2018年、大注するべき3つのテーマは、”防衛関連銘柄”、”人工知能関連銘柄”、”仮想通貨”

※2018年、、元・投資顧問会社社長のチラシの裏というブログ名から、相場観察チラシの裏にブログ名を変更しました。心機一転、今後も何卒宜しくお願い致します。

2018年の相場はどのような相場になるのか?

一部では、日経平均株価3万円を越える大相場を予見する声も出ていますし、いやいや相場周期から考えて2万円を切る暴落が待っているという声も聞かれてきます。

個人的な見解として、『日経平均株価の予想をしてもほとんど意味がない』と考えるようになってきており、2018年の基本方針としては”動いた方についていく”という意識でトレードを考えていこうと思います。

ただし、テーマ株、個別株となると話はちょっと変わってきます。日頃からしっかりと企業分析、業界分析を行った上で、相場の”大きな流れ”を予測することが重要になってきます。

こうした観点から、2018年は『防衛関連銘柄』、『人工知能関連銘柄』、『仮想通貨』の3つに注目して銘柄を追っていきたいと考えています。

スポンサード リンク

提供後200%以上の上昇銘柄多数!

相場の福の神・藤本誠之を擁する半歩先読み集団が狙う、次の”急騰””注目テーマ株”は?

世界的に緊張が走る瞬間も?防衛関連銘柄に注目

戦車


北朝鮮による度重なる核実験やミサイル発射。

2017年、その度に株式相場で資金が流れたのが防衛関連銘柄でした。

日本海に出没する北朝鮮の漁船問題なども頻発しており、2018年も北朝鮮による地政学リスクは重要な関心事となるでしょう。

北朝鮮としては、核戦力と長距離弾道ミサイルを保有することは体制維持の為の必須条件。周辺国やアメリカにとっては核戦力を持たせることは阻止したい、といったところで、それぞれの思惑が水面下でぶつかっている状態です。

また、中東ではトランプ大統領によるイスラエル首都認定発言に端を発した不協和音が広がりつつあります。

加えて、中国とインド国境の紛争、イラク・シリアから国境を超えて移動していると言われるISISの残党など、世界中には様々な火種が残ったままです。

増加の一途をたどる日本の防衛予算を考えても、2018年中に世界的に緊張が走る瞬間が訪れないとも言いきれません。

こうしたことからも、2018年も引き続き防衛関連銘柄から目が離せないのではないかと考えています。

防衛関連銘柄に関しては、2016年の年末に『来年勝ちたい投資家は必見!今後、必ずや焦点となるであろう防衛関連銘柄を深掘り特集』というタイトルで詳細な記事を書いているので、そちらを改めて一読頂くと良いかと思います。

スポンサード リンク

今月の注目株情報が見逃せない!

向後はるみ擁する株エヴァンジェリストが相場を勝ち抜くテーマ性の有望株‎を伝授!

人工知能(AI)関連銘柄に注目

iPhone


2017年は人工知能が搭載されたAIスピーカーが様々な企業から発売された年でした。

身近なAIとしては、皆さんお持ちのスマートフォンにはGoogleの音声AIアシスタント・Googleアシスタントや、AppleのSiriなどの人工知能が搭載されています。

GoogleアシスタントやSiriの進化は凄まじく、OSのアップデートのたびに言語認識性能や受け答えの精度が飛躍的に増してきているのが実感できます。

加えて、2017年は各企業のコールセンターやサポートセンターなどで、テキストでの双方向リアルタイムコミュニケーションを実現する『チャットボット』の導入が進んだ1年でした。

こうした対話型の人工知能以外にも、ECサイトや音楽サイトのレコメンド機能、ビックデータの解析、自動運転分野など、今後はますます人工知能が私達の身近で活躍してくるでしょう。

こうしたことからも人工知能関連銘柄、とくにアルゴリズム自体を開発しているPKSHA Technology<3993>のような企業や、導入・運用を支援するような企業には大注目の1年となりそうです。

更に飛躍を遂げるか?それとも...仮想通貨に注目

ビットコイン


仮想通貨への投資(?)で億り人も出たことで更に世間の注目度が増してきた仮想通貨。米国市場では先物取引も始まりました。

イーサリアムや日本初の仮想通貨であるモナコインなど、今では数え切れない程の仮想通貨が流通するようになりましたが、中でも主役はビットコインでしょう。

そのビットコインは2017年初頭、1ビットコイン = 約8万円でした。それが、本稿執筆段階では1ビットコイン = 約220万円。上昇率はおよそ28倍にも達します。

報道などによると、11月以降世界中で仮想通貨取引所の口座開設が相次ぎ、取引所によっては口座開設の事務作業が追いつかないようなところまで出てきたようです。

このように人気が加熱している仮想通貨ですが、一部では冷静に”仮想通貨はバブルである”と指摘する声もあります。

果たして仮想通貨はバルブなのでしょうか?残念ながら、現時点では誰も分かりません。

しかしながら、仮想通貨のメリットが徐々に失われているのも、また事実です。

『現状の金融機関間の送金よりも手数料が安くスピーディーに送金できる』といったメリットは、トランザクションの増大により頻繁に遅延するようになり、その結果送金手数料も上昇しています。

『飲食店などの少額決済』などの利用に関しては、そもそもビットコインなどの仮想通貨を”利用するために保有”する層が、現時点でどれだけ居るのでしょうか?その殆どが、値上がり期待の保有に保有目的を切り替えているのではないでしょうか?

株式相場の投資家にも、仮想通貨のボラリティーの高さを魅力的だと感じる層が増えてきており、仮想通貨関連銘柄に投資をするよりも、仮想通貨自体に投資をしていった方が値上がりが期待できるという雰囲気がさらに強まってきていると感じています。

こうしたことからも、2018年はいい意味でも悪い意味でも仮想通貨から目が離せない1年になるのではないかと、考えています。

その他、市場で注目される”要注目のテーマ株”は?

株式投資、特に比較的短期間で大きく利益を上げていく為には、市場で注目されはじめた株をいかに早めに仕込むか、がポイントとなってきます。いわゆる、『初動に乗る』というやつですね。

そうした銘柄の初動に乗る為には、常にアンテナを張り巡らせて”いち早く情報”を手に入れる必要があります。

話題性が高く物色の対象となりそうな銘柄の情報は、やはり投資顧問が配信する情報や、実績のある個人投資家の人の発信する情報を参考にすると良いかと思います。

私自身も、こうした特徴のあるメールマガジンにGメールアドレスを作成して登録日々の情報収集先の一つとしても活用しています。

▶ジャパン・プライベート・エージェントの無料メルマガ

独自のテクニカル理論である「窓・壁・軸理論」を提唱し、短期のトレンドフォローを得意とするテクニカルアナリストの黒岩泰氏

経済誌や株式情報メディア、株-1グランプリなどでも相場動向や個別株に関するコメントや記事を執筆しており、個人投資家の方であればご存じの方も多いでしょう。

その黒岩氏を招聘し、黒岩氏が日々相場動向を相場情報を配信するのは、中小型株に特化した投資顧問JPA(ジャパン・プライベート・エージェント)。

無料メルマガ登録でプレゼントされる”注目のテーマ株”が、非常に高パフォーマンスを叩き出しています。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株プロフェットの無料メルマガ

日経CNBCなど、様々な投資情報番組でおなじみの相場の福の神・藤本誠之氏が執筆する、株プロフェットだけでしか読むことのできない、藤本誠之の「ココだけの話教えまっせー」が大人気なのが株プロフェット。

藤本誠之氏のコラムはもちろん無料で読むことができます。

このコラムを読むためだけに、無料メルマガ登録している方も居るのでは?

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株エヴァンジェリストの無料メルマガ

夕刊フジの人気企画、株-1グランプリのグランドチャンピオン大会でも優勝経験を持つ向後はるみ氏が株式投資に関するアドバイスを手がけるのが、株エヴァンジェリストです。

向後はるみ氏は、ラジオ日経や各種投資雑誌などでも幅広く活躍。投資の女神の異名を持つほど、株式投資業界では一目置かれた存在です。

株エヴァンジェリストの特徴として、市場のテーマ性人気度に加え、値動きの軽さなど個人投資家にとって嬉しい条件で分析してくれる銘柄に注目している印象を持ちます。

様々な評価サイトを見ても提供銘柄のパフォーマンスは頭一つ抜けており、今後も情報収集先としては注目している投資情報サイトのひとつとなります。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガ

利益が出なければ顧問料は一切不要の”成功報酬”で、30年間投資顧問として実績を積み重ねている橋本明男氏と、上場企業の取締役やM&Aのアドバイザーなどを歴任している堀篤氏が所属するのが、ミリオンストック投資顧問です。

橋本罫線考案者の橋本氏と、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤氏は、Yahoo!ファイナンスの教えて達人でも活躍中

そんなミリオンストック投資顧問が”厳選した急騰期待が高い銘柄情報を、毎日配信してくれる無料メールマガジンは非常に熱い情報が満載。橋本氏のコラム『わしの罫線』も非常に読み応えがあります。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株トレード投資顧問の無料メルマガ

山丸証券や極東証券などを渡り歩いた筋金入りの敏腕ディーラー伊東聡氏を中心に、業界の隅々まで人脈を形成しているカブ知恵代表の藤井英敏氏、国際テクニカルアナリスト連盟のテクニカルアナリストであり、フィナンシャルプランナーでもある横山利香氏などが情報を提供するのが、株トレード投資顧問です。

株トレード投資顧問は、当サイトでも取り上げているロボット関連銘柄人工知能関連銘柄自動運転関連銘柄などのテーマ株を徹底的に網羅しており、市場で話題となるテーマ株に関して、即情報を提供してくれるのが強みといえるでしょう。

今なら無料メルマガ登録で有望な3銘柄を提供中。今後もウォッチしていきたい情報源ですね。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶株マイスターの無料メールマガジン

顧客第一主義を掲げる小野山功氏や、材料やテーマ株に強い”攻める投資”をテーマに連載する本村健氏のコラムを無料で掲載しているのが、株マイスターです。

老舗の投資顧問らしく会員の目線にたったサービスを展開しており、タイムリーな情報も惜しみなく公開中。カーディナル<7855>やサイバーS<3810>など、提供後1ヶ月程度で急騰劇を見せるパンチの効いた銘柄を提供しており、非常に良いタイミングで注目銘柄を推奨しているな、という印象です。

無料メルマガ登録で最新の注目3銘柄を無料公開しているので、必ずチェックしておきたいですね。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガ

ラジオ日経などを中心にメディアへの出演も多い清水洋介氏、元文部省で記者クラブのメンバーの山根亜希子氏と、業界に通じる2人の著名人が鋭い視点から市場を分析してくれるのがトリプルエー投資顧問です。

相場レポートなどは私も参考にしており、非常に的確な分析力を持っていると言う印象。

全体相場の流れから株式市場で話題の個別銘柄まで幅広くサポートしてくれるトリプルエー投資顧問の無料メルマガでは、所属する専属アナリストが厳選した旬な無料銘柄情報も受け取れます。

▶▶▶無料メルマガを詳しく確認する

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

ヤフー<4689>の逆襲、スマホアプリ・プラットフォーマーへ反撃の狼煙
連続増益・連続増配に加え、高い実質利回りを誇るすかいらーく<3197>を深掘り特集
政府が「会話出来るAI」の開発へ!音声認識ソフト開発のアドバンスト・メディア<3773>に注目
クロマグロ、カンパチの完全養殖を武器に海外展開を加速するマルハニチロ<1333>に注目
来年勝ちたい投資家は必見!今後、必ずや焦点となるであろう防衛関連銘柄を深掘り特集
中期のトレーダーは必ず抑えておきたい、まだまだ仕込み余地大の原油関連銘柄を深堀特集
36年ぶり!国内に新工場建設の資生堂<4911>に注目
に注目" target="_self">
"国策"5G関連の出遅れ銘柄・ネクストジェン<3842>に注目
東京オリンピック関連銘柄を深掘り特集
東京オリンピックに向けて需要が高まりつつある、民泊関連銘柄を深掘り特集
出遅れビットコイン(Bitcoin) 関連銘柄として、このタイミングで注目したいメタップス<6172>
機械受注額が13ヶ月ぶりの高水準!EVに関する設備投資を進めている田中化学研究所<4080>に注目
LINE関連銘柄を深掘り特集
教育無償化の推進によって今後上昇する銘柄とは?ベネッセHD<9783>に注目
中期的に注目していきたい、東京ゲームショウ2016関連銘柄を深掘り特集
サブコンテンツ

このページの先頭へ