チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

労働力の不足から需要拡大が継続する、産業用ロボット関連銘柄を深掘り特集

4月19日付けの日経新聞朝刊で、国内メーカーの中国での工作機械受注額が2017年1月に14ヶ月ぶりにプラスに転じたとの報道がありました。受注額回復の背景には、中国での製造業の台頭や、人件費の高騰を受けた工場などの自動化ニーズがあるとのことです。

世界中を見渡してみると高齢会社会への入り口に差し掛かっている国が多く、労働力の不足から産業用ロボットの需要はますます増加してくると言われています。

本日は今後長期的に恩恵を受けるであろう、産業用ロボット関連銘柄を深掘り特集していきたいと思います。

この記事の目次

この記事の目次となります。



スポンサード リンク

いま注目すべき※※関連銘柄

次に狙える急騰・爆騰必至の有望銘柄を無料で即配信!

産業用ロボットとは?

工場


産業用ロボットを一言で説明するとすれば、『人間の代わりに様々な作業を行う工作機械』といえるでしょう。

使用用途により様々な分類や形状がありますが、ISO(国際標準化機構)の定義によると『3軸以上の自由度を持つ、自動制御、プログラム可能なマニピュレータ』と定義されている模様です。

イメージしやすいのが、自動車などの工業製品製造工場で、製造ラインの中で部品の取り付けや溶接、塗装等を行う専用のロボットがあるかと思いますが、そうしたロボットを総称して産業用ロボットと言われています。

スポンサード リンク

【株】速報3銘柄を配信中

注目トレンド3銘柄から急騰予報【無料】登録後の銘柄情報に大注目

産業用ロボットは世界的にも需要が増加している狙い目セクター

工場のマネージャー


NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が発表した「ロボット白書2014」によれば、ロボット産業の将来市場は、2035年に9.7兆円まで成長すると予測されています。

加えて、2016年の世界産業用ロボット市場でトップ3社を見てみると、

  • 1位:安川電機<6506>
  • 2位:ABB(スイス)
  • 3位:ファナック<6954>

と日本企業がしっかりとシェアを抑えていることがわかります。

国内の産業用ロボットの稼働台数は、工場の海外移転などで減少傾向にありますが、中国やアメリカ、韓国やドイツなどではここ数年で飛躍的に稼働台数が増加しています。

加えて、今後は世界的にも高齢化社会を迎えつつある国が増加してくることで、ますます労働力不足が顕著になってくるでしょう。そうなると、産業用ロボットのニーズもますます増加してくると予想されます。

スポンサード リンク

明日急騰が期待出来る銘柄 毎日、無料で公開中

あの大人気コーナーで今話題沸騰中!厳選された急騰銘柄を無料で即お届け

産業用ロボット関連銘柄

産業用ロボット関連銘柄には、ファナック<6954>やキーエンス<6861>、不二越<6474>や東芝機械<6104>などがありますが、単元辺りの投資費用が大きくなりがちなので、今回は個人投資家にも手が出しやすい値ごろな価格帯の銘柄をピックアップしてみました。

安川電機<6506>

チャート画像

独自制御技術でサーボモーターとインバーター部門で世界首位、2016年には産業用ロボット分野でも累積台数で世界首位に躍り出たのが安川電機<7912>です。

2025年にはIoT対応なども含め、15年比で2倍の売上高を目指す長期経営計画を策定。医療分野や福祉の分野などへの応用も視野に入れています。

近年は太陽光発電用のパワーコンディショナーや電気自動車の駆動システムなどの環境分野にも進出しており、ますます活躍の場が広がっている企業と言えるでしょう。

セイコーエプソン<6724>

チャート画像

インクジェットプリンター国内首位のセイコーエプソン<6724>。プリンターメーカーのイメージが非常に強い印象ですが、隠れた産業用ロボット関連銘柄のひとつとしてピックアップします。

セイコーエプソン<6724>は将来の収益源として、アーム部分を6つの関節で構成した6軸ロボットを中心に、2020年までに売上高1,000億円まで成長させる計画です。

高採算のインク消耗品と並行して産業用ロボット分野へ進出することで、更なる株価の上昇が期待できる銘柄の一つです。

ナブテスコ<6268>

チャート画像

自動ドアで世界首位級、鉄道用のブレーキなどにも強みを持つナブテスコ<6268>ですが、産業ロボット用の円滑な動きを支える関節に使用される精密減速機でも世界シェア6割を誇ります。

今後は、この技術を用いた介護ロボット分野にも進出しており外出支援アシスト歩行車の開発に取り組むとともに、ドイツの自動車部品メーカーを約100億円で買収するなど、欧州での海外拠点整備に余念がありません。

その他の産業用ロボット関連銘柄一覧

  • 鹿島<1812>
  • 大和ハウス<1925>
  • フロンテオ<2158>
  • ALSOK<2331>
  • 日本サード<2488>
  • 東エレデバ<2760>
  • 川田テク<3443>
  • 菊池製作<3444>
  • セック<3741>
  • チェンジ<3962>
  • サイバネット<4312>
  • ソフバンテク<4726>
  • 住友理工<5191>
  • 神戸鋼<5406>
  • 日東精<5957>
  • 東芝機<6104>
  • アマダHD<6113>
  • アイダ<6118>
  • 富機製<6134>
  • 平田機工<6258>
  • マルマエ<6264>
  • ニッセイ<6271>
  • SMC<6273>
  • 住友重<6302>
  • ローツェ<6323>
  • ハーモニック<6324>
  • 渋谷工<6340>
  • 鈴茂器工<6405>
  • ヒーハイスト<6433>
  • JUKI<6440>
  • 蛇の目<6445>
  • 日精工<6471>
  • 不二越<6474>
  • ミネベア<6479>
  • トムソン<6480>
  • THK<6481>
  • ユーシン精機<6482>
  • 日立<6501>
  • 東芝<6502>
  • 三菱電<6503>
  • 安川電<6506>
  • シンフォニア<6507>
  • 山洋電<6516>
  • マブチ<6592>
  • 日電産<6594>
  • ダイヘン<6622>
  • ネクスG<6634>
  • 第一精工<6640>
  • オムロン<6645>
  • IDEC<6652>
  • NEC<6701>
  • 富士通<6702>
  • OKI<6703>
  • エプソン<6724>
  • アルバック<6728>
  • パナソニック<6752>
  • アズビル<6845>
  • キーエンス<6861>
  • シスメックス<6869>
  • パルステック<6894>
  • アバール<6918>
  • ファナック<6954>
  • 双葉電<6986>
  • 三井造<7003>
  • 三菱重<7011>
  • 川重<7012>
  • 日産自<7201>
  • トヨタ<7203>
  • アスカ<7227>
  • トピー<7231>
  • フタバ<7241>
  • 今仙電機<7266>
  • ホンダ<7267>
  • スズキ<7269>
  • SUBARU<7270>
  • ヤマハ発<7272>
  • 鳥羽洋行<7472>
  • ニコン<7731>
  • トプコン<7732>
  • サイバダイン<7779>
  • バンナムHD<7832>
  • タカラトミー<7867>
  • マミヤOP<7991>
  • セーラー<7992>
  • 岡村製<7994>
  • 住友商<8053>
  • サンワテク<8137>
  • 東陽テク<8151>
  • セコム<9735>
  • 富士ソフト<9749>
  • アルテック<9972>
  • ソフトバンク<9984>

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

その他、市場で注目される”要注目のテーマ株”は?

株式投資、特に比較的短期間で大きく利益を上げていく為には、市場で注目されはじめた株をいかに早めに仕込むか、がポイントとなってきます。いわゆる、『初動に乗る』というやつですね。

そうした銘柄の初動に乗る為には、常にアンテナを張り巡らせて”いち早く情報”を手に入れる必要があります。

話題性が高く物色の対象となりそうな銘柄の情報は、やはり投資顧問が配信する情報や、実績のある個人投資家の人の発信する情報を参考にすると良いかと思います。

▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガ

利益が出なければ顧問料は一切不要の”成功報酬”で、30年間投資顧問として実績を積み重ねている橋本明男氏と、上場企業の取締役やM&Aのアドバイザーなどを歴任している堀篤氏が所属するのが、ミリオンストック投資顧問です。

橋本罫線考案者の橋本氏と、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤氏は、Yahoo!ファイナンスの教えて達人でも活躍中

そんなミリオンストック投資顧問が”厳選した急騰期待が高い銘柄情報を、毎日配信してくれる無料メールマガジンは非常に熱い情報が満載。橋本氏のコラム『わしの罫線』も非常に読み応えがあります。

▶▶▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガは、こちらから

▶株マイスターの無料メールマガジン

顧客第一主義を掲げる小野山功氏や、材料やテーマ株に強い”攻める投資”をテーマに連載する本村健氏のコラムを無料で掲載しているのが、株マイスターです。

老舗の投資顧問らしく会員の目線にたったサービスを展開しており、タイムリーな情報も惜しみなく公開中。カーディナル<7855>やサイバーS<3810>など、提供後1ヶ月程度で急騰劇を見せるパンチの効いた銘柄を提供しており、非常に良いタイミングで注目銘柄を推奨しているな、という印象です。

無料メルマガ登録で最新の注目3銘柄を無料公開しているので、必ずチェックしておきたいですね。

▶株マイスターの無料メールマガジンは、こちらから

▶株トレード投資顧問の無料メルマガ

山丸証券や極東証券などを渡り歩いた筋金入りの敏腕ディーラー伊東聡氏を中心に、業界の隅々まで人脈を形成しているカブ知恵代表の藤井英敏氏、国際テクニカルアナリスト連盟のテクニカルアナリストであり、フィナンシャルプランナーでもある横山利香氏などが情報を提供するのが、株トレード投資顧問です。

株トレード投資顧問は、当サイトでも取り上げているロボット関連銘柄人工知能関連銘柄自動運転関連銘柄などのテーマ株を徹底的に網羅しており、市場で話題となるテーマ株に関して、即情報を提供してくれるのが強みといえるでしょう。

今なら無料メルマガ登録で有望な3銘柄を提供中。今後もウォッチしていきたい情報源ですね。

▶▶▶株トレード投資顧問の無料メルマガは、こちらから

▶株プロフェットの無料メルマガ

日経CNBCなど、様々な投資情報番組でおなじみの相場の福の神・藤本誠之氏が執筆する、株プロフェットだけでしか読むことのできない、藤本誠之の「ココだけの話教えまっせー」が大人気なのが株プロフェット。

藤本誠之氏のコラムはもちろん無料で読むことができます。

このコラムを読むためだけに、無料メルマガ登録している方も居るのでは?

▶▶▶株プロフェットの無料メルマガは、こちらから

▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガ

ラジオ日経などを中心にメディアへの出演も多い清水洋介氏、元文部省で記者クラブのメンバーの山根亜希子氏と、業界に通じる2人の著名人が鋭い視点から市場を分析してくれるのがトリプルエー投資顧問です。

相場レポートなどは私も参考にしており、非常に的確な分析力を持っていると言う印象。

全体相場の流れから株式市場で話題の個別銘柄まで幅広くサポートしてくれるトリプルエー投資顧問の無料メルマガでは、所属する専属アナリストが厳選した旬な無料銘柄情報も受け取れます。

▶▶▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガは、こちらから

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ