東京オリンピック関連銘柄を深掘り特集

東京オリンピック

舛添東京都知事の政治資金不正支出疑惑問題が、メディアで連日報道されていますが、その東京が中心となり2020年に開催されるのが東京オリンピックですね。

このイベントによって考えなければならない問題点と、メリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

今回は東京五輪(オリンピック)関連銘柄に関する解説をしていこうと思います。

この記事の目次

 この記事の目次となります。



東京オリンピックが抱える新国立競技場問題

国立競技場

すでに様々な問題がメディアで取り上げられていましたので、いまさら取り上げることもないかとは思いましたが、東京オリンピックを語る上で外せない新国立競技場問題を再度確認していきましょう。

旧国立競技場は本当に立替が必要だったのか?

東京オリンピックに合わせ、旧国立競技場を建て替える計画が進んでいますが、新国立競技場の完成時期が、東京オリンピックに間に合わないのではないかという問題がありました。

新たに建設が進んでいる新国立競技場の設計自体がそもそも非現実的だったのではないか?という声も出て、非常に計画性のないものであったと外国メディアからも叩かれた事は記憶に新しいですね。

そもそも、国立競技場を建て替える必要があったのでしょうか。

立替は老朽化が原因?

建物自体の老朽化が、立替計画の理由の一つだったと言われていますが、立て直すほど老朽化が進んでいたのでしょうか?

もちろん専門家が慎重に調べた結果、立て直す必要があると判断されたのだと思いますが、「そもそもオリンピックにあわせる必要があったのだろうか?」という疑問の声も相次いでいました。

この新国立競技場問題についてはたくさんの専門家が問題発生時に議論をしていましたが、この問題が発生する前、すなわち、オリンピックが東京で行われると決定する前にこの問題を誰も予測できなかった事は腑に落ちません。

利権絡みの密室政治で決定された新国立競技場の建設

新国立競技場の建設計画が持ち上がった際に、たくさんの専門家が建設のために協議をしたはずなのですが、その時には誰も疑いをもたなかったのでしょうか?

それもそのはず、前東京都知事の猪瀬氏が密室政治で決定されたとする批判をTwitterに掲載したことが話題になった事からも分かるように、結局は、一部の関係者が密室の中で決定(建設業者含め)していたようです。

招致を巡る不正支出疑惑も持ち上がっており、そもそも東京オリンピックの誘致・開催を取り巻く状況に、利権絡みの密室政治という印象を国民が持ってしまうのもしょうがないことなのかもしれません。

オリンピックと経済効果

経済効果

このような疑惑や怪しげな問題が発覚している東京オリンピックですが、そうは言えこのイベントによる経済効果は莫大なものになります。

もちろん、これまでのオリンピックを分析してみても、その経済効果は常に大きいものであるという事実は、もはや常識と言っても良いでしょう。

建設業・観光業が恩恵を受ける

まず、施設の建設です。新国立競技場をはじめとした競技施設の建設や改修、選手村の建設など、建設業が受ける恩恵は莫大なものとなるでしょう。

また、海外からの観光客が倍増することはまず間違いないありません。その為、ツアーの企画や宿泊施設の運営を行う観光関連の産業にも恩恵が生まれます。もちろん、建設業は、そのホテルや観光施設の建設の恩恵も受けますね。

どっと押し寄せる観光客の胃袋を満たすための外食産業

さらに、その観光客の増加により、日本の飲食業やお土産にも大きな恩恵をもたらすと考えられます。

世界に日本をアピールする大きなチャンス

そして、1番の恩恵は、ずばり東京オリンピックをきっかけに来日する観光客へ、日本をアピールする事といえるでしょう。

日本はそもそも、四方を海に囲まれ、外国からの観光客が訪れるには少々不便な部分がありました。飛行機か船でしか日本に来る方法がなく、内陸国と比較すると入国するには不便であることは明らかです。

というのも、日本にわざわざ来なくても、日本の文化は体験することができます。日本を代表する寿司やラーメンは海外でも、日本で食べいているものとほぼ同じ味のものを食べることができます。料理の面のみならず、日本の演歌や町並みはインターネットの発達により、どこでも知ること、見ること、聞くことができます。

このような状況の中で、日本にわざわざ足を運ぶ人がそれほど多くなかったのがこれまでの状況でした。このオリンピックというイベントは、海外の人々が日本に足を運んでくれる絶好の機会といえるでしょう。

経済効果は日本全国に及ぶ

大阪

今回このオリンピックは東京で開催されますが、経済効果の恩恵は東京のみが享受できるわけではありません。

東京だけではまかないきれない宿泊施設

まず、注目すべきは宿泊施設。東京はすでに人口はあふれてしまっており、新しい宿泊施設が不足している状況です。

ここ数年の中国からの観光客の増加には眼を見張るものがありますが、たったそれだけの観光客の増加だけで、出張のビジネスマンが宿泊できない程、都内の宿泊施設は満室状態となってしまっています。

こうした状況の中で、オリンピック期間中に海外からの大量の観光客を受け入れるとなると、東京だけに納めることはまず不可能でしょう。

埼玉や千葉、神奈川といった隣県に恩恵がもたらされるのは、容易に想像がつくでしょう。さらには、オリンピックをきっかけとした来日を機に、日本全国の観光地に観光客が訪れるという試算もなされています。

日本国民による観光も増加

海外からの観光客による経済効果は計り知れないものであると予想されますが、日本国民自身による経済効果も考えなくてはなりません。

まず、日本全国からオリンピック観戦に東京に観光にくる人が多くなります。日本人はもともと貯金好きという国民性ですが、東京オリンピックの開催期間中には多くの国民がオリンピック関連で消費を増やすと試算されています。

インフラ関連業界への恩恵

そうなると、まずは交通面での消費が大きくなります。

鉄道会社や飛行機会社などのインフラに関する会社は間違いなく利益が増加するでしょう。

オリンピック関連グッツに絡んだ小売業界への恩恵

オリンピック関連の消費で忘れてはならないものがオリンピックグッズでしょう。

タオルやTシャツ、靴下など、さまざまなグッズが販売されるでしょうが、その販売にあたって、多くのビジネスが発生します。商品の企画やデザイン、生産など、中小企業を中心に多くの企業へ恩恵がもたらされることになるでしょう。

世界が注目するクールジャパン

歌舞伎座

現在、日本の独自文化は海外でも非常に高い人気を誇ります。しかし、国によっては日本の文化が間違った形で知られているということも事実です。

今回の東京オリンピックは、こうして間違って広まってしまった日本の良き文化を、改めて世界に再発信していく絶好の機会といえるでしょう。

そうした意味でも、この東京オリンピックは非常に重要なイベントであると言えます。こうした多角的な面から、オリンピック関連銘柄を見ていくことにしましょう。

東京オリンピック関連銘柄

太平洋セメント【5233】

チャート画像

個人的に注目しているのが太平洋セメントです。国内セメントシェアで首位を誇る同社ですが、様々な施設・設備の建設によりセメントの需要が更に上向くことは必至です。

今現在は、首都圏の建設関連業者の人手不足や、円安による建設資材のコスト上昇、消費税増税などの影響によりセメント需要は減っていますが、2020年に近づくに連れ、徐々に需要が増加してくるでしょう。

大成建設【1801】

チャート画像

新国立競技場のスタンド施工を担当する大成建設は必ずチェックしておくべき銘柄の一つです。

東日本大震災からの復興需要から利益率の改善が進みつつあり、軟調だった株価も14年後半から再び上昇栄光に転じています。

JR東日本【9020】

チャート画像

首都圏の交通網の主役が、JR東日本でしょう。

山手線を主軸にした交通網での売上だけでなく、駅ビルのテナント収入や自動販売機や構内コンビニを含めた爆発的な売上増が見込まれる1社でしょう。

その他の東京オリンピック関連銘柄一覧

  • サムシング【1408】
  • ショーボンド【1414】
  • 安藤ハザマ【1719】
  • 東急建設【1720】
  • 麻生フオーム【1730】
  • 大林組【1802】
  • 清水建【1803】
  • 飛島建【1805】
  • 銭高組【1811】
  • 鹿島【1812】
  • 鉄建【1815】
  • 西松建【1820】
  • 東鉄工【1835】
  • 戸田建【1860】
  • PS三菱【1871】
  • NIPPO【1881】
  • 前田道【1883】
  • 日道路【1884】
  • 五洋建【1893】
  • 巴【1921】
  • ライト【1926】
  • 関電工【1942】
  • きんでん【1944】
  • 日本電設【1950】
  • 三晃金【1972】
  • サニーサイド【2180】
  • ALSOK【2331】
  • 夢真HD【2362】
  • 博報堂DY【2433】
  • ヒビノ【2469】
  • 翻訳センター【2483】
  • アサヒ【2502】
  • ABCマート【2670】
  • ダイナック【2675】
  • ヒューリック【3003】
  • 価値開発【3010】
  • アルペン【3028】
  • Jフロント【3086】
  • 三越伊勢丹【3099】
  • ユニゾHD【3258】
  • 東急不HD【3289】
  • シップHD【3360】
  • バルニバービ【3418】
  • ヒトコム【3654】
  • 積水化【4204】
  • ケネディクス【4321】
  • 電通【4324】
  • OLC【4661】
  • パーク24【4666】
  • ニッパンR【4669】
  • フジHD【4676】
  • リゾートトラ【4681】
  • リソー教育【4714】
  • 楽天【4755】
  • TOW【4767】
  • WOWOW【4839】
  • JX【5020】
  • アキレス【5142】
  • 相模ゴ【5194】
  • 住友大阪【5232】
  • デイ・シイ【5234】
  • アジアパイル【5288】
  • 新日鉄住金【5401】
  • 神戸鋼【5406】
  • 東京鉄【5445】
  • 三菱マ【5711】
  • 横河ブHD【5911】
  • OSJBHD【5912】
  • 地盤HD【6072】
  • JSS【6074】
  • フォトクリ【6075】
  • 酒井重【6358】
  • 石井鉄【6362】
  • タダノ【6395】
  • 日金銭【6418】
  • セガサミー【6460】
  • メディアGL【6659】
  • NEC【6701】
  • 富士通【6702】
  • パナソニック【6752】
  • 日立国際【6756】
  • TOA【6809】
  • 岩崎電【6924】
  • IHI【7013】
  • ヒマラヤ【7514】
  • キヤノン【7751】
  • 前田工繊【7821】
  • バンナムHD【7832】
  • アビックス【7836】
  • ヨネックス【7906】
  • アシックス【7936】
  • ユアサフナ【8006】
  • ミズノ【8022】
  • ゴルドウイン【8111】
  • デサント【8114】
  • サンリオ【8136】
  • ゼビオHD【8281】
  • 三菱UFJ【8306】
  • 三井住友FG【8316】
  • みずほFG【8411】
  • 野村【8604】
  • 東京海上【8766】
  • 三井不【8801】
  • 菱地所【8802】
  • 東建物【8804】
  • 住友不【8830】
  • 大京【8840】
  • 空港施設【8864】
  • 東祥【8920】
  • NTT都市【8933】
  • サンフロ不【8934】
  • ホテルリート【8985】
  • 東武【9001】
  • 東急【9005】
  • 京急【9006】
  • 京成【9009】
  • 富士急【9010】
  • JR東海【9022】
  • 阪急阪神【9042】
  • JAL【9201】
  • ANAHD【9202】
  • 三井倉HD【9302】
  • 渋沢倉【9304】
  • 洋埠頭【9351】
  • ニッコウトラ【9373】
  • TBSHD【9401】
  • 日テレHD【9404】
  • テレ朝HD【9409】
  • スカパーJ【9412】
  • テレ東HD【9413】
  • NTT【9432】
  • 東ガス【9531】
  • HIS【9603】
  • 共立メンテ【9616】
  • スペース【9622】
  • テアトル【9633】
  • よみランド【9671】
  • 東競馬【9672】
  • カナモト【9678】
  • 東京ドーム【9681】
  • 鴨川グランド【9695】
  • 日本空港ビル【9706】
  • 帝ホテル【9708】
  • ロイヤルホ【9713】
  • 乃村工芸社【9716】
  • 藤田観【9722】
  • KNTCT【9726】
  • セコム【9735】
  • CSP【9740】
  • 丹青社【9743】
  • アサツーDK【9747】
  • 応用地質【9755】
  • コナミHD【9766】
  • ベネッセHD【9783】
  • ニチイ学館【9792】

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

安倍政権の本格テコ入れが期待される、子育て支援関連銘柄を深掘り特集
夏枯れ相場は「上がっているセクター」を攻める!非鉄金属の住友電気工業<5802>に注目
経営資源としてクラウドワーカーを有効活用し成長シナリオを描く、うるる<3979>を深掘り特集
人工知能(AI)関連銘柄を深掘り特集
カジノ関連銘柄を深掘り特集
業績改善傾向が明確になってきた常磐興産<9675>を深掘り特集
NASAから重大発表!宇宙開発関連銘柄を深堀特集
ドローン関連銘柄を深掘り特集
中期的に注目していきたい、東京ゲームショウ2016関連銘柄を深掘り特集
アクリル樹脂原料値上がり報道を受け、買いが集まったプラマテルズ<2714>に注目
イノベーションで市場を作る!6期連続で過去最高益更新見込みのユーザーローカル<3984>に注目
知っておいて損はない!次世代の二次電池関連銘柄を深堀特集
健康志向を追い風に業績を伸ばしている、ピエトロ<2818>を深掘り特集
ゲーム関連銘柄への連想物色も?ミクシィ<2121>が新作ゲームを発表!
中国人富裕層に医療ツーリズムが人気の理由とは?

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ