普及が加速するエコノミー型サービス、駐車場シェアリング関連銘柄を深掘り特集

世界的な潮流として、様々な物や空間を貸出・シェアして有効活用していく流れが加速してきています。

使っていない家や部屋をシェアするルームシェア、車を使わない日に貸し出すカーシェア、車の相乗り希望をマッチングするライドシェア、そして、駐車スペースをシェアする駐車場シェアと、様々なシェアリングサービスが登場してきています。

今回は異業種からも参入が相次ぐ、駐車場シェアリング関連銘柄を深掘り特集していきたいと思います。

この記事の目次

この記事の目次となります。



シェアリングサービスとは?

車の運転とスマホ


物や空間を、個人間で貸し借りをする際の仲介業者・サービスをシェアリングサービスと呼びます。

自動車や自転車、空き部屋等、使わない所有者と借りて使いたいと考えている人との間を取り持ち、個人的な貸借を出来るだけ手軽に行えるように、様々な事業者が独自のシェアリングサービスを展開しています。

知らない人同士をつなぐというシェアリング・エコノミー型サービスは、スマートフォンでの手軽な利用を想定し、徹底的に利用者の使い勝手を追求しているサービスが多いのが特徴です。

また、貸し主・借り主間で大きなトラブルが起きないよう、シェアリングサービスを展開する事業者は様々な趣向を凝らしてサービスの運営を行っています。

駐車場シェアリングサービスとは?

駐車場


こうしたシェアリングサービスの普及と共に登場してきたのが、駐車場シェアリングサービスです。

空き駐車スペースのシェアリングサービスはアパートやマンションの空き部屋などと比べると法律的な規制がほとんど存在しないため、参入障壁が非常に低い状況です。こうしたことからも、不動産関連企業や、駐車場を運営する企業以外の業態からも、続々と参入が相次いでいます

駐車場シェアリングサービスを利用するには?

利用希望者は、駐車場シェアリングサービスに無料会員登録し、支払いに利用するクレジットカードを登録します。

利用したいと考えている場所や料金単価を参考に駐車場を選択し、利用予約を入れます。

スマートフォンで利用しやすいように設計されたアプリを介しての手続きとなるため、想像以上に簡単に利用することが可能となっています。

個人だけではなく、法人も積極的に休眠資産を活用

個人の自宅の敷地や、使用していない駐車スペースをシェアするのが、一般的な駐車場シェアリングサービスとなります。

それに加え、企業が保有する駐車場を土日に貸し出したり、空いている月極駐車場なども活用したりする動きが出てきました。

催し物やイベント開催地周辺のコインパーキングが不足したり、都市部では慢性的な駐車場不足したりする問題が存在しています。こうしたことからも、今後様々な形での駐車シェアリングサービスが普及していくものと個人的には考えています。

駐車場シェアリング関連銘柄

リクルートHD<6098>

チャート画像

リクルートHD傘下のリクルート住まいカンパニーが、この4月から企業や不動産管理会社の空き駐車場を時間単位で貸し出すシェアリングサービスを開始するという報道がありました。

約600万件の物件を掲載する、国内最大規模の不動産情報サイト『SUUMO』を運営するリクルートHD<6098>ですが、『SUUMOドライブ』という名称でサービスをローンチする模様です。

当面は、利用時のトラブルなどをなるべく発生させないよう、法人が保有・管理する駐車場に照準を絞りサービスを開始していくとのこと。

非常に注目して見ていきたい駐車場シェアリングサービスのひとつです。

住友商事<8053>

チャート画像

業界最大手のakippaと業務提携するのが住友商事<8053>。共同で法人需要の本格開拓を目指し、営業活動における協業体制を構築していくとの事です。

DeNA<2432>

チャート画像

そのakippaに資本出資しているのがDeNA<2432>。akippaが将来IPOを目指す事になった場合には、思惑買いも入ってきそうですね。

パーク24<4666>

チャート画像

今後の業績拡大に大きく寄与しそうな駐車場シェアリングサービス、『B-Times』を運営。

主力のコインパーキング事業タイムズを作りにくい郊外や住宅地等の未開拓部分を埋めるサービスとして非常に注目しています。

楽天<4755>

チャート画像

2月23日に、駐車場シェアリングサービス『ラクパ』をリリース。

これまでにも有望なサービスに積極的に参入してきた楽天<4755>ですが、どれもうまく言っているとはいい難い状況。

果たして、今回は『ラクパ』を軌道に乗せることができるのでしょうか?

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ