リスク(LSK)の特徴や将来性 予想をわかりやすく徹底解説

本日は、昨日付でbitFlyerに上場を果たしたアルトコイン、リスク(LSK)を取り上げて解説していきます。

スポンサード リンク

投資顧問厳選の急騰狙い注目3銘柄!

今注目するべき”価値"ある株式投資銘柄情報をリアルタイム配信!急騰期待銘柄多数!!

この記事の目次

 この記事の目次となります。



リスク(LSK)の基本情報

リスク(LISK)


名称 リスク(LISK)
リリース 2016年5月
単位 LSK
開発者 Msx Kordek、Olivier Beddows
アルゴリズム DPoS(Delegated proof of Stake)
上限発行枚数 上限なし
スポンサード リンク

提供後200%以上の上昇銘柄多数!

相場の福の神・藤本誠之を擁する半歩先読み集団が狙う、次の”急騰””注目テーマ株”は?

リスク(LSK)とは?

リスク(LISK)


リスク(LSK)とは、2016年5月にICOを行ったアルトコインとなります。非常にややこしいのですが、

  • Lisk:分散型プラットフォーム
  • LSK:Liskプラットフォーム内の通貨

と覚えて頂ければと思います。

Lisk自体はスマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)構築の為のプラットフォームとして活用される事を想定しており、米マイクロソフト社のMicrosoft Azureとの提携を進めています。

スポンサード リンク

今月の注目株情報が見逃せない!

向後はるみ擁する株エヴァンジェリストが相場を勝ち抜くテーマ性の有望株‎を伝授!

リスク(LSK)の特徴

リスク(LISK)


リスク(LSK)の特徴をいくつか紹介してみたいと思います。

サイドチェーン上でのDApps構築

イーサリアム(ETH)の解説の際にも触れましたが、リスク(LSK)もブロックチェーン上に契約の内容や履行までを自動的に記録し、契約を完結させるスマートコントラクトの概念を実装しています。

リスク(LSK)とイーサリアム(ETH)の違いは、サイドチェーンを実装しているかどうかという点にあります。

サイドチェーンとは、複数のブロックチェーンの間で双方向に仮想通貨などをやり取りできる概念です。

また、サイドチェーン上でも仮想通貨を発行することが可能で、サイドチェーンで新機能を実装できるという柔軟性があります。

メインのブロックチェーンの側鎖と考えてもらっても良いかもしれませんね。

記述プログラミング言語にJavaScriptを採用

イーサリアム(ETH)では、スマートコントラクトを記述するプログラミング言語として、独自言語のsolidityを採用していますが、Liskでは、JavaScriptを採用しています。

JavaScriptは、WEBの開発などで多用されるプログラミング言語で、WEBエンジニアにとっては開発への参入ハードルがぐっと低くなったと言えるでしょう。

コンセンサスアルゴリズムはDPoS(Delegated proof of Stake)

DPoSとは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)で採用されているProof of Workや、リップル(XRP)で採用されているProof of Stakeとは異なるコンセンサスアルゴリズムの事を指します。

Proof of Workでは、誰でもが承認者になる事ができ、はじめに承認作業に成功したマイナーに報酬が支払われる概念でした。Proof of Workでは、特定の承認者が存在します。

DPoSでは、仮想通貨保有者に保有量に応じた投票権が割り当てられます。その上で、投票を実施して承認者を決める仕組みとなり、選出された投票者がブロックを生成していきます。

スポンサード リンク

目を見張る連日の上昇銘柄!

12/6提供 <3782>ディー・ディー・エス、「本日S高」提供から3営業日で24.51%上昇!次に急騰が期待出来る銘柄【※※※※】は!?

リスク(LSK)の価格と、将来性

リスク(LISK)


リスク(LSK)のチャート

リスク(LISK)のチャート


リスク(LSK)のチャートを見ていきましょう。

リスク(LSK)は、現在、

  • BUY:3,172円
  • SELL:2,703円

で取引されています。

※bitFlyer2018年2月1日 13:00現在価格

チャートを見てみると、昨日のbitFliyer上場で一気に1,000円程度の上昇を見せているのが伺えます。

それよりなにより、bitFlyerでの購入と売却のスプレッドの広さが目に付きますね。国内でも、早急に規模の大きな取引所が出来て欲しいと願うばかりです。

さて、リスク(LSK)の将来性を考えていきましょう。

リスク(LSK)は、スケーラビリティーと柔軟性を持つというメリットがあります。例えば、イーサリアム(ETH)でスマートコントラクトを実行する際の手数料が、イーサリアム(ETH)自体の価格上昇に伴っています。

その点、リスク(LSK)ではサイドチェーン上での処理を行うことにより、スマートコントラクト処理の為の手数料を低く抑えることが可能です。

こうしたことから、リスク(LSK)はイーサリアム(ETH)を超えるポテンシャルを持っているのではないか?と支持するユーザーが多く、今後も様々な企業や団体との提携などに報道に注目が集まりそうです。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジン

本当は教えたくない〇〇な要注目テーマ株など、個人投資家向けに市場で注目されるテーマ株など、投資に役立つ情報を"ほぼ日刊"で配信中

『1日〜14日以内の短期売買・候補銘柄』を、メールマガジン限定で毎日配信中です。

元投資顧問社長のチラシの裏、公式メールマガジンの無料登録はこちらから

メルマガ購読・解除
 

あなたにオススメ

量子コンピューター関連が再急騰している今、NF回路<6864>に注目
堅調な建設関連銘柄の中で出遅れ感が強い太平洋セメント<5233>
アルミ価格が急上昇!関連銘柄として大紀アルミニウム工業所<5702>に注目
株価底打ち反転、がん治療を主軸とするオンコリスバイオファーマ<4588>
事故増加で農業機械の自動運転化が急がれる中、井関農機<6310>に注目
ヤフー<4689>の逆襲、スマホアプリ・プラットフォーマーへ反撃の狼煙
次に狙うべき決算発表間近の銘柄候補は、TOKAIホールディングス<3167>
高齢ドライバーへ自動運転という選択肢!関連銘柄のドーン<2303>に注目
ビットコイン(Bitcoin)関連銘柄、仮想通貨関連銘柄として改めて注目してみたいGMOインターネット<9449> を深掘り特集
国策が絡む人材関連銘柄、最高益更新で大化け期待のUTグループ<2146>を深掘り特集
好材料発表で株価急騰のセレス<3696> 、仮想通貨関連銘柄で注目するべき小型株は?
昨日からの下落で、ビットコイン(Bitcoin)が100万円割れ。今後の動向は?
モナコイン(モナーコイン)の特徴や将来性 予想をわかりやすく徹底解説
増配期待が高まる、連続最高純益を更新中のセブン銀行<8410>に注目
クロマグロ、カンパチの完全養殖を武器に海外展開を加速するマルハニチロ<1333>に注目
サブコンテンツ

このページの先頭へ