2月8日(木曜日)、仮想通貨のトレード戦略(ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、リップル(XRP))

現在のビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)モナコイン(MONA)をテクニカルで分析していきたいと思います。

スポンサード リンク

中小株特化サイトの決定版!

2017年も株価2倍超えの実績を複数持つ黒岩泰氏を招聘!2018年に上昇が期待できる新たなテーマ株を今すぐ無料配信!!

この記事の目次

 この記事の目次となります。



仮想通貨のトレード材料

シンガポール


シンガポール、仮想通貨取引禁止せず:ポジティブ

シンガポール副首相(同国中央銀行及び金融規制機関として機能するシンガポール金融管理局(MAS)の長)のターマン・シャンムガラトナム氏が、国会議員が提出した質問への回答の中で、「仮想通貨に干渉しないという将来的な政策に変更はない」と回答。

ECBによる仮想通貨の規制強化:ポジティブ

欧州中央銀行(ECB)が、仮想通貨の規制は「対応すべき課題の優先順位の上位にない」として、仮想通貨への態度を軟化。

テザー(Tether)疑惑:【継続】ネガティブ

アメリカ最大の取引所であるビットフィネックス(Bitfinex)と、仮想通貨テザー(USDT)を発行する会社・テザー社に対し、米国商品先物取引委員会(CFTC)召喚状を送付(両者の株主は共通)。

仮想通貨テザーはドルとの1:1の交換比率を維持(つまり、テザーの総発行数と同じ米ドルを保有)するとしていますが、テザーを発行する度、ビットコイン(Bitcoin)を購入しているのではないか?との疑惑が持ち上がっています。

金融当局、政府関係者による規制観測:【継続】ネガティブ

米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長、及び米商品先物取引委員会(CFTC)のジャンカルロ委員長が、6日に米上院銀行委員会の仮想通貨に関する公聴会で「ICOの監視強化を」と証言。

また、アラブ首長国連邦(UAE)の証券・商品委員会(SCA)は4日、新たに発表した文書の中で、ICOのリスクについて投資家らに警告を発しました。

中国、インド、韓国、欧米の規制当局などの発言には要注意

コインチェック問題:【継続】ネガティブ

コインチェックから580億円分のネム(NEM)流出問題が継続中。一部韓国の情報機関によると、コインチェックへのハッキングに、北朝鮮のハッカーが関与した可能性も指摘されています。

また、コインチェック以外の複数社にも金融庁立ち入り検査が入る見通し

スポンサード リンク

投資顧問厳選の急騰狙い注目3銘柄!

今注目するべき”価値"ある株式投資銘柄情報をリアルタイム配信!急騰期待銘柄多数!!

ビットコイン(BTC)のトレード戦略

ビットコインの日足チャート


ビットコイン(BTC)の現在価格は、850,000円近辺。

価格水準としては昨日の水準とほぼ変わらず。

今回の下落相場の起点と終点を、

  • 12月7日日足 高値 2,400,000円 / BTC
  • 2月6日日足 安値 650,000円 / BTC

とすると、両起点の差は、1,750,000円 / BTCとなります。

引き続き、上値目処は今回の下落幅の23.6%戻しの水準である1,076,000円 / BTC水準が意識される展開が続きます。

当面は、ローソク足が短期移動平均線(7日移動平均線)を上回ってこれるかに注目したいところです。

仮に、日足で上回ってきた場合には、打診買いも。

スポンサード リンク

市場の動きをいち早く察知!

提供後、わずか"1ヶ月間”!【6541】グレイステクノロジーで+70.79%の実績を叩き出した有望情報筋が狙う次の※※銘柄!

イーサリアム(ETH)のトレード戦略

イーサリアムの日足チャート


イーサリアム(ETH)の現在価格は、84,000円 / ETH水準。

今回の下落相場の起点と終点を、

  • 1月10日日足 高値 186,009円 / ETH
  • 2月2日日足 安値 54,765円 / ETH

とすると、両起点の差は、131,244円 / ETHとなります。

下落幅の23.6%戻しの水準である85,750円 / ETHにちょうど差し掛かってきており、本日以降明確に上抜けられるかに注目。

仮に、日足で上回ってきた場合には、ビットコイン(BTC)同様に打診買いもあり

スポンサード リンク

今月の注目株情報が見逃せない!

向後はるみ擁する株エヴァンジェリストが相場を勝ち抜くテーマ性の有望株‎を伝授!

リップル(XRP)のトレード戦略

リップルの日足チャート


リップル(XRP)の現在価格は、80円 / XRP水準。

日足で見ると、下げ止まった感が強く感じられ、ここからの反発局面に期待したいところです。

取引材料としても、

  • 中国の決済サービス大手「連連」がリップルネットに加盟
  • ドバイの最大手取引所、『BitOasis』に上場決定
  • UAE(アラブ首長国連邦)のRAKBANKがリップル社と提携

など、連日続々と好材料が発表されています。

昨日も記載しましたが、短期・中期・長期の移動平均線がゴールデンクロス後、全て上向きになってくるまではじっと我慢の時

目先は、下落幅の23.6%戻しの水準である133円 / XRPとなりそうですので、ローソク足が短期移動平均線(7日移動平均線)を上回ってきた段階での打診買いも視野に入れていきたいところです。

スポンサード リンク

今注目するべき、プロ厳選の急騰期待3銘柄!

実践的な相場先読みレポートや、専属アナリストによる個別サポート体制で、銘柄相談も無料!

モナコイン(MONA)のトレード戦略

モナコインの日足チャート


モナコイン(MONA)の現在価格は、438円 / XRP水準。

連日指摘している最後の抵抗帯(280〜300円円 / MONA台)一歩手前で踏みとどまっている印象のMONA。

短期移動平均線(7日移動平均線)を上回った上で、下落幅の23.6%戻しの水準である798円 / MONAを目指す展開に期待したいところです。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

情報セキュリティ対策は急務!フィルタリングソフト国内首位のデジタルアーツ<2326>に注目
ブロックチェーン関連銘柄を深掘り特集
イノベーションで市場を作る!6期連続で過去最高益更新見込みのユーザーローカル<3984>に注目
TPPの新協定が大筋合意!恩恵を受けそうなADEKA<4401>に注目
事故増加で農業機械の自動運転化が急がれる中、井関農機<6310>に注目
1月22日(月曜日)、今週のイーサリアム(Ethereum)トレード戦略
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴や将来性 予想をわかりやすく徹底解説
2018年、大注するべき3つのテーマは、”防衛関連銘柄”、”人工知能関連銘柄”、”仮想通貨”
2020年東京オリンピックを控えて翻訳関連銘柄に物色!ロゼッタ<6182>に注目
プレスリリースが豊富なAIスピーカー関連銘柄、オンキヨー<6628>に注目
政府がガン対策に関する計画を閣議決定!小野薬品工業<4528>に注目
仮想通貨の普及を後押しすると期待されるZen関連銘柄を深掘り特集
出遅れビットコイン(Bitcoin) 関連銘柄として、このタイミングで注目したいメタップス<6172>
2月2日(金曜日)、アルトコインのトレード戦略(イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、リップル(XRP))
好決算で調整を経てからの一段高!今後の上昇期待が高いヤマックス<5285>に注目
サブコンテンツ

このページの先頭へ