「人工知能(AI)関連銘柄」の記事一覧

2020年東京オリンピックを控えて翻訳関連銘柄に物色!ロゼッタ<6182>に注目

訪日外国人旅行客の増加、2020年東京オリンピックを控えて、翻訳関連銘柄に物色が向かっているようです。 訪日外国人旅行客が年間2000万人を超える中、外国語を自動で通訳してくれる機器が相次いで発表されています。 NECは...

政府が「会話出来るAI」の開発へ!音声認識ソフト開発のアドバンスト・メディア<3773>に注目

本日12日付の日経新聞夕刊で、総務省が人工知能を活用して人と会話するコンピューターの開発に乗り出すと報じられています。 介護分野、銀行などのサービス業の窓口案内などに活用するのが狙いのようで、今後深刻化が予想されている人...

国内利用者2000万人突破!インスタ関連銘柄のトランス・コスモス<9715>に注目

インスタグラム(Instagram)の利用者が国内で2000万人を突破し、その成長率が注目されています。 2015年6月時点で810万人だったユーザー数が、2017年9月で2000万人を突破したのですから、その驚異的な成...

「マテリアルズ・インフォマティクス」を電池材料開発に活用する富士通<6702>に注目

「マテリアルズ・インフォマティクス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。 最近企業への導入が進んでいる取り組みですが、簡単に説明すると、 『既存の材料の性質などの蓄積したデータをもとに、コンピューターや人工知能(AI...

自動運転車普及をにらみ、技術開発を促進させるオムロン<6645>に注目

近い将来、自動運転車は今からは想像出来ない位に普及しているかもしれません。 企業は自動運転車普及をにらみ、今から関連技術の開発を促進させています。 2017年現在、完全な自動運転車は実現されておらず、車の運転における重要...

イノベーションで市場を作る!6期連続で過去最高益更新見込みのユーザーローカル<3984>に注目

2017年第496号の日経ヴェリタスにて、事業革新で市場を創り出す「イノベーション株」に関連した銘柄が数銘柄、解説付きで紹介されています。 ビッグデータや人工知能などの最新技術を取り入れ、イノベーションに果敢に挑む企業、...

今後の循環物色を先取りしたいAI関連銘柄のシグマクシス<6088>

本日の東京株式市場でも、引き続き好決算銘柄への資金流入が顕著に見られました。全体相場の上値は重く、好材料を抱えた銘柄へ資金が集中するのは致し方ないことなのかもしれません。 こうした状況で考えていきたいのが、好決算銘柄への...

AI搭載スマートスピーカー関連銘柄に加え、AR関連銘柄としての側面も持ち合わせるチェンジ<3962>

6月上旬から株価の上昇に勢いがついているチェンジ。本日(7月3日)も上げ幅を拡大しています。 チェンジは、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)向けに、土木構造物(トンネル等)の検査業務に用いるiPad専用アプリケーションを開...

利用ユーザーの興味連動型広告配信技術が光るGunosy<6047>を深掘り特集

7月の決算発表銘柄(四半期含む)をザッピングしていた所、興味深いチャートの形をしている銘柄が目に止まりました。 本日はキュレーション・ニュースアプリを展開しているGunosyを深掘り特集していきたいと思います。 この記事...

NVIDIA関連銘柄の側面も持つJIG-SAW<3914>に注目

日経新聞が、『謎の半導体メーカー』と完全に狙った釣りタイトルで話題になっているのが、米半導体大手のNVIDIA。 そのNVIDIAの株を、ソフトバンクとサウジアラビアなどと共同で発足させる『10兆円ファンド』が取得(正確...

出遅れビットコイン(Bitcoin) 関連銘柄として、このタイミングで注目したいメタップス<6172>

ビットコイン(Bitcoin)に関連した報道が相次ぐ中、ビットコイン(Bitcoin)自体の価格も急激に上昇してきています。 この記事の目次 この記事の目次となります。 目次1 この記事の目次2 ビットコイン(Bitco...

産業化に向けて政府の後押しが加わった人工知能関連銘柄を深堀特集

2月22日、当ブログでドローンや自動運転を活用した次世代物流サービスに関する記事を掲載しましたが、政府の後押しが加わりそうです。今回は産業化に向けて政府の後押しが加わった人工知能関連銘柄を深堀特集したいと思います。 この...

人工知能(AI)関連銘柄を深掘り特集

今回は人工知能(AI)関する解説をしていこうと思います。 この記事の目次  この記事の目次となります。 目次1 この記事の目次2 人工知能(AI)とは?3 機械学習とは?4 人工知能(AI)の歴史5 人工知能(AI)が人...

チェックしておきたい投資情報ヘッドライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ