「株主優待」タグの記事一覧

【10万円以下】7期連続増配を続け、株主還元策にも積極的なモリト<9837>に注目

中・長期目線の個人投資家にとっては、株主還元の強化策を積極的に打ち出す企業はまさにダイヤの原石。 例えば、企業が配当性向を引き上げると、市場での人気も高まり株価自体の値上がりも期待できます。まさに、インカムゲイン(株主配...

"国策"5G関連の出遅れ銘柄・ネクストジェン<3842>に注目

本日付(2017年8月8日)の日経新聞朝刊にて、次世代通信規格・5Gに関連する特集記事が組まれていました。 超高速無線通信「第5世代(5G)」が世界で導入される2020年が迫り、関連企業に商機が広がっている。通信データを...

12月末に向け株価の一段高が期待できる、16年連続増配企業のユニ・チャーム<8113>

今週で決算発表も一巡することから、来週の夏休み(お盆休)期間中には取引額が減少してくることが想定されます。各メディアでも、株式市場の夏枯れ相場に関する話もちらほら聞かれ始めていますね。 個人投資家の方の中にも、すでに保有...

今後の循環物色を先取りしたいAI関連銘柄のシグマクシス<6088>

本日の東京株式市場でも、引き続き好決算銘柄への資金流入が顕著に見られました。全体相場の上値は重く、好材料を抱えた銘柄へ資金が集中するのは致し方ないことなのかもしれません。 こうした状況で考えていきたいのが、好決算銘柄への...

日本最大規模のネットワークセキュリティーセンターを保有するラック<3857>に最注目

7月27日に韓国の金融保安庁が、北朝鮮による各国の金融機関へのサイバー攻撃が激しさを増してきているとする報告書を発表致しました。 2016年に起きたバングラディッシュ中央銀行へのサイバー攻撃では、8,100万ドルが盗まれ...

資金が流入する東証1部、かつ、中期的なテーマである"IoT関連銘柄"を持ち合わせる三菱電機<6503>を再評価

本日の日経新聞朝刊で、KDDIがIoT向け格安通信分野のベンチャー企業・ソラコムを買収するという報道がありました。 約200億円と高額な買収額となる模様ですが、スマートフォンの普及で伸び悩む携帯電話事業のテコ入れ策として...

次に狙うべき決算発表間近の銘柄候補は、TOKAIホールディングス<3167>

本日の東京株式市場は、かなり不安定な相場展開となりました。日経平均株価は、19,985.79円と前日に比べてわずかながら上昇しましたが、新興市場では東証1部の好決算銘柄へと資金が流れたと見られ、銘柄によっては大幅安が続出...

リチウムイオン関連銘柄の中でも大きな材料を抱えるオハラ<5218>に注目

フランス政府についで、英国政府も2040年までに国内絵のガソリン車、及びディーゼル車の販売を禁止すると発表しました。 欧州のみならず中国でも、EVへのシフトは明確になってきており、こうした報道をきっかけに戸田工業やダブル...

東証1部昇格期待度が高い、東証2部銘柄のグリーンズ<6547>に注目

7月21日(金)の大引け後、東証2部の正栄食品が、28日付けで東証1部へと指定替えになると発表されました。週明け後の24日(月)には窓を開けて大きく上昇。本日も原稿執筆段階では、株価はさらに上昇を続けています。 新興市場...

増配期待が高まる、連続最高純益を更新中のセブン銀行<8410>に注目

本日の東京株式市場は非常に渋い相場展開となっています。為替相場では、ドル円が一時110.70銭台まで円高方面に傾くと、日経平均株価は寄り付きから売りが先行し、20,000円台を割ってスタート。 ドル円相場が111円台を回...

往年の仕手銘柄が上昇基調を継続、割安感から長期的な資金流入が続くルック<8029>を深掘り特集

古くから相場に関わっている関係者や個人投資家の方々であれば、ルックと聞くと懐かしく感じるのではないでしょうか? 2002年6月には200円台だったルックの株価が、2003年7月には2,160円の高値まで上昇。兜町の風雲児...

ヤフー<4689>の逆襲、スマホアプリ・プラットフォーマーへ反撃の狼煙

昨日、ヤフーが発表したスマホゲームの配信プラットフォーム『ゲームプラス』は、今後、スマホのゲームアプリ市場の構造を大きく変化させる可能性があります。 ヤフーの基本情報 引用:ゲームプラス 公式サイト 市場 東証1部 取引...

順調に再生への道を歩み始めたシャープ<6753>、今後2週間程度は値動きに要注目

シャープの株価が堅調な推移を辿っています。シャープの経営危機を巡って、最終的に台湾の鴻海精密工業が出資という形で救済。 一時は、100円を下回ったシャープの株価ですが、足元では400円前後まで堅調に戻してきています。 シ...

欧州から巻き起こる電気自動車シフトの潮流、上値余地の大きそうなリチウムイオン関連銘柄は?

今月6日、フランス政府は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出を抑える事を目的に、2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を国内でやめる方針を明らかにしました。 スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カ...

連続最高益で高配当、テクニカル的にも上場来高値更新が現実味を増してきている20万円以下の優良株

長期投資を行っていく上で重要な指標の一つとして、配当利回りの高さを重視して銘柄選別を行っている個人投資家の方も多くいらっしゃるかと思います。 本日は高配当が期待でき、かつ本業が安定しており2期連続最高益が視野に入っている...

好材料発表で株価急騰のセレス<3696> 、仮想通貨関連銘柄で注目するべき小型株は?

本日の前引け後、仮想通貨関連事業を行うビットバンクとセレスが業務資本提携を発表し、セレスの持ち分法適用関連会社となることが判明しました。 ビットバンクは、ビットコインの先物取引や、仮想通貨取引所のbitbank.cc、仮...

思惑の表面化で『祭り化』する可能性が非常に高いと考えている"あの企業"

九州北部を襲った記録的な大雨。本日時点で死者25名、行方不明者も多く、被災地では捜索が続いています。孤立状態にあった大分県日田市でも、報道によると12日にも孤立状態が解消されるとのこと。この度の災害で被災されました皆様に...

底打ちした欧州市場で反撃の狼煙を上げる、知的財産を豊富に保有する注目企業とは?

先週金曜日に発表された好調な米雇用統計の結果を受け、米国市場では株高、円安・ドル高の展開となりましたが、本日の日経平均株価も反発。中でも、任天堂が他を引き離す売買代金で急激に切り返してきています。 想定を超えて好調な販売...

事業好調で最高益、青天井相場に発展する可能性の高い低位株とは?

東京株式市場では軟調な主力株を尻目に、テーマ株や材料株に資金が集まっています。 自動運転関連銘柄やフィンテック関連銘柄、人工知能関連銘柄や昨日執筆した防衛関連銘柄など、資金の循環が続いていますが、材料を内包した低位株もチ...

局地的な地政学リスクは上昇、防衛関連の一角・細谷火工<4274>に注目

北朝鮮が4日に発射したミサイルに関して、米政府は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったと発表しました。 日本時間の4日15:30に、北朝鮮はICBMの発射実験に成功したと国営メディアを通じて発表していましたが、場合によっ...

サブコンテンツ

このページの先頭へ