短期視点で考える個別株。急騰期待が持てる3銘柄をピックアップ

東京株式市場


連日の閑散相場、閑古鳥が鳴く東京株式市場

10月に入り、連日低調な商いを続ける東京株式市場。売買代金を見ても10月に入り2兆円を超えてくる営業日が無く、閑散相場が続いております。

売買代金が連続2兆円を下回る状態が続くのは、2014年8〜9月期の17営業日連続以来となっており、張り合いが全く感じられない個人投資家の方も多くいらっしゃることでしょう。

日経平均は7月から17,000円を背に売りが大量に入り、16,000円前半で買いが入るボックス相場の傾向を強めています。売り込まれると日銀のETF買いがすかさず相場を下支えするとの雰囲気が強く、上下どちらにも方向性が出にくく、全く面白みの無い相場となっていることからも、相場全体が閑散としてしまうのも納得できます。

こうした歪な構造となっている東京株式市場。年初から続いている外国人投資家による日本株の売り越し傾向に変化が現れてきました。

日本株にとっても一筋の光明?

株式投資


10月第1週(3日-7日)の投資部門別売買動向では、現物・先物合わせて7,679億円も買い越しとなった模様です。

また、本日(10月20日)の前場では、日経平均株価は17,174円と17,100円を大きく越えて上昇。後場の状況次第ではありますが、このまま17,100円を超えて大引けを迎えてくると、4ヶ月目に突入する三角持ち合いを明確に上抜け、相場つきが大きく変わった、と言えるきっかけの日となるかもしれません。

日経平均株価


しかしながら、どんな銘柄でもバカになって買えば騰がる、というボーナスステージの登場はまだまだ期待できないのではないでしょうか。全体相場の方向性が明確になるまでは、短期中心のトレードで利益を出していくのも一考です。

短期投資目線での銘柄3選

トレード


先週からは、メタップス<6172>、オリコン<4800>、アサカ理研<5724>などを中心に、個人投資家に好まれそうなボラリティーが大きいな銘柄が市場で話題となっています。

ただし、上記でピックアップした銘柄などは、基本的にデイトレで向かう様な銘柄。数日単位のスウィングで挑める銘柄は無いの?という声にお答えして、いくつか銘柄をピックアップしてみたいと思います。

野村HD<8604>

野村HD<8604>チャート


まずピックアップしたいのは、野村HD<8604>。言わずと知れた、日本証券界の盟主たる存在です。

日足を見ていくと、2月1日の高値である682.1円と9月5日の高値である504.6円を結んだラインが上値抵抗線。

7月8日の安値である357.2円と9月30日の安値である446.1円を結んだラインが粗種支持線として機能しています。教科書通りの三角持ち合い状態ですね。

この野村HD<8604>ですが、10月18日に5日移動平均線が25日移動平均線を下から突き抜けております。加えて翌19日には上値抵抗線を明確にブレイクしてまいりました。

私自身も、19日の寄り付きでお試し買いを入れましたが、本日も前場から非常に強い相場を演じております。

目下、500円をきっちりと抜けてくるかどうかに注目しておりますが、500円を抜けてきた場合には、中期的に550円台も意識できるかな?と見ています。

ロックオン<3690>

ロックオン<3690>チャート


続いて注目したいのはロックオン<3690>。インターネット広告の効果測定から出稿業務をサポートする運用サービスや、ECサイト構築関連サービスを主力とする同社。AI関連銘柄の一角としても認知されていますね。

こちらの銘柄も8月30日の安値1,717円をそこに、こじっかりと底値固めを行った後、10月からはじっくりと上値を追ってきております。

今後の流れとしてはしっかりと上値を取りつつ、材料次第では急激に上昇劇を演じる、という流れが容易に想像できそうです。

チェックしておいても損はない銘柄かもしれませんね。

イマジカロボHD<6879>

イマジカロボHD<6879>チャート


最後に、イマジカロボHD<6879>。映像の制作を中心に、衛星放送、企画、人税サービスまで幅広く展開している同社です。

10月4日の安値540円、10月13日の安値577円を結んだラインが下値支持線。上値の抵抗は9月以降、2回程跳ね返されている690円台と見て良いかと思います。

日柄で見ても数営業日以内にこの690円台突破をチャレンジしてくると思われ、ここを抜けてくるとこれまで持ち合いで溜まっていたエネルギーが一気に吹き出す可能性も考えられます。

上記3銘柄以外にも、東証2部の小型株なども注目かもしれません。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

業績改善傾向が明確になってきた常磐興産<9675>を深掘り特集
自動運転関連銘柄の中でも比較的小型の原田工業<6904>は継続監視中
国土強靭化法案関連銘柄を深掘り特集
VR(バーチャルリアリティー)関連銘柄を深掘り特集
注目されれば即急騰!長期目線でも旨味のあるリニア関連銘柄を深堀特集
国民健康保険の再配分ルール策定で注目を集めるデータHR<3628>に注目
相場の福の神・藤本誠之氏が取り上げたMR関連銘柄とは?
未来型都市の実現はそう遠くない!スマートシティ関連銘柄を深堀特集
来年勝ちたい投資家は必見!今後、必ずや焦点となるであろう防衛関連銘柄を深掘り特集
徹底した効率的なオペレーションを追求し続ける、吉野家HD<9861>を深掘り特集
知っておいて損はない!次世代の二次電池関連銘柄を深堀特集
IoT関連銘柄を深掘り特集
出遅れビットコイン(Bitcoin) 関連銘柄として、このタイミングで注目したいメタップス<6172>
ヤフー<4689>の逆襲、スマホアプリ・プラットフォーマーへ反撃の狼煙
堅調な建設関連銘柄の中で出遅れ感が強い太平洋セメント<5233>

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ