チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

6期連続増配を目指すジーフット<2686>を深掘り特集

地味ながらも堅調に純利益を積み上げている企業。そんな企業を早期に発見して、株価が安いうちに仕込んで置くのも、株式投資のひとつの戦略ですね。

本日は、イオン系の靴小売大手、ジーフット<2686>を深掘り特集していきたいと思います。

この記事の目次

この記事の目次となります。



スポンサード リンク

明日急騰が期待出来る銘柄 毎日、無料で公開中

あの大人気コーナーで今話題沸騰中!厳選された急騰銘柄を無料で即お届け

ジーフット<2686>の会社情報

ジーフット<2686>


ジーフット<2686>とは?

イオン系列の靴小売事業会社として中部地方を中心に全国展開するのが、2009年にツルヤ靴店とニューステップが合併して誕生したジーフット<2686>です。

ジーフット<2686>は、ASBEEやGreenboxなどの主力店舗を中心に、全国で880店舗を運営。

新規店の出店と不採算店の閉鎖を積極的に推し進めるスクラップ・アンド・ビルド戦略を推し進めていることもあり、店舗純増ペースはやや鈍化。紳士靴や婦人靴なども国内消費の弱含みの影響により減速傾向。値引きなどは行わずに粗利益率の維持を図った上での小幅増益と、売上高の完全回復状態とはまだまだ言えない状態でしょう。

そうした中、子供靴売り場『クツラ』は堅調さを維持。加えて、実際の店舗で試履した後、ゆっくりと考えてインターネットで購入するオムニチャネル戦略の展開も、今後さらに加速させていく方針のようです。

ジーフット<2686>の企業情報

市場 東証1部
貸借 信用銘柄
業種 小売
連結事業 紳士靴18、婦人靴28、スポーツ靴29、運動靴・子供靴17、他8(2016.2)
本社所在地 〒104-0033 東京都中央区新川1-23-5 新川イースト
上場年月日 2000年12月20日
スポンサード リンク

相場の福の神・藤本誠之

「ココだけの話、噂の※※を教えまっせ〜」先行配信!

ジーフット<2686>の株主配当と株主優待情報

ジーフット<2686>


株主優待情報

優待条件
決算 2月末日
権利確定月 2月末日、8月末日
単元株数 100株
対象株主 毎年2月末日現在の株主名簿に記載された、株式1単元(100株)以上を保有する株主を対象に年1回実施
100株〜1,000株未満 株主優待券2,000円(1,000円券2枚)を進呈
1,000株〜2,000株未満 株主優待券10,000円(1,000円券10枚)を進呈
2,000株以上 対象に株主優待券20,000円(1,000円券20枚)を進呈

株主配当情報

株主配当情報
権利確定月 2月末日、8月末日
単元株数 100株
対象株主 毎年2月末日、8月末日現在の株主名簿に記載された、株式1単元(100株)以上を保有する株主を対象に年2回実施
株主配当金 10〜11円(100株で1,000〜1,100円)※18年2月期予想
配当利回り 2.73%
実質配当利回り(配当金+株主優待) 5.3%

ジーフット<2686>の株主配当は、17年2月期で5期連続での増配(発行株式数の増減を加味)、更には、18年2月期には6期連続増配の予想もあり、株主配当目的の投資先としては今後期待が持てる銘柄と言えます。

また、株主優待を加味した実質配当利回りは、5.3%台と非常に高い水準にあります。

ジーフット<2686>のホームページでは、『配当性向は20%以上とし30%を目標にしている』と明記されていることからも、今後の業績の伸びを考えると、更に配当金が積み増される可能性もゼロではありません。

スポンサード リンク

明日急騰が期待出来る銘柄 毎日、無料で公開中

あの大人気コーナーで今話題沸騰中!厳選された急騰銘柄を無料で即お届け

ジーフット<2686>のファンダメンタルズ分析

ジーフット<2686>の会社四季報


ジーフット<2686>の主要指標

主要指標
予想PER 11.68
実績PBR 1.27
ROE 12.5%
業績推移
売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株利益 1株配当
連結14.2 98,370 4,465 4,423 2,180 52.4 7.5
連結15.2 103,467 5,507 5,465 2,801 67.2 11
連結16.2 103,933 5,515 5,473 2,814 67.2 19
連結17.2(予) 103,500 5,200 5,200 2,800 65.9 20
連結18.2(予) 105,00 5,500 5,500 2,900 68.2 20〜21

※2017年5月10日時点、会社四季報参照

ジーフット<2686>のネットネット指数

割安な銘柄を探し出す指数として使わるれこともあるネットネット指数。

ジーフット<2686>のネットネット指数は、-1.14(2017年5月24日終値で計算)となっています。

スクラップ・アンド・ビルド戦略で収益回復を目指すも、既存店の回復は道半ばと言ったところ。

4月10日に発表された月次売上高前年比速報でも、3月度は全社売上高が前年比94.8%と前年割れ。17年2月の下半期を見ても、

  • 9月度:96.1%
  • 10月度:102.5%
  • 11月度:94.8%
  • 12月度:94.4%
  • 1月度:90.7%
  • 2月度:91.9%

と苦戦を強いられています。

子供靴売り場『クツラ』とオムニチャネル戦略を軸に、今後どのような施策を打って来るのか?経営陣の腕の見せ所と言えます。

スポンサード リンク

相場の福の神・藤本誠之

「ココだけの話、噂の※※を教えまっせ〜」先行配信!

ジーフット<2686>のチャート分析

チャート画像

ジーフット<2686>の現在株価は、780円(2017年5月24日終値)となっています。

日足で考えるジーフット<2686>の短期売買シナリオ

ジーフット<2686>の日足チャート


ジーフット<2686>の日足チャートを見てみると、

  • 2017年1月10日の高値845円
  • 2017年2月22日の高値825円

を結んだラインが、上値抵抗線を形成しています。

下値の目処としては、

  • 2017年4月17日の安値716円
  • 2017年4月21日の安値722円

を結んだラインが、下値支持線とみて良いでしょう。

今後、2017年2月24日の急落の際に空けた窓を埋めに行く動きをすると見られ、この窓を埋め終わると一目均衡表で言うところの雲抜け完了となります。

短期的な売買を目的とする場合には、極力リスクを避ける意味でも上値抵抗線を終値ベースでブレイクしてきたタイミングでの追撃買いがベストではないでしょうか。

短期売買エントリーポイント:上値抵抗線を終値ベースでブレイクしてきたタイミングでエントリー

週足で考えるジーフット<2686>の中長期売買シナリオ

ジーフット<2686>の日足チャート

ジーフット<2686>の週足チャートを見てみると、

  • 2015年12月28日の週の高値1,049円
  • 2017年1月10日の週の高値845円

2017年1月10日の週の高値845円

また、

  • 2016年9月20日の安値684円
  • 2017年4月17日の安値716円

を結んだラインが、下値支持線を形成しています。

三角持ち合い状態が煮詰まってきており、今後持ち合い状態を上下どちらかにブレイクしてくることが想定されます。

終値ベースで780円台後半を抜けてくれば持ち合いブレイクとなるため、中長期的な投資を考える場合にもトレンドラインのブレイクエントリー戦略を一考したいところです。

中長期売買エントリーポイント:上値抵抗線を終値(週足)ベースでブレイクしてきたタイミングでエントリー

スポンサード リンク

アナリストが厳選!

最新の注目3銘柄を無料公開中!!

ジーフット<2686>の総合評価

※2017年5月10日段階

ジーフット<2686>を分析していくと、実質利回りの良さ三角持ち合い状態のブレイク前夜という2点を考慮すると、非常に良い投資のタイミングにある銘柄だと言えます。

一点、懸念点を挙げるとすれば持ち株会社であるイオン<8267>の動向

ジーフット<2686>の全店舗数の約85%程度は、イオン<8267>のショッピングセンター内への出店となっています。今後、イオン<8267>のショッピングモール数の減少やショッピングモール自体の集客力低下などのマイナス要因が浮上してくる恐れがあります。そうなってくると、同社の業績へも直接的に響いてくるため、この辺の情報は常に収集して備えておきたいところです。

こうしたことからも、ジーフット<2686>は、短期トレードよりも中長期のトレードに向いている銘柄だと、個人的には判断しています。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

その他、市場で注目される”要注目のテーマ株”は?

株式投資、特に比較的短期間で大きく利益を上げていく為には、市場で注目されはじめた株をいかに早めに仕込むか、がポイントとなってきます。いわゆる、『初動に乗る』というやつですね。

そうした銘柄の初動に乗る為には、常にアンテナを張り巡らせて”いち早く情報”を手に入れる必要があります。

話題性が高く物色の対象となりそうな銘柄の情報は、やはり投資顧問が配信する情報や、実績のある個人投資家の人の発信する情報を参考にすると良いかと思います。

▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガ

利益が出なければ顧問料は一切不要の”成功報酬”で、30年間投資顧問として実績を積み重ねている橋本明男氏と、上場企業の取締役やM&Aのアドバイザーなどを歴任している堀篤氏が所属するのが、ミリオンストック投資顧問です。

橋本罫線考案者の橋本氏と、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤氏は、Yahoo!ファイナンスの教えて達人でも活躍中

そんなミリオンストック投資顧問が”厳選した急騰期待が高い銘柄情報を、毎日配信してくれる無料メールマガジンは非常に熱い情報が満載。橋本氏のコラム『わしの罫線』も非常に読み応えがあります。

▶▶▶ミリオンストック投資顧問の無料メルマガは、こちらから

▶株マイスターの無料メールマガジン

顧客第一主義を掲げる小野山功氏や、材料やテーマ株に強い”攻める投資”をテーマに連載する本村健氏のコラムを無料で掲載しているのが、株マイスターです。

老舗の投資顧問らしく会員の目線にたったサービスを展開しており、タイムリーな情報も惜しみなく公開中。カーディナル<7855>やサイバーS<3810>など、提供後1ヶ月程度で急騰劇を見せるパンチの効いた銘柄を提供しており、非常に良いタイミングで注目銘柄を推奨しているな、という印象です。

無料メルマガ登録で最新の注目3銘柄を無料公開しているので、必ずチェックしておきたいですね。

▶株マイスターの無料メールマガジンは、こちらから

▶株トレード投資顧問の無料メルマガ

山丸証券や極東証券などを渡り歩いた筋金入りの敏腕ディーラー伊東聡氏を中心に、業界の隅々まで人脈を形成しているカブ知恵代表の藤井英敏氏、国際テクニカルアナリスト連盟のテクニカルアナリストであり、フィナンシャルプランナーでもある横山利香氏などが情報を提供するのが、株トレード投資顧問です。

株トレード投資顧問は、当サイトでも取り上げているロボット関連銘柄人工知能関連銘柄自動運転関連銘柄などのテーマ株を徹底的に網羅しており、市場で話題となるテーマ株に関して、即情報を提供してくれるのが強みといえるでしょう。

今なら無料メルマガ登録で有望な3銘柄を提供中。今後もウォッチしていきたい情報源ですね。

▶▶▶株トレード投資顧問の無料メルマガは、こちらから

▶株プロフェットの無料メルマガ

日経CNBCなど、様々な投資情報番組でおなじみの相場の福の神・藤本誠之氏が執筆する、株プロフェットだけでしか読むことのできない、藤本誠之の「ココだけの話教えまっせー」が大人気なのが株プロフェット。

藤本誠之氏のコラムはもちろん無料で読むことができます。

このコラムを読むためだけに、無料メルマガ登録している方も居るのでは?

▶▶▶株プロフェットの無料メルマガは、こちらから

▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガ

ラジオ日経などを中心にメディアへの出演も多い清水洋介氏、元文部省で記者クラブのメンバーの山根亜希子氏と、業界に通じる2人の著名人が鋭い視点から市場を分析してくれるのがトリプルエー投資顧問です。

相場レポートなどは私も参考にしており、非常に的確な分析力を持っていると言う印象。

全体相場の流れから株式市場で話題の個別銘柄まで幅広くサポートしてくれるトリプルエー投資顧問の無料メルマガでは、所属する専属アナリストが厳選した旬な無料銘柄情報も受け取れます。

▶▶▶トリプルエー投資顧問の無料メルマガは、こちらから

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ