標として意識されるかもしれません。

スポンサード リンク

目を見張る連日の上昇銘柄!

12/6提供 <3782>ディー・ディー・エス、「本日S高」提供から3営業日で24.51%上昇!次に急騰が期待出来る銘柄【※※※※】は!?

小野薬品工業<4528>のチャート分析

小野薬品工業<4528>の日足チャート

 

小野薬品工業<4528>の日足チャートを見てみると、

  • 2017年9月6日の安値 2,185.0円
  • 2017年10月17日の安値 2,571.5円

を結んだラインが下値支持線として意識されています。

一方の上値抵抗線は、

  • 2017年10月23日の高値 2,730.0円

の年初来高値が上値抵抗線として意識されるでしょう。

9月8日、ガン免疫薬「オプジーボ」を共同開発する米ブリストル・マイヤーズスクイブが「オプジーボ」と自社ガン治療薬「ヤーボイ」を組み合わせて転移性腎細胞ガン患者に投与したところ優れた生存率が確認できたと発表しており、これを好感した買いが入り窓を開けて急騰

9月からの動きを見るとやや過熱感が出ていると考えられ、25日移動平均線あたりまで押す可能性もあります。

ただ、一目均衡表の雲上限が数日後に急上昇してくる見込みなので、押してきたとしても雲上限に株価が支えられ、反発する期待は高いのではないでしょうか。

短期で狙えるテーマ性を持った割安新興株や、国策関連銘柄を積極的に狙うためには?

株式市場で物色の矛先が向かうテーマ株や、話題となりそうな株を日頃から一生懸命探している個人投資家の方も多くいらっしゃると思います。

そうした、”旬の株”を購入する際に気をつけなければならないポイントは、『断片的な情報だけで絶対にエントリーしない』という1点に尽きます。

インターネット掲示板やTwitterなどでは、様々な個人投資家が自分がトレードしている銘柄の情報を公開しています。ただし、そこで取り上げられた銘柄を何も考えずに買ってしまうと、ほとんどの場合で、大やけどを負ってしまう恐れがあります。

大半の個人投資家さんは、自分の為の備忘録として、またはトレーダー同士の情報交換として自分がトレードしている銘柄を公開している方が多いでしょうが、中には悪意を持って特定の銘柄の情報を公開している人達も存在します。

いわゆる、"煽り"です。

そうしたケースでは、ほとんどの場合において提灯付け』の為に銘柄情報を公開しているということを、決して忘れてはなりません。

こうした情報を鵜呑みにし、その銘柄の分析をせぬまま買いポジションを持ってしまうと高値掴みとなってしまい、みるみるうちに株価は急落。そもそも銘柄の分析を行っていないので、損切りのタイミングすらも逃してしまった…などという状況になってしまっては、大切な投資資金を溝に捨てているようなものです。

こうならないためにもぜひ活用したいのが、マスメディアなどにも積極的に情報を発信し、的確な分析の元で個人投資家に情報を提供している投資情報サイト、トリプルエー投資顧問の無料メルマガ情報です。

株トレード投資顧問

トリプルエー投資顧問では、ダイヤモンドZAIなどの投資雑誌や日本経済新聞など、株の値動きにも影響を与えうる著名メディアで執筆を行っている株式会社アルゴナビス代表取締役 清水洋介氏の独占レポートを無料で提供しています。

私も、このレポートを読みたいが為に、フリーアドレスを作って登録した経緯があります(^^;

実際に登録してみると、個人投資家にとって非常に嬉しい情報やサービスを提供している投資情報サイトだな、という印象を持ちました。

例えば、『相場レポート』として、日々の相場動向を俯瞰したレポートを無料で毎日送ってくれますし、『今週の無料銘柄情報』と題して、その週の株価動向に注目すべき銘柄をしっかりと分析の上で提供してくれます。

もちろん、株の買い時・売り時に困った際には無料サービスの『銘柄診断』等で的確なアドバイスが貰えます。

こうした個人投資家にとってかゆいところに手が届くサービスを複数提供しているので、人気が出るのも納得ですね。

元々、市場で話題となるテーマ株の先取り情報や、ファンダメンタルズ分析に強い投資情報サイトだなという印象を持っていましたが、仮想通貨関連銘柄フィンテック関連銘柄人工知能関連銘柄自動運転関連銘柄など、今が旬のテーマ株に関して、相当アンテナを張って調査・分析していなくては、ここまでの情報をスピーディーに提供できません。

特に、短期で狙えるテーマ性を持った割安新興株や、国策関連銘柄などにも強い印象がありますね。

AAA投資顧問の提供実績①:【6541】グレイステクノロジー 上 昇 率 :【+4,460円(+70.79%)】
提供日時 銘柄推奨日:11月9日(木)
提供時株価 推奨時株価:6,300円
提供後高値 提供後高値:12月1日(金)→10,760円
AAA投資顧問の提供実績②:【7191】イントラスト 上 昇 率 :【+541円(+54.04%)】
提供日時 10月20日(金)
提供時株価 1,001円
提供後高値 12月7日(木)→1,542円
AAA投資顧問の提供実績③:【3557】ユナイテッド&コレクティブ 上 昇 率 :【+5,750円(+124.45%)】
提供日時 9月29日(金)
提供時株価 4,620円
提供後高値 12月4日(月)→10,370円

今なら、新規メルマガ無料登録で、厳選された3銘柄を無料で提供中との事。気になる方がいらっしゃまいしたら、フリーメールアドレス一つでメルマガ登録できますので参考にされると良いかと思います。

【要チェック】⇒アナリストが厳選した3銘柄情報を無料で入手するにはこちらから

無料メルマガの内容を詳しく見る

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

底値圏で堅調な推移を見せる、IoT関連銘柄のさくらインターネット<3778>に注目
ZMPが再び上場申請?関連銘柄のJIG-SAW<3914>に注目
事業好調で最高益、青天井相場に発展する可能性の高い低位株とは?
5期連続の増収増益・過去最高益も市場では評価不足のアスラポート・ダイニング<3069>を深掘り特集
人材派遣関連で年初来高値を更新したウィルグループ<6089>に注目
ポテトチップスの原料不足で株価急落中のカルビー<6082>を深掘り特集
イノベーションで市場を作る!6期連続で過去最高益更新見込みのユーザーローカル<3984>に注目
今後の循環物色を先取りしたいAI関連銘柄のシグマクシス<6088>
健康志向を追い風に業績を伸ばしている、ピエトロ<2818>を深掘り特集
期初予想が控え目、業績上振れを狙いたい6000番台の中小型株
「選挙は買い」は本当?今後上昇期待の持てる選挙関連銘柄3銘柄に注目
ランサムウェアの被害が全世界で拡大。IoTや自動運転技術の普及に合わせ、ますます需要が高まってくる情報セキュリティー関連銘柄を深掘り特集
東京オリンピックに向けて需要が高まりつつある、民泊関連銘柄を深掘り特集
中期のトレーダーは必ず抑えておきたい、まだまだ仕込み余地大の原油関連銘柄を深堀特集
買い物難民を救う、流通コングロマリットの巨人・セブン&アイHD<3382>を深掘り特集
サブコンテンツ

このページの先頭へ