ランサムウェアの被害が全世界で拡大。IoTや自動運転技術の普及に合わせ、ますます需要が高まってくる情報セキュリティー関連銘柄を深掘り特集

12日の金曜日からこの週末にかけ、約150カ国、約1万の会社・組織や20万人以上のユーザーがランサムウェア・WannaCryに感染し、被害が拡大しているという報道が様々なメディアで報道されています。

本日はこうしたコンピューターウィルスやスパイウェアに関係する、セキュリティ関連銘柄をピックアップして深掘り解説していこうと思います。

この記事の目次

この記事の目次となります。



スポンサード リンク

最新の注目3銘柄を無料公開中!!

直近実績、【3825】→5倍、【3667】→1.8倍!次に来る銘柄も公開中!

ランサムウェア・WannaCryとは?

情報セキュリティー


ランサムウェアとは、ウィルス感染させたコンピューターを強制的にロックさせて使用を制限したり、コンピューター内のファイルデータをすべて暗号化したり、ファイルデータの使用を不可能とさせるなどするウィルスの事を指します。

ランサムウェアは『Ransom(身代金)』と『Software(ソフトウェア)』を組み合わせた造語で、ランサムウェアに感染したコンピューターのロックやファイルデータの暗号化を解除する為には、手数料と称した身代金が要求されるケースが一般的であり、身代金要求型不正プログラムなどとも呼ばれています。

こうしたランサムウェアの一種であるWannaCry。WannaCryはトロイの木馬型のランサムウェアとなっており、米国時間2017年4月14日に『Shadow Brokers』と呼ばれるハッカー集団が公開したことをきっかけに、今この瞬間にも全世界で続々と感染が広がっています

スポンサード リンク

ストップ高に続き連日の急騰

5月19日提供のリミックスポイント<3825>が株価5.9倍超達成!!次に急騰が期待出来る銘柄【※※※※】は!?

ランサムウェア・WannaCryに感染するとどうなる?

セキュリティ対策


ランサムウェア・WannaCryに感染すると、そのコンピューター内のファイルデータが全て暗号化されてしまい、通常の使用が不可能となってしまいます。この暗号化を解除する為に、仮想通貨であるビットコインで300ドルの支払いが要求されると言うことです。

業務で使用しているPC等が感染すると、仕事で使っているデータファイルが一切使用できなくなるため、非常に困りますね。こうした状態を一刻も早く解消するために、身代金を払ってでも暗号化を解除したいと考える人が一定数居るため、こうした身代金型のコンピューターウィルスの新種が続々と出現している状況です。

スポンサード リンク

相場の福の神・藤本誠之

「ココだけの話、噂の※※を教えまっせ〜」先行配信!

コンピューターウィルスに感染するとどうなるの?

コンピューターウィルスに感染


もちろん、コンピューターウィルスはWannaCryだけではありません。仮に自分のパソコンがコンピューターウィルスに感染してしまうとどうなるのか?一般的なケースを下記にピックアップしてみます。

コンピューターの挙動が不審になる

突然動作が重たくなって固まったり、自動的にシャットダウンしてしまったり、とにかくパソコンを正常に使用できなくなる現象が起こります。

コンピューター内に保存されているパスワードなどのデータが流出

コンピューターウィルスに感染したことにより、コンピューター内に保存されているログインIDやパスワードなどのデータが、勝手に外部に送信されてしまうことがあります。

もちろん、テキストデータなどで保管していない場合にも、メールやブラウザ内に保存されているパスワードデータが流出することもあるので注意が必要です。

クレジットカード、キャッシュカード情報などの流出

もちろん、こうしたログイン情報だけではなく、コンピューター内に保管されているクレジットカードやキャッシュカードなどの情報も流出の対象となります。

サイバー攻撃の際の踏み台として利用されてしまう恐れ

感染したコンピューターウィルスの種類によっては、コンピューター自体が乗っ取られてウィルスの作成者に操作されてしまったり、同様のコンピューターウィルスの感染を拡大させるために、メールソフトのアドレス帳に保存されている連絡先に対し、メールを勝手に送信されたりしてしまいます。

場合によっては『コンピューターウィルスに感染していることを利用者に察知させず、サイバー攻撃の際の踏み台として利用』されるようなケースも考えられます。

スポンサード リンク

いま注目すべき※※関連銘柄

次に狙える急騰・爆騰必至の有望銘柄を無料で即配信!

世界サイバー戦争の幕開け

サイバー戦争


北朝鮮では重要な外貨獲得の手段としてサイバー攻撃が利用されている!?

5月11日には、北朝鮮が世界の30ヶ国以上の銀行をターゲットにコンピューターウィルスを利用したサイバー攻撃をしかけ、多額の現金を不正に取得したという報道がありました。

 【ワシントン=永沢毅、北京=永井央紀】北朝鮮が世界各地の銀行に組織的なサイバー攻撃をしかけ、多額の現金を奪った疑いが浮上している。事実だとすれば、核・ミサイル開発の新たな資金源となりうる。米国の呼びかけで各国は北朝鮮の資金源を断つための制裁強化に乗り出しているが、サイバー攻撃による資金獲得が続けば制裁効果が薄れる懸念が強まりそうだ。

 情報セキュリティソフト大手、米シマンテックの幹部が10日、米上院の国土安全保障・政府問題委員会で証言し、「北朝鮮に拠点を持つグループがバングラデシュ中央銀行から8100万ドル(約92億円)を奪った」との認識を示した。

引用:日経新聞電子版 2017/5/11 19:59

社会インフラの壊滅の可能性

銀行などの金融機関のみならず、水道や電気、ガスや交通機関と言った社会インフラや、国や行政などの機関に対しても、サイバー攻撃の脅威は年々高まりつつあります。

実際にこうした社会インフラや行政などのシステムへのサイバー攻撃は年々増加しており、アメリカでは2003年にオハイオ州のDavis Besse原子力発電所の監視制御システムがダウンするという事件が起こりました。

仮に、サイバー攻撃により世界中の原子力発電所の制御システムがダウンしてしまったら...。

考えただけで背筋が凍りそうな非常に危険な状態ですが、こうした状況が、起こり得る可能性は現時点でも高いという状況を、我々は再認識しておく必要があるかもしれませんね。

スポンサード リンク

【株】速報3銘柄を配信中

注目トレンド3銘柄から急騰予報【無料】登録後の銘柄情報に大注目

今後もコンピューターセキュリティの重要度は増して行く

コンピューターセキュリティ


様々な家電や物がインターネットに接続して、今以上に便利な生活が実現するであろうIoT(インターネットオブシングス)。インターネットに接続しているという段階で、サイバー攻撃の対象となりえるため、今後はこうしたIoT関連製品を狙い撃ったコンピューターウィルスの増加が容易に想像できます。

また、ドローン自動運転金融とテクノロジーの融合という意味で使われるフィンテックなど、インターネットベースで情報のやり取りを行う新たなテクノロジー領域でも、常にサイバー攻撃の危険性と隣合わせなのだという認識が必要かもしれません。

スポンサード リンク

最新の注目3銘柄を無料公開中!!

直近実績、【3825】→5倍、【3667】→1.8倍!次に来る銘柄も公開中!

情報セキュリティに関する脅威の高まり

情報セキュリティ


IT専門調査会社IDC Japan株式会社によると、2016年の国内情報セキュリティ製品市場規模は、前年比4.0%増の2,807億円と推定されています。セキュリティソフトウェアの市場規模は、国内情報セキュリティ製品市場規模のほとんどを占める、前年比4.2%増の2,339億円。

一説には、2020年には国内の情報セキュリティ市場は、8,000億円規模まで拡大するという予測が立てられています。もちろん、超小型コンピューターといっても過言ではないスマートフォンが全世界で爆発的に普及してきていることや、IoT製品の普及速度によっては、市場規模の拡大ペースは早まるでしょう。

だからこそ、情報セキュリティ企業の商機は確実に増加してくるといえ、情報セキュリティ関連企業への業績にも大きく影響してくると考えています。

スポンサード リンク

ストップ高に続き連日の急騰

5月19日提供のリミックスポイント<3825>が株価5.9倍超達成!!次に急騰が期待出来る銘柄【※※※※】は!?

情報セキュリティ関連銘柄

トレンドマイクロ<4704>

チャート画像

コンピューターウィルス対策ソフト、『ウィルスバスター』が主力商品のトレンドマイクロ<4704>。国内では堂々の首位、世界的にも3位の情報セキュリティ関連銘柄となります。

全世界に研究開発拠点を持つ多国籍企業という側面を持つトレンドマイクロ<4704>ですが、今後はスパイウェア対策製品やスパムメール対策企業なども買収し、スマホ向けを強化していく事に加え、標的型サイバー攻撃対策分野も育成中。法人を中心に開拓していく計画のようです。

ラック<3857>

チャート画像

日本最大規模のネットワークセキュリティ監視センターを保有し、大学や公官庁との産学連携も積極的に推進しているのがラック<3857>です。

情報漏えいに対するサポートを行う緊急対応サービス『サイバー119』や、『JSOCマネージド・セキュリティ・サービス』の運用を行うなど、情報セキュリティー関連銘柄の中でも主要な企業と言えます。

DIT<3916>

チャート画像

金融や通信サービスなどに顧客を多く持つDIT<3916>。ハッキングなどに寄るウェブサイト改ざんが起こった際に、自動的に修復する自社開発のセキュリティーシステム『WebARGUS』を中心に、金融機関や公官庁に顧客基盤を広げています。

今後も新規顧客の開拓に力を入れていく計画で、IoT対応のセキュリティソフトウェアの開発も急ピッチで進めている模様です。

アズジェント<4288>

チャート画像

セキュリティソフトウェアの輸入販売から構築や運用保守まで一貫して展開するのがアズジェント<4288>です。

元々はセキュリティ製品の販売を中心とするITベンチャー企業でしたが、システムの監視などのセキュリティサービスの提供に軸足を移しており、自治体向けのセキュリティ関連ビジネスが堅調に推移しています。

その他の情報セキュリティ関連銘柄

  • フロンテオ<2158>
  • デジアーツ<2326>
  • NSSOL<2327>
  • コア<2359>
  • バルクHD<2467>
  • イメージワン<2667>
  • KTK<3035>
  • ソリトン<3040>
  • セキュアヴェ<3042>
  • マクニカ富士<3132>
  • TOKAI<3167>
  • テリロジー<3356>
  • ソフトクリエ<3371>
  • No.1<3562>
  • アセンテック<3565>
  • ポールHD<3657>
  • HUG<3676>
  • エンカレッジ<3682>
  • FFRI<3692>
  • オプティム<3694>
  • SHIFT<3697>
  • サイオス<3744>
  • テクマト<3762>
  • AMI<3773>
  • IIJ<3774>
  • ディディエス<3782>
  • GMOクラウ<3788>
  • キーウェア<3799>
  • アクロディア<3823>
  • ネクスジェン<3842>
  • NTL<3849>
  • JIGSAW<3914>
  • パイプドHD<3919>
  • アイビーシー<3920>
  • アークン<3927>
  • チェンジ<3962>
  • エルテス<3967>
  • セグエG<3968>
  • ソルクシーズ<4284>
  • JIEC<4291>
  • 野村総研<4307>
  • ソースネクス<4344>
  • インフォコム<4348>
  • フォーカス<4662>
  • インフォメD<4709>
  • ソフバンテク<4726>
  • 日本ラッド<4736>
  • 伊藤忠テクノ<4739>
  • ITFOR<4743>
  • 大塚商会<4768>
  • エルミック<4770>
  • インテリW<4847>
  • イーガーディ<6050>
  • シグマクシス<6088>
  • セラク<6199>
  • グローリー<6457>
  • 日立<6501>
  • 東芝<6502>
  • 東芝テック<6588>
  • サクサ<6675>
  • NEC<6701>
  • 富士通<6702>
  • OKI<6703>
  • パナソニック<6752>
  • アルプス<6770>
  • アクモス<6888>
  • ソフィア<6942>
  • 扶桑電通<7505>
  • ネットワン<7518>
  • 大興電子<8023>
  • ユニシス<8056>
  • キヤノンMJ<8060>
  • 菱洋エレク<8068>
  • 三谷産業<8285>
  • GMO<9449>
  • NTTデータ<9613>
  • シーイーシー<9692>
  • SCSK<9719>
  • セコム<9735>
  • 富士ソフト<9749>
  • ジャパンシステム<9758>
  • NSD<9759>

株式市場で物色対象となるタイムリーな投資情報を、常に効率的に手元に収集するには?

株式市場では、常に様々なニュースや発表などにより物色対象が激しく入れ替わります。そうした”旬の物色株”様々な角度から分析し、急騰劇がスタートする前にしっかりと仕込んでおく事が出来れば、大きな利益を獲得できる可能性も非常に高くなるでしょう。

株式市場で注目を集める様な株を事前に洗い出すためには、膨大なニュースのチェックや徹底した個別企業分析が不可欠です。しかしながら、なかなかそのような時間が取れないのが現実ではないでしょうか?

餅は餅屋ではありませんが、こうした情報こそ専門家の分析を積極的に活用して手に入れてみるのも一つの手でしょう。そんな時に情報収集先のひとつとして加えたいのが、老舗の投資情報サイト、株マイスターです。

【要チェック】⇒無料で提供する『最新の注目3銘柄』が人気の株マイスター(関東財務局長(金商)第850号)を確認するにはこちら

株マイスター


株マイスターは、関東財務局に登録済みの投資顧問会社、SQIジャパンが運営する老舗の投資情報サイトとなります(関東財務局長(金商)第850号)。

顧客第一主義を徹底する小野山功氏や、材料株やテーマ株を中心に”攻めの投資コラム”がトレードマークの木村健氏の2人が参画する事でも知られていますね。

また、代表取締役の秋山伸之氏は、日刊ゲンダイなどでも株式投資の連載をおこなっており、株マイスターの名前を聞いたことのある個人投資家の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

小野山功氏


  • 旧山一証券、東京スター銀行にて40年以上のキャリアを保有。
  • 株式会社SQIジャパンにて金融コンサルタントとして着任。
  • ヤフーが運営するYahoo!ファイナンス教えて投資の達人では小野山氏の推奨する銘柄が人気化し、一時は氏の銘柄に群がる”イナゴ"が大量発生した過去も。
木村健氏


  • 一成証券(現 三菱UFJ証券)、高木証券にて株式・債券・投信・先物等の業務に携わる。
  • 株式会社SQIジャパンにて金融コンサルタントとして活躍。
  • 投資にまつわる幅広い知見からの「潮目を読む力」に定評あり。

株マイスターに無料メルマガ登録するだけで、様々な無料サービスを活用することが可能です。もちろん、『たとえ無料でも常にタイムリーな情報を惜しみなく提供するよう心掛けており、「株投資で投資顧問の情報を活用してみよう」というお客様のご決断が正しかったことを、特典銘柄からご実感戴けると幸いです。』と断言するほど、その分析力に自信を持っている様子です。

そうした自信があるからこそ、無料公開している『最新の注目3銘柄』では、実際に下記のような上昇事例をみることが出来るんですね。

銘柄:反発狙いの買い殺到したアカツキ<3932>

  • 推奨日の終値:17年04月10日/4,445円
  • 高値日と高値:17年04月19日/5,580円
  • 掲載日と終値:17年04月19日/5,450円
アカツキ<3932>のチャート


銘柄:上方修正で買いが殺到したサイバーS<3810>

  • 推奨日の終値:17年03月21日/1,393円
  • 高値日と高値:17年04月14日/2,197円
  • 掲載日と終値:17年04月19日/1,639円
サイバーS<3810>のチャート


銘柄:国策思惑で買いが殺到したカーディナル<7855>

  • 推奨日の終値:17年03月21日/669円
  • 高値日と高値:17年04月19日/851円
  • 掲載日と終値:17年04月19日/851円
カーディナル<7855>のチャート


また、直近の銘柄ですと、

リミックスポイント<3825>
提供日時 2017/05/22
推移 提供翌日ストップ高&4日連続ストップ高&その後株価6倍
enish<3667>
提供日時 2017/05/29
推移 提供週の木金で2日連続ストップ高、6営業日で株価1.8倍
アエリア<3758>
提供日時 2017/05/29
推移 提供当日から急騰、5営業日で+39%

こうした実績のある投資情報サイトが、『最新の注目3銘柄』と題して無料で情報を提供してくれるのは非常に助かりますね。

無料で登録できるメールマガジンの登録方法も簡単です。

【要チェック】⇒株マイスター(関東財務局長(金商)第850号)が無料で提供する『最新の注目3銘柄』を確認するにはこちら

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ