東京オリンピックに向けて注目必須!電子タバコ関連銘柄を深堀特集

タバコの自動販売機


喫煙者には馴染みのある電子タバコ

しかし、非喫煙者であっても、今後爆発的に市場規模が拡大していくであろう電子タバコ関連銘柄はしっかりとチェックしておくのが賢明です。

今回は電子タバコ関連銘柄を抑えておくべき理由と、電子タバコ関連銘柄を深堀解説していこうと思います。

この記事の目次

 この記事の目次となります。



近代のタバコ、それが電子タバコ

電子タバコにリキッドを入れる男性


電子タバコとは、乾燥葉やリキッドを電熱線の発熱により霧状化して吸引する装置です。

日本及び海外でも電子タバコ産業は盛んになってきており、比較的買いやすく、味や種類、デザインも豊富で、健康被害がない事から次世代タバコと言われる事もあります。

次世代タバコ

『ニコチンが含まれていない』

日本では法律上、ニコチン入りのリキッドを売る事ができません。そのため、日本の電子タバコにはニコチンが含まれていません。

『健康被害がない』

ニコチンが含まれていないので、本人や副流煙による周囲の影響がありません。

日本では、

  • フィリップ モリス ジャパンが販売するiQOS(アイコス)
  • 日本タバコ産業(JT)が販売するPloom TECH(プルーム・テック)

この二つのブランドが有名です。この二つは電子タバコの中では少し特殊であり、加熱式タバコと言います。

加熱式タバコも電子タバコの一種ですが、iQOSとPloom TECHの管轄は財務省。実際にタバコの葉を使っているため、従来のタバコブランドの銘柄を取り扱っています。

この二つの電子タバコは現在でも入手困難であり、その認知度から電子タバコと言えばiQOSかPloom TECHを思い浮かべる方も少なくないでしょう。

もう少し詳しく加熱式タバコのことも説明したいところですが、今回はリキッド式の電子タバコを中心に解説を進めていくため説明は省きます。

ただ、加熱式タバコも電子タバコの一種であるという事は覚えておいてください。

東京オリンピックとタバコの関係

東京オリンピック


4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けてタバコが課題になっています。

2010年ごろから、IOC(国際オリンピック委員会)と、WHO(世界保健機関)が共同で、タバコの無い五輪を推進しています。

2012年ロンドン五輪や今年のブラジル五輪も受動喫煙の防止…つまり他人のタバコによる煙(副流煙)を吸わされないよう、法律でレストランやバーなども含めた屋内は全面禁煙と決められていて、違反すると罰則もありました。

これに対し日本の受動喫煙対策は、WHOから、世界でも最低レベルとされており、厚生労働省は「受動喫煙防止対策の強化について」を2016年10月に発表。

まだ正式に内容は定まっていませんが、官公庁や社会福祉施設等の公共施設での建物内禁煙、子供や患者が主に利用する学校や病院、医療機関はより厳しい敷地内禁煙。

飲食店などサービス業の施設や企業のオフィスは原則禁煙とし、煙が外に流出するのを防ぐ喫煙室の設置は認める等、厳しい内容になりそうです。

電子タバコに注目する2つの理由

電子タバコ


東京オリンピックに向けたタバコ規制

上に記載した通り、東京オリンピックに向けて公共機関ではタバコが全面禁煙になる可能性があります。

このような流れのなか、実際のタバコを比較すると健康的とも言える、ノンタールで火を使用しない電子タバコが注目を浴びてきています。

タバコ税の増税による電子タバコへの移行

数年前からタバコ税を増税し、一箱の価格が1000円になるという話が度々ニュースにもなっていました。

そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策として、タバコ税を引き上げるよう申し入れたことで、いよいよ増税の現実味が出てきました。

その流れに合わせたかのように台頭した電子タバコ。

実際、私の周りの喫煙者も、タバコの葉を使用しない電子タバコはタバコ税がかからないため、通常のタバコから電子タバコに移行しつつあります。

以上の理由から、将来的に電子タバコ関連銘柄が注目される事が考えられますので、必ず抑えておきましょう。

電子タバコ関連銘柄

トランザクション<7818>

チャート画像

一般雑貨、エコ雑貨、ヘルスケア雑貨などの販売を手掛ける企業。

VAPE(電子タバコ)専門ショップ「vape studio」をオープンし、国内外ブランドの安心・安全な商品を国内最大級の品揃えで展開しています。

日本タバコ産業<2914>

チャート画像

タバコの会社と言われていの一番に思い浮かぶのがこの企業。

タバコ事業が主力。ロシアのウェイトも高く、医薬・飲料・加工食品も手掛けています。

マルマン<7834>

チャート画像

ゴルフクラブを製造販売する企業。

第二の柱として電子パイポや健康食品に注力しています。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

仮想通貨関連銘柄、ビットコイン(Bitcoin)関連銘柄が注目される際にいち早い急騰を見せるリミックスポイント<3825>を深掘り特集
次の事業展開に先見の明あり!IT技術者育成に加速する夢テクノロジー<2458>を深掘り特集
底打ちした欧州市場で反撃の狼煙を上げる、知的財産を豊富に保有する注目企業とは?
鉄鋼セクターが業種別上昇率トップ!中でも有望な東京製鐵<5423>に注目
3年後の市場規模は1.5倍!今からでも遅くない越境EC関連銘柄を深堀特集
ポテトチップスの原料不足で株価急落中のカルビー<6082>を深掘り特集
5期連続の増収増益・過去最高益も市場では評価不足のアスラポート・ダイニング<3069>を深掘り特集
次世代の産業にとって必要不可欠な次世代携帯通信網・5G関連銘柄を深掘り特集
思惑の表面化で『祭り化』する可能性が非常に高いと考えている"あの企業"
健康志向を追い風に業績を伸ばしている、ピエトロ<2818>を深掘り特集
欧州から巻き起こる電気自動車シフトの潮流、上値余地の大きそうなリチウムイオン関連銘柄は?
配信間近!スーパーマリオラン関連銘柄を深堀特集
中期的に注目していきたい、東京ゲームショウ2016関連銘柄を深掘り特集
イギリスのEU離脱問題に揺れる世界経済とその結末
未来型ウエアラブル端末、スマートグラス関連のメガネスーパー<3318>に注目

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ