「個人投資家」タグの記事一覧

世界的な規模で拡大を見せる、FA(ファクトリーオートメーション)関連銘柄を深堀特集

本日の日経新聞朝刊に、設備投資関連銘柄に関する記事が掲載されていました。 6日の東京株式市場では、設備投資関連銘柄がにぎわった。 〜中略〜 工作機械受注で企業の設備投資意欲が確認され、業績拡大期待の高い銘柄を物色する動き...

昨日からの下落で、ビットコイン(Bitcoin)が100万円割れ。今後の動向は?

日本時間1月16日の16時過ぎから、ビットコイン(Bitcoin)が大きく下落。 本日早朝7時には、997,000円(参照:Coincheck BTC/JPY)まで大幅な下落を記録しました。ビットコイン(Bitcoin)...

IoT分野、人工知能(AI)分野への具体的な進出計画が待たれるハーツユナイテッドグループ<3676>

本日の日経平均株価は大きく続伸。前日比236.93円高の23,951.81円で大引けを迎えています。しかし、相場は本当に強いです。24,000円も目前となってきていますが、短期的な目線としては日経平均株価24,000円で...

バイナンス(Binance)をはじめとした海外の仮想通貨取引所は、バイナリーオプションの海外取引所と同じ運命をたどる

草コインの取扱数では群を抜いているのが、仮想通貨取引のバイナンス(Binance)です。本日このバイナンス(Binance)で、『日本語での表記が消えた』という問題が発生。ネット上でも様々な観測が流れています。 ネット上...

金先物価格が上昇、1,400ドル台突入も視界に!金(ゴールド)関連銘柄の中外鉱業<1333>に注目

中国政府による、米国債の購入縮小や停止検討観測報道を背景としたドル安進行により、コモディティ市場で金価格が上昇しています。 一般的に、NY市場での株価上昇が起きる際には、金価格は下落する傾向にあると言われています。これは...

持ち合いを煮詰めるビットコイン(Bitcoin)。仮想通貨の法規制を進める中国・韓国と、静観する日本政府のスタンスの違い。

先週もビットコイン(Bitcoin)に関する様々な報道がありました。その中でも特にインパクトが強かったのが韓国政府による仮想通貨取引所の閉鎖規制と、中国当局によるマイニング規制でした。 この記事の目次  この記事の目次と...

クロマグロ、カンパチの完全養殖を武器に海外展開を加速するマルハニチロ<1333>に注目

1月5日の早朝、築地市場。新年恒例の初競りが開催されました。 今年の10月には豊洲市場への移転が控えており、築地市場としての初競りは最後。毎年話題となる青森県大間産クロマグロですが、今年は仲卸業者「やま幸」が落札。201...

2週間後、ビットコイン(Bitcoin)は大きく動く?テクニカルから考える仮想通貨

年明けから上昇基調を続けている仮想通貨・Ethereum(イーサリアム)を尻目に、軟調な相場展開が続くビットコイン(Bitcoin)ですが、2018年はアルトコインの勢いに押され軟調な1年となってしまうのでしょうか? ビ...

ビットコイン(Bitcoin)、基本単位の変更により新規資金の流入が加速か?

ビットコイン(Bitcoin)の基本的な単位 先日書いたビットコイン(Bitcoin)に関する解説記事でも触れましたが、現在のビットコイン(Bitcoin)の単位は、『BTC』。 具体的には、 1ビットコイン = 1BT...

全固体電池関連銘柄に隠れた2次電池、マグネシウム電池関連銘柄の本命・古河電池<6937>に注目

本日の相場では、今後の要注目テーマである全固体電池関連銘柄の一翼を担う、古河機械金属の値動きを注視していました。 古河機械金属の日足チャートを見て頂ければ分かる通り、5日移動平均線を力強く上放れ、高値圏に浮上。大発会から...

株価底打ち反転、がん治療を主軸とするオンコリスバイオファーマ<4588>

来年相場を見据えた時に、先日の記事では大きく3つのテーマに関する記事を書いてみました。ただし、中期的な上昇を期待できる個別銘柄という意味では、まだまだピックアップしていこうかと思います。 そこで、本日は年明け以降少しずつ...

2018年、大注するべき3つのテーマは、”防衛関連銘柄”、”人工知能関連銘柄”、”仮想通貨”

2018年の相場はどのような相場になるのか? 一部では、日経平均株価3万円を越える大相場を予見する声も出ていますし、いやいや相場周期から考えて2万円を切る暴落が待っているという声も聞かれてきます。 個人的な見解として、『...

長期的なテーマとも言えるAI関連銘柄、加えて直近IPO銘柄の盛り上がりの恩恵を享受できそうなPKSHA Technology<3993>に注目

2017年も年の瀬が迫ってきましたが、この年末にかけてさらにIPOが盛り上がってきていますね。 例えば、11月29日に上場したトレードワークスは公募価格2,200円に対して14,690円。6倍を越える高値が付くなど人気化...

底値圏で堅調な推移を見せる、IoT関連銘柄のさくらインターネット<3778>に注目

一気に200万円台を付けてきた仮想通貨・Bitcoin。報道では、これまでFXを手がけていた層がボラリティーの高さに魅力を感じて仮想通貨取引に流れているといわれていますが、肌感覚では株式投資を行っているユーザー層もかなり...

北米市場で更なるシェア拡大を狙いに行く東洋水産<2875>に再度注目

日本を代表する食料品とも言える即席麺。そんなインスタント麺の中でも、手軽にさっと食べれるのがカップ麺ですね。 年末年始が近づくと、日清食品HD傘下の日清食品が展開するどん兵衛、東洋水産が展開する赤いきつねと緑のたぬきなど...

食品事業・物流事業の2本柱の堅調な成長を背景に上値を伸ばす、ニチレイ<2871>に注目

本日の東京株式市場は、前週末比127円65銭高の2万2,938円73銭で大引けを迎えています。 日経平均株価を日足で見てみると、11月9日以降高値圏で持ち合い状態が続いていたところを終値ベースで上方にブレイクしてきました...

1兆5,000億円の追い風を受ける、チャート形状も理想的なショーボンド<1414>に注目

リニア中央新幹線向けの3兆円の融資に続き、18年度予算では高速道路の建設促進のための1兆5,000億円の融資が決まると一部報道がありました。 高速道に財政融資1.5兆円 来年度、財務・国交省が調整 財務省と国土交通省は2...

中国の最高指導者が声高に掲げる「トイレ革命」の恩恵を受けるTOTO<5332>

本日の東京株式市場では、値上がり率ランキングを見てみると、全市場の上位30位中、7銘柄がランクインと、東証二部の銘柄が目立った1日でした。 その中でもネポン、アサヒ衛陶の2銘柄に関しては、日経新聞が朝刊で報じた習近平氏の...

日英が新型空対空ミサイルを共同開発!三菱電機<6503>の高性能レーダーを組み込む予定

今後、日本から他国への武器輸出が本格化するかもしれません。 24日付の日本経済新聞電子版で、「日本と英国両政府は2018年度、戦闘機に搭載する新型の空対空ミサイルの共同開発に乗りだす」との記事が掲載されています。 日英両...

情報セキュリティ対策は急務!フィルタリングソフト国内首位のデジタルアーツ<2326>に注目

21日、米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズは「2016年後半に5700万人分の個人情報が流出したことを隠蔽していた」と発表しました。 当局への報告を怠ったうえ、攻撃を仕掛けたサイバー犯罪者に10万ドル(約1120...

サブコンテンツ

このページの先頭へ