ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴や将来性 予想をわかりやすく徹底解説

本日は個人的に2018年に注目している仮想通貨・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)を取り上げて解説していきます。

スポンサード リンク

目を見張る連日の上昇銘柄!

12/6提供 <3782>ディー・ディー・エス、「本日S高」提供から3営業日で24.51%上昇!次に急騰が期待出来る銘柄【※※※※】は!?

この記事の目次

 この記事の目次となります。



ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の基本情報

名称 ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
リリース 2017年
単位 BCH
開発者 Bitcoin Unlimited
アルゴリズム Proof of Work
上限発行枚数 21,000,000BCH
スポンサード リンク

投資顧問厳選の急騰狙い注目3銘柄!

今注目するべき”価値"ある株式投資銘柄情報をリアルタイム配信!急騰期待銘柄多数!!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは?



ビットコインキャシュは、2017年8月1日にビットコイン(Bitcoin)がハードフォーク(分裂)して誕生した、新しい仮想通貨となります。

スポンサード リンク

市場の動きをいち早く察知!

提供後、わずか"1ヶ月間”!【6541】グレイステクノロジーで+70.79%の実績を叩き出した有望情報筋が狙う次の※※銘柄!

スケーラビリティー問題

ビットコイン(Bitcoin)は10分毎にトランザクションデータのブロックを生成し、それを参加者達がマイニング(承認)するという仕組みの元、運用されています。

ビットコイン(Bitcoin)のブロックは、1MBとサイズが決まっていますが、近年の取引量の急増により、この『10分に1回、最大1MBでのマイニング』では処理が追いつかないようになってきました。これをスケーラビリティー問題と呼びます。

マイニングの処理が追いつかないことで、早く処理を行いたい人達が送金手数料を上乗せ。安く済むはずの送金手数料なども高騰してきています。

こうした問題を解決する為に、ビットコイン(Bitcoin)の開発者達は知恵をひねり、

  • トランザクションデータを圧縮
  • ブロック自体のサイズも拡張

という解決策を提案(BIP91)しました。

ビットコイン(Bitcoin)は特定の管理者が存在しないため、BIPという名称の提案書に沿った開発が行われています。

スケーラビリティー問題を解消するための提案はBIP91といわれ、ビットコイン(Bitcoin)の改善のための91番目の提案という意味で理解してもらってOKです。

スポンサード リンク

中小株特化サイトの決定版!

2017年も株価2倍超えの実績を複数持つ黒岩泰氏を招聘!2018年に上昇が期待できる新たなテーマ株を今すぐ無料配信!!

開発者とマイナーの対立

スケーラビリティー問題の解決のため、ビットコイン(Bitcoin)の開発者達はBIP91の解決案を提出。Bitcoin core(コミュニティー)を中心に支持されましたが、マイニングを実施している事業者からは猛反発を受けました。

理由として挙げられるのが、マイニング設備の互換性です。

簡単に言ってしまえば、BIP91の内容でアップデートしてしまうと、マイニングのためにこれまで整えてきた設備投資が無駄になってしまうので、マイニング設備が引き続き利用できるようなアップデートを要望したのです。

しかしながら、結果としてはトランザクションデータを圧縮してブロックに収納する形ではなく、ブロックサイズ自体を8MBに増やすことでスケーラビリティー問題を解決しようとする意見も根強く残り、結果として、ビットコインをハードフォークしてビットコインキャシュが誕生しました。

スポンサード リンク

提供後200%以上の上昇銘柄多数!

相場の福の神・藤本誠之を擁する半歩先読み集団が狙う、次の”急騰””注目テーマ株”は?

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴

仮想通貨


ブロックサイズは8MBに拡大

ビットコインキャッシュの特徴の特徴の一つとして挙げられるのが、ブロックサイズでしょう。

上記でも触れましたが、ビットコイン(Bitcoin)のブロックサイズが1MBなのに対し、ビットコインキャッシュでは8MBまで上限を拡大しています。

新アルゴリズム『DAA』の採用

ビットコインキャッシュは、ハードフォークのタイミングで、独自の難易度調整アルゴリズム(DAA)を採用しました。

この実装により、ハッシュレートの変動を抑えつつ安定した運営が可能となっています。

スポンサード リンク

今月の注目株情報が見逃せない!

向後はるみ擁する株エヴァンジェリストが相場を勝ち抜くテーマ性の有望株‎を伝授!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の価格と、将来性

仮想通貨


ビットコインキャッシュは、2017年8月に誕生すると、比較的穏やかな値動きでしたが、2017年11月上旬からの上昇で大きく急騰。

2017年12月には、一時50万円を越える値段まで急騰しました。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のチャート

ビットコインキャッシュ

※出典:bitFlyer


現在は170,000台まで下がってきていますが、Bitcoin.comを立ち上げたロジャー・ヴァーや、DCGのCEOバリーシル氏などもビットコインキャッシュ支持を表明

仮想通貨の生みの親と言われているグレイグ・ライト氏は、2018年はビットコインキャッシュの年になると声高に見解を述べており、bitcoin.com共同創業者エミル・オルデンバーグ氏に関しては、他全てのビットコインをビットコインキャッシュに替えたことを発表しています。

加えて、ビットコインキャッシュは2018年の中期ロードマップ(Bitcoin ABC project’s plans)を公開。追加のアップデートを実施することを発表しました。

中期ロードマップでは、

  • ハードフォークを複数回実行
  • ブロックサイズ上限引き上げて、最適なブロックサイズを探る
  • 難易度調整アルゴリズム(DAA)のアップデート

など様々な対応を予定。

また、ビットコインキャッシュの開発者達は、公式サイトで2018年5月までには、ビットコインキャッシュがビットコインになり、現在のビットコインの開発は停止すると宣言しており、目が離せない状況となっています。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

為替は円高方向へ?円高メリット銘柄のニトリホールディングス<9843>に注目
労働力の不足から需要拡大が継続する、産業用ロボット関連銘柄を深掘り特集
国民健康保険の再配分ルール策定で注目を集めるデータHR<3628>に注目
日本最大規模のネットワークセキュリティーセンターを保有するラック<3857>に最注目
日米中で車載電池増産へ!リチウムイオン電池関連のパナソニック<6752>に注目
店舗数は700を突破、増収増益を続けるライドオン・エクスプレス<6082>を深掘り特集
金先物価格が上昇、1,400ドル台突入も視界に!金(ゴールド)関連銘柄の中外鉱業<1333>に注目
ヤフー<4689>の逆襲、スマホアプリ・プラットフォーマーへ反撃の狼煙
事故増加で農業機械の自動運転化が急がれる中、井関農機<6310>に注目
誘致合戦が本格化してくる、2025年大阪万博関連銘柄を深掘り特集
2月6日(火曜日)、仮想通貨のトレード戦略(ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、リップル(XRP))
カジノ関連銘柄を深掘り特集
新たなインバウンド需要を開拓!再生医療関連銘柄を深掘り特集
上値抵抗線をブレイク、好業績を発表したSECカーボン【5304】に注目
現金大国の日本にもキャッシュレス化の流れ!電算システム<3630>に注目
サブコンテンツ

このページの先頭へ